クリエイティブRPG

ジーランディア

渡河作戦&共同戦線を阻止せよ!

リアクション公開中!

 148

渡河作戦&共同戦線を阻止せよ!
【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
リアクション
First Prev  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last


・山吹の旋風が吹く

「皇国の皆様のー、ほかほかご飯と暮らしの安全をお守りするためにーいざ滅私奉公つかまつりますーのですよー」
 取間 小鈴は「新かぶとぎうす号【かぶとぎうす号】」で「鼓舞踊」で味方の士気を上げていた。
「故事に倣って曰くー『青田から飯になるまで水加減』ー。水はお米の命ですからーがんばって皇国の皆様の食卓をーお守りしましょうーなのですー♪」
 「エレクトロマイン」で機雷源を敷き水源への侵攻を防いでから、向かってくる敵勢を見据える。
「水源にはー近づけさせませんーのですー。浮遊機雷散布なのですー」
 星宮 希凜は「宵闇符」を艦に張りつけ、艦艇への狙い撃ちを避けさせる。
「未だ不明な点の多い白い機動兵器たちが相手ですか。少しでも相手を知るためにも、此処で砲火を交えましょう。陰陽師として支援を行います」
「水源が汚染されれば皇国の食に大きな影響が出ることでしょう。白い機動兵器と連盟の兵器。謎の多い相手ではありますがまずは水源死守に努めましょう」
 人見 三美はまず、千波 焔村丸の「大鐡神・野武士」へと「シールドエンチャント」を施し、「機動兵器知識【自由都市連盟】」を駆使する。
「相手の分析も大事な仕事。連盟方の機体はもちろん、白い機動兵器も連盟の識別信号を発していたんでしたっけ。ならこの知識が活かせるはずです。これを基にライトアナライズで相手の損耗や大まかな弱点を推察し、前線を務める焔村丸様やイオン様にお知らせしましょう」
 イオン・ノートは「サイフォスキャノン(皇国)」に乗り込み、「スパイクユニット」で傾斜地の機体バランスを取る。
「三美、希凜と共に【晴山吹】の一員として戦おう。水源の汚染を防ぐべく、相手を水源に近づけさせる前に退けねばならぬの。とは言え、相手はあの白い機動兵器たち。自爆されるのは嫌じゃが、何とか此処で食い止めねばのう」
「白い機動兵器は各国に被害を出していると言うが、何故連盟はあれらと共同戦線を……? 自爆するなど、連盟のシビアな経済感覚からしても受け入れ難いものだと思うが……。単に白い機動兵器の動きに連盟が便乗しているだけかもしれないが、気にはなるが後回しだ。ともあれ限られた農地のため、水源を守らなければならない」
 焔村丸は降り立つなり、「スパイクユニット」で足回りを確かめる。
 「指鉄砲・《五月雨》【指鉄砲】」を掃射しつつ、敵勢を削ぎにかかる。
「水源に向かわせやしない。白い機動兵器の自爆は脅威だが、それならば連盟の部隊も白い機動兵器と迂闊に連携を取る動きはしづらいはずだ。慎重に距離を取りながら、白い機動兵器を水源に近づかせないように押し返そう――行くぞ、チェスト!」
「相手は謎多き白い無人の機動兵器と連盟の連合軍。色々と気になる点はありますが、戦場において気になるのは補給や足の問題。相手の部隊展開や戦線維持のための補給には飛空艦が必要になるはず。仮に見落としているのなら不意の砲撃が怖いですし、探しておきましょう。付近に艦がないのならばそれはそれで謎が増えますが……」
 三美が索敵で相手の補給路を探ろうとしている矢先にも、敵は迫ってくる。
「パッシブソナーに感ありー。音紋照合……敵機接近ーなのですー」
 イオンが「弩」を番え、「籠手打ち」の技術を活かして敵機の駆動系を狙い撃ちにする。本当は武装も狙い撃ちしたかったが、生憎「弩」は連射が利かないため、一撃一撃放つしかない。
「致命打が自爆の条件の一つと見るなら、この手であれば対応できるであろうか……」
 敵勢からの3連装グレネードランチャーが放射され、「遍現跳躍」で回避運動を取る。
