クリエイティブRPG

ジーランディア

≪ロボティクスウォー≫撃墜された飛空艦を守れ!【連盟】

リアクション公開中!

 140

≪ロボティクスウォー≫撃墜された飛空艦を守れ!【連盟】
【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
リアクション
First Prev  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  Next Last

荒野の戦場




 墜落した飛空艦に、ガドラスガードの部隊が接近する。これ以上の接近は、何としても防がねばならない。
 起伏のある荒野に集まり、潜んでいた特異者たちはついに動き出す。
「各員、迎撃開始だ!」
 マッシュによる号令で、一行は戦闘を開始する。
「って、反応が早いな。初手はルーンファイター改か」
 守山 夢の操縦する『クナール型飛空艦』に同乗した幾嶋 衛司は、敵機のルーンファイター改が接近してくることにいち早く気付き、艦内から『暴風神筒』を構えると、ルーンファイター改への攻撃を始める。
 こちらは飛空艦を駆る関係上、敵からの攻撃は回避が難しいため、極力先手を打つことで防いでいきたいところだ。そのための暴風神筒による飛行能力の喪失だったのだが、見たところ一発当てただけでは十全に機能しない。そのため、ルーンファイター改は反撃を行ってきた。
 お互いに攻撃が命中し、態勢を崩しはしたが、クナール型飛空艦は前もって衛司が『シールドエンチャント』を施していたこともあり、まだまだ墜落する心配は無さそうだ。
「おっと、逃がさないッスよ!」
 一撃を受け、一度後退しようとするルーンファイター改の気配を感じた夢は、即座にルーンファイター改の後方に『ソイルウォール』を出現させ、退路を閉ざした。回避して後退するのにわけはないタイミングではあったが、その一瞬の遠回りに隙を見出した衛司は暴風神筒による砲撃を実行し、見事に命中させる。
「まずは一機か。意外とキツいな……」
 墜落していくルーンファイター改の奥からは、次々に敵機が向かって来る。長期戦を見越し、衛司は『ライトアナライズ』でクナール型飛空艦の各部をチェックし、ダメージを受けた箇所への『レストア』などを施す。
「マッシュさん、すまないが少しだけ時間を稼いでくれないか。艦の修理や強化の時間が欲しい」
「了解だ」
 汎用型アーマードスレイヴをベースに彼独自のカスタムを施したマッシュカスタムを駆るマッシュは、衛司の要求に二つ返事で応じ、接近して来る敵機の注意を引き付け始めた。
「スクラマサクスが来たよ!」
 マッシュが注意を引き付けている間に、夢のクナール型飛空艦からはブリギット・ヨハンソンが『バルドイーグル(連盟)“バルドイーグル(ブリギット機)”』に乗って出撃する。すぐにマッシュと連携を取り、迫り来るスクラマサクスとの交戦を開始する。
 ブリギットは自身の存在を始めにアピールした後は、遮蔽物を活かした移動を繰り返し、敵機を射程内に収められ、且つ奇襲を行える位置に付くと、マッシュの動きに気を取られている対象を狙って『アーマーブレイクガン』による『ダブルバースト』を見舞う。
 隙の大きい攻撃行動ではあるが、ブリギットの行動はこれで充分だ。言葉を交わさずとも、マッシュはブリギットによる攻撃の意味を即座に理解し、ダメージを負ったスクラマサクスに猛攻を加え、一瞬で撃墜してしまった。
 今のところ、有利に戦場が動いてはいるが、敵部隊はまだまだ健在だ。このままでは数を頼りに押し切られる可能性が高い。
「行くぜ、ミラ。とっとと終わらせるんだ」
「はい、マスター。私は後方からサポートいたします。」
 もう少し積極的に攻める必要があると感じたクラン・イノセンテは、ミラ・ビィエーラを伴いマッシュを囲う敵機への攻撃を開始する。
 動き出すや否や、『アーマードスレイヴ(突撃型)』を駆るクランは機動力を武器に荒野を動き回り、『サブマシンガン(AS)』の弾をばら撒くことで複数の敵機を牽制し、攪乱する。
