クリエイティブRPG

ワールドホライゾン

≪セレクター編≫ブラフマンの断片

リアクション公開中!

 152

≪セレクター編≫ブラフマンの断片
リアクション
First Prev  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last


九鬼 士堵との戦い3

 動けなくなった特異者たちを始末しようと士堵が構えた時、その前をマニューバシステムRMが横切った。同時にムシュマッヘの水弾が士堵に浴びせられる。士堵は対象を特異者から水弾に変えてそれを捌くと、急上昇してビルの屋上に着地したジェノ・サリスを目で追い、ビルごと不可視の斬撃で切り倒す。
 チャンプムーブにより高い機動力を有するジェノは、崩れるビルから退避しながら銃口を士堵に合わせて水弾を放った。水弾は蛇へと姿を変え、回避行動を取った士堵を追いかけて食らいつく。士堵は動き回るジェノに向けて斬撃を乱発した。

(九鬼一族……命を賭してまで目的を果たそうとしてくる、と聞いたが)

 ユファラス・ディア・ラナフィーネが彼らの戦闘を横目で意識する。
 九鬼一族の覚悟が正しいとは思わない。しかし、敵対するのが必ずしも正しいとも思えなかった。
 それでも、彼らの覚悟に対しこちらも覚悟は決めるしかないだろう。
 ユファラスにはまだ答えが出なかったが、今は果たすべき役割を遂行しようとトゥーナ・イステルと共に鬼もどきの殲滅に動く。
 
 ボルックスの鉄拳を嵌め、ユファラスは鬼もどきに接近戦を仕掛ける。本能で暴れる鬼もどきをフルクティクルスの要領で受け流し、相手が思わず体勢を崩したところを形成した黒雷の刃でカウンターした。
 地面に倒れた鬼もどきに、トゥーナの夜凱鳥が放たれる。鳥が被弾して爆発すると同時にトゥーナは踵を返し、後ろから迫ってきた別の鬼もどきを雷の蛛網で牽制した。
 
「ボクは楽しく遊ぶ担当だからね。鬼もどき達、ボクと遊ぼうよ」

 不敵に笑ったトゥーナは、構えた楯から杭を射出する。無理やりにその糸を引きちぎる鬼もどきだが、体に走る電流と杭に動きが鈍った。
 それでもそれらの足止めを突破した個体がトゥーナに襲い掛かる。トゥーナは夜凱鳥で牽制しながら回避すると、残った残像めがけて鬼もどきが拳を振るった。空振りした鬼もどきに、トゥーナは賢王の刃無槍を起点として原典回帰。太陽神のレリーフと欲深き捕食者を同時発動し、放った灼熱の炎で鬼もどきの体力を奪い取る。鬼もどきは体を煤けさせて地面に倒れた。
 ユファラスはトゥーナと入れ違いに、雷の蛛網で動きの鈍った複数の鬼もどきに一気に方をつける。原典回帰し、冷笑の首飾りと欲深き捕食者を同時に発動して、凍える刃で体力を奪い取ると同時に鬼もどきたちを凍てつかせた。
 動けぬ鬼もどきたちはか細いうめき声をあげていたが、間もなく沈黙する。

 周囲の鬼もどき達を一掃し、ユファラスは一旦士堵たちから距離を取って、再びその戦闘を見た。
 ただじっと士堵を見るユファラスの様子に、「何か色々考えているみたいだね」とトゥーナは思うが、こういうことは本人が考えて答えを出すしかないと言及しなかった。
 しかし一言だけ、
 
「ユファ、ボクの力は遠慮なく使っていいからね」

 と伝え、ユファラスも首肯する。
 幸い、カヴァーチャの力はまだ残っている。また再び士堵との戦いに水を差すように鬼もどきが現れれば、体力と魔力が尽きない限り戦い続けてやる――ユファラスはそう決心を固くする。

◇ ◇ ◇

 ジェノと士堵の攻防を、夏輝・リドホルムも観察していた。夏輝は幽玄郷による自動防御と、ザ・ペイシェンスで自身の身を守りながら、飛散する瓦礫や士堵からの流れ弾から狂介を護衛するように立ち回る。
 同時にオブザーブゴーグルで士堵の攻撃オーラを見た。オーラや色が見えれば、不可視ではなくなる。属性が分かれば、そのカラクリを推察できる。そう考えてだ。

「無属性か――いや、オーラ自体はあるが……」

 ビルや店舗などを遮蔽物として士堵の攻撃を躱しつつ、視界に捉えた情報を精査、仮説を立てる。士堵自身にはオーラがある。オーラ操作技術を使っているのは確定だろう。しかし、何度か飛ばされた不可視の斬撃自体にはオーラも色もなかった――というより、オーラや色による軌跡が見えなかった。

「フリーデン隊長、俺も戦うぞ!
 あ、国然は隊長の代わりに、また斬られてきてくれ」
「ああ、共に――!」
「んふふ、喜んで」

 不可視の斬撃に防戦となるフリーデンに星川 潤也がフォローに入る。せっかく復帰した隊長をまた大破させるわけにはいかないと、両手にソルエスパーダを携えて、ジェノの狙撃の合間を埋めるよう接近を試みる。
 しかし星川が士堵の間合いに入った瞬間、星川は攻撃よりも先に防御体勢を取った。デッドオアアライブにより、死の危機を感じたのだ。事実、星川にはその攻撃の動線が光の線となって見えていた。チャンプムーブで後方に飛び退き、受け身を取って地面に転がる。
 
「あれが不可視の一太刀か!?」
「いや、あれにはオーラがあった。不可視の一太刀にはオーラがないはず――、危ない!」

 星川への攻撃を確認した夏輝が、その太刀筋にオーラが見えたことで不可視の斬撃とは違う攻撃だと伝えた刹那、二人を標的にした斬撃が襲い来た。二人ともデッドオアアライブを発動するが、光の線は見えない。
 夏輝は身構えながらもコンセントレーションを発動。少しでも何か手掛かりはないかと士堵を見る。士堵はすでにジェノからの水弾を切り払っていた。
 
(次手にいくのが早すぎる。空間や次元に干渉して斬撃を放っているのか?――しかしであればオーラに歪みが見えるはず)

 夏輝と星川が吹き飛ばされる。そしてその上に腹がざっくりと割れた国然が落ちてきた。星川の協力要請を国然は律儀に守り、寸でのところで斬撃と二人の間に割って入ったのだ。星川は慌てて国然の腹をくっつける。
 
「おや、すっぱり綺麗に切れませんねえ。士堵自身に変化があるようには見えませんが、精度を欠いているのでしょうか。
 私としては斬られた感触があって喜ばしいことですよ」
「くっつけるこっちの身にもなってくれ、国然。まぁ俺が斬られてくれって言ったけど……。
 ……でも、確かに少しずつでも削れているってことなのか」
 
 当初は斬られた認識のなかった国然が、今回は両断されなかった。一見ダメージを受けていないように見えても、確実に士堵を削りつつある証左だった。

First Prev  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last