「手作りの紐飾り」の加護で「機動兵器知識【自由都市連盟】」を活かしつつ、攻撃への抵抗力を高めていた。
「千波さんたちを援護しますーのですよー。弾幕ーなのですー」
 艦から「カバリング・ファイアー」の援護射撃が放たれ、それに乗せて希凜も「フレイムブリッツ」と「ストーン・ショットガン」を掃射していた。
「相手は白い機動兵器に連盟の機動兵器。今回も白い機動兵器は無人機なのか、連盟の機体は他のそれと比べて違いはないか。……その辺りの疑問を推察できるでしょうか」
 焔村丸が「破砕拳・改【破砕拳】」を飛ばし、「籠手打ち」で腕や脚部を射抜いていく。
「よし、無力化成功。自爆に巻き込まれないように退避するぞ」
 一度後退し、三美より「初の手当」の処置をされる。
「戦える限りは戦線に踏みとどまって尽力したいが、母艦の小鈴があまり無茶をしなくても済むように祈ろう……」
「応急処置、完了しました」
「よし。では戦線に戻る。……まだまだ敵が減ったとは、言い難いからな」
 ジョーイ・バンドールは「エンブレムシールド」を「クナール型飛空艦」船体下腹部に増加装甲として装着していた。
 向かってくる白い機動兵器にはクールな賞金稼ぎが副砲砲手として乗り込んでおり、「オブザベイション」を活かして牽制射撃を行う。
「白い機体とつるむ有人機の鹵獲によってパイロットを捕らえるか、無人操縦となっているかを確認しないとね。10‐4、盟主アリスからの緊急指令だよ! “白”がハグレを引き連れている事象が確認されたから実体調査してこいってことだね、承知!」
 トスタノ・クニベルティは「ライトアナライズ」で敵の軍勢を観察する。
 その中でも隠れ切れていないアーマードスレイヴの影を見出していた。
「敵の支援射撃から弾道を逆算、砲撃仕様アーマードスレイヴの所在を推定。ジョーイ、あそこの谷筋、うまく隠蔽されているけれど砲兵陣地化してる。アレを叩くよ」
「了解。アリスさんは巷ではケチだとか言われているらしいけど、今までの仕事ではちゃんと支払してもらってるのよ。でもその分、大変なところはあるのよー。まぁトスタノがマジメに働く意欲を持っているにはホントいいことなのよ、早くギーグを卒業するのよ」
 ジョーイの艦に乗り合わせていた淑女の運び屋は「パッシブソナー」を使用して隠蔽状態の砲戦型アーマードスレイヴを見つけ出し、ジョーイのこ
 ジョーイのクナール型飛空艦に搭載した「ファイアーカノン」を撃ち放つ。
 着弾した途端、燃え盛る砲撃はアーマードスレイヴを撤退させる。
 ジョーイは「マジックウォール」を艦に纏わせ突貫の準備を行っている最中、艦艇へと仕掛けてくる敵影を一瞥していた。
「トスタノ、反撃を」
「照準よっし。いけーっ!」
 「暴風神筒」による迎撃が咲き、軍勢へと割って入って空中からの「ウィークポイントアタック」が砲撃型アーマードスレイヴを捉えていた。
「AS系統は他の機動兵器よりも装甲の外側を通る動力伝達系統が多いように見えるのは兵器としてはどうなんだろうね? メンテナンス性はいいのかもしれないけれども」
「いずれにせよ突貫を行うのは確定事項なのよ。まいどおなじみ、トスタノ商会の強襲販売なのー、今日はジャンクの押し買いフェアなのよー!」
 敵の砲兵陣地に「ストーン・ショットガン」を叩きつけ、敵勢が怯んだところで「フロストゲイル」の突風が舞い上がり、動きを鈍らせていた。
 硬直した敵影へと「アンカーロケット」が叩き込まれ、絡め取ったところで完全に動きを封じている。
「ソイルウォール」を構築展開し、敵の射線を遮ったところで、トスタノは「ライトアナライズ」で生体反応を探り、
「……逃げられたな」
 と呟いた。乗っていたソルジャーは機体を放棄してしまったようだ。
「ジョーイ、こいつは回収だ。突貫時に負った損傷をライフリキッドとスピードリペアで回復する。こんなこともあろうかと、だよ」
 しかし、と白い機動兵器へとトスタノは一瞥を向ける。
「……あれは、よくない兵器だな。理念に反する」

First Prev  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last