 後方からは『バルドイーグル(連盟)』に乗るミラがクランの背後や彼が攻撃を仕掛けた敵機に向けて『ランディングショット』の要領で『3連装グレネード・ランチャー』による砲撃を行いつつ、クラン同様敵機への距離を詰める。
(よし、近付いた!)
 十分に距離を詰めたクランはサブマシンガンから『ビームダガー』に持ち替えるや『ラビットムーヴ』で敵機に肉薄。距離を離されないよう『刈り蹴り』で転倒させた後、駆動部にビームダガーを突き立て、スクラマサクスの機能を停止させた。
 一機墜としてすぐに次へ向かおうとしたクランだったが、それよりも早く次のスクラマサクスがクランに狙いをつけていた。
「……させません」
 しかし、『オブザベイション』による戦況分析で敵の動きをある程度予測していたミラによる『ショットガン』の『ダブルバースト』で迎撃されると、クランは素早くその隙を突き、ビームダガーを突き立てることで撃破する。
 いいペースで敵機を墜とせている一行だが、まだまだ敵の勢いは衰えない。そうこうしている内に、敵の指揮官機と思しき変幻の守護者グラナートが悠然と現れた。
「恐らく、こいつさえ墜とせれば他の機体も撤退するはずだ!」
 マッシュは多数の敵機に狙われながらも、グラナートへの攻撃を敢行する。倒せれば最上、最悪でもグラナートの攻撃を引き付けることで他の敵機を落としやすくすつるもりの立ち回りだ。
 迫り来る触手攻撃を極力避けるために、『スモークディスチャージャー』を撒き、遮蔽物と合わせて自身の姿を暗ましながら『ヘビーマシンガン』による銃撃や『3連装グレネード・ランチャー』による砲撃を行う。
「手伝うわよ!」
 そんなマッシュを支えるべく、『アーマードスレイヴ(汎用型)』を駆るエリカ・クラウンハートが連携する。
 エリカは『オブザベイション』でグラナートからの攻撃を見極めつつ、同時にエネルギーの流れを読むことで急所ないし有効打となり得る箇所を見出す。が、グラナートの触手攻撃によるエネルギーの流れは極めて複雑であり、弱点を見出すのは難しいようだ。
 それでも、グラナートの攻撃を察知することは可能のため、回避主体に動きつつ『ヘビーマシンガン』による『ピンホールショット』でダメージを重ねていく。
 もっとも、ただで殴らせてくれるわけではなく、グラナートは撃たれればその分反撃して来るかの如く、エリカの攻撃に合わせて反撃を実行する。エリカは適宜『バックショット』や『スモークディスチャージャー』などを回避に活かしているが、一瞬も気を緩めることができずにいる。最悪の場合、『遍現跳躍』で回避する準備もあるが、長期戦になることを考えれば温存したいところだ。
(ダメージは蓄積させられてはいるけど、私も彼も決め手に欠けるわね……それに)
 サイズ差のこともあり、堅牢な要塞のようなグラナートを墜とすのは簡単なことではない。それだけでなく、グラナートの護衛と思しき他の敵機もこちらに攻撃してくる。可能な限りグラナートとの戦闘に集中したいエリカとしては、無視できない敵だ。
 エリカやマッシュが攻めあぐねていると、突如グラナートの側に『ソイルウォール』が出現。護衛機とグラナートを分断した。
「周囲の敵は任せてください。お二人は指揮官機への攻撃に集中を」
「恩に着る……!」
 現れたのは『クナール型飛空艦』に乗るアルヤァーガ・アベリアだった。アルヤァーガは指揮官機と護衛機の連携を断つ目的で行動を開始しており、まずはソイルウォールによる分断と視界の妨害を行っていた。
『集中力』と『戦場の地形把握』を以て敵機、戦況を可能な限り把握した上で行ったソイルウォールは連携妨害に大きな効果を発揮し、護衛機はグラナートの援護ができない状態に陥ったようだ。
 そうこうしている内に衛司たちの一行が行動を再開し、護衛機への砲撃を行い始めたため、アルヤァーガも『カバリング・ファイアー』を実行。妨害の意味合いが強い火力支援を行う。
 事は有利に進んでいる。問題があるとすれば、グラナート自体が強力な機体のため、手数や火力で押し切られることだろう。



First Prev  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  Next Last