クリエイティブRPG

ジーランディア

渡河作戦&共同戦線を阻止せよ!

リアクション公開中!

 148

渡河作戦&共同戦線を阻止せよ!
【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
リアクション
First Prev  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last


・白の亡者を打ち倒す者

 敵の進軍の強さはまだまだ止め処ない。
 それでも、と小山田 小太郎は「大鐡神・宮毘羅」に搭乗して敵影を睨んでいた。
「白い機動兵器たちと自由都市連盟の一部が連携して動いている。つまり連盟内に彼らとその協力関係の勢力が居る、あるいは白い機動兵器たちがそもそも勢力の一部なのか……詳細は分かりませんが、彼らに水源や砦を攻めさせるわけにはいきません。砦も水源も、国を……人の営みを続けるために必要なものです。必ず護ります」
 邑垣 舞花は「戦場の地形把握」を行っていた。「スパイクユニット」で傾斜地に適した動きを見せようと「サイフォスキャノン(皇国)」に乗り込んでいる。
「“白い機動兵器”、その正体や出自が気にかかるところではありますが、まずは鐡皇国の水源を守るために撃退に努めたいと思います」
 コミュニ・セラフの「スティールロータス【ガレアス型飛空艦】」に同乗したノーン・スカイフラワーは「ライトアナライズ」を駆使して連隊の狙いである白いザフィーアの耐久力を「集中力」を発揮して調べていた。
「みんなと一緒に頑張るよ。いっぱい役に立てたら嬉しいな!」
「さて、やってみましょうかに! そろそろ私たちも独立愚連隊として戦ってきて、こなれてきた感じですに。ここは一つ、分かりやすい手柄を立てに行くのもよいですに。よし、四連スタンマインを邑さんの機体の背後に設置しますに。これで安易な背後取りは抑えられますに。山岳地帯が戦場なら傾斜を利用した不意打ちの可能性もありますに。ならばパッシブソナーで白いザフィーアを炙り出してみませう。どこに……どこにいますかに……? 集中力を使いますがに、しっかりと看破してやりますに! この三人の中で誰を脅威に思う……? それとも誰も脅威に思っていない……? いや、脅威に見せ、ここで消耗させてやらなければなりませぬに」
「さすがはザフィーア、レイダー由来の機動力は健在ですか……ですがその動き、捉えてみせます」
 「オブザベイション」で慣性を分析し、動きの先を捉え、「指鉄砲」の牽制銃撃を見舞う。
 敵の体勢が崩れた一瞬の隙を突き、「刃喰刀」による「籠手打ち」の一刀を振るい落とす。
 両腕をもがれた機体へとさらなる追撃をもたらそうとする小太郎に対し、舞花は距離のある敵影を捉え、「ベリーボタンロケット砲【下腹部搭載型無誘導弾】」の砲撃を見舞う。
「遠距離攻撃に適したサイフォスキャノンの長所を活かして援護射撃に励もうと思います」
 ある一定距離以上にまで肉薄した敵には「指鉄砲」の連射で足を止めさせ、コミュニの援護射撃である「蓮華曲射砲【タウルスカノン】」の恩恵を受ける。
「蓮華曲射砲……空中に居ない白いザフィーア相手では命中率は半分ですがに。しかし当たればめっけもんですに」
 「カバリング・ファイアー」の弾幕が張られ、ノーンの声が響き渡る。
「捉えた敵影は確実にダメージが通ってるよ! このまま続けて行けば……!」
「それならば……いいのですが」
 舞花は「籠手打ち」で敵の武装を排除し、銃撃で行動範囲を狭めていく。
「そしてその距離は――自分の距離になります!」
 近接戦闘に持ち込んだ小太郎の刃が閃き、敵影を斬り裂いていく。
「オブザベイション」で探ったのは機体の内部エネルギーである。
「広範囲を巻き込むだけの威力を誇る自爆……それには何かしらの前準備が必要なはず……。エネルギーの導線が集まり切る前に……」
 「ピンホールショット」を行い、敵の自爆動力を断とうとするが――。
「……駄目っ、自爆は止められない……!」
 ノーンの判断に即座に動いたのは舞花であった。
「小山田さん! 私が狙い撃ちます! 上空へと放り投げてください!」
 小太郎は咄嗟に判断し、掴み上げたザフィーアを上空へと投擲する。
 舞花は長距離の「ベリーボタンロケット砲【下腹部搭載型無誘導弾】」を用いた「秒の一打」で繰り出した砲撃を行った直後、声を響かせる。
「みんな、伏せてください!」
 自爆の光輪が空中で押し広がる中、びりびりと衝撃波が機体を揺さぶる。
 傾斜地の「スパイクユニット」がなければ吹き飛ばされていてもおかしくはない威力だ。
 ノーンは「クレヤヴォヤンス」で敵の残骸を探っていた。
 「白いザフィーアの反応を探ってみるよ……。もしかしたらこれからの戦いでこっちの優位に転がるような何かがあるかも……」
 しかしこちらの動きを相手も制そうと言うのか、敵勢の津波のような波状攻撃は止め処ない。
 敵機が迫ってくるのを、コミュニの「ソイルウォール」の構築された土壁が阻害する。
 その隙を逃さず、舞花は銃撃を行い、小太郎は両断していた。
「絶対に……水源を護り抜きます……!」

First Prev  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last