クリエイティブRPG

ジーランディア

≪ロボティクスウォー≫撃墜された飛空艦を守れ!【連盟】

リアクション公開中!

 113

≪ロボティクスウォー≫撃墜された飛空艦を守れ!【連盟】
【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  Next Last

■プロローグ■


 ――撃墜されてしまった飛空艦が見える丘

 自由都市連盟の盟主アリス・エイヴァリーと、彼女に私的に雇われている“カウンターソルジャー”マッシュは、飛空艦の残骸と、その近くにいるガドラスガード“バンディッツ”を双眼鏡やモノクルターゲットで確認していた。
 二人の後ろには2機のアーマードスレイヴが立っている。
 1機は汎用型アーマードスレイヴをマッシュがカスタマイズしたマッシュカスタム。今は鐵皇国に協力しているが、ル・フェイといいマッシュといい、ソルジャーはカスタマイズした機体に自分の名前を付けるのが通例のようだ。
 もう1機はアリスが乗ってきた深緑色のアーマードスレイヴである。

「思っていた以上にガドラスガードの数が多いですね」
「そうだな。勢力範囲を侵犯すれば、今までも飛空艦を撃墜していたが、それにしては数が多い」

 アリスもマッシュも同意見だった。
 飛空艦がガドラスガードに撃墜された、という事件は、ガドラスガードと隣接している勢力範囲では割とよくあることで、自由都市連盟はそれを避けるために、ガドラスガードの勢力範囲に極力隣接しない勢力範囲を拡大している。
 ただ、それは飛空艦がガドラスティアを狙っているとガドラスガードに認識されて起こると推測されており、大抵の場合撃墜された後ガドラスガードは撤退してゆく。
 そこへ“はぐれソルジャー”の中でも戦場に散らばる残骸を回収する“バンディッツ”たちが動き出すのだが、今回は少々様子が異なっていた。
 ガドラスガードが飛空艦の残骸からあまり離れないのだ。

「……可能性の話だが、お前がイスカリオで造らせていたものを脅威と認識したのかもな」
「ガドラスガードが、ですか!?」
「……あくまで可能性の話だ」
「……」

 マッシュの突拍子の無い憶測にアリスはしばらく考え込む。

「ともあれ、“新型機”のロールアウトは急務です。マッシュは“バンディッツ”をお願いします」
「了解した」

 二人はそれぞれのアーマードスレイヴに乗り込むと、特異者との合流地点へと向かうのだった。



■目次■

プロローグ・目次

【1】ガドラスガードを倒す
荒野の戦場
集中攻撃

【2】飛空艦から“バンディッツ”を追い払う
盗人たちの意地
飛空艦の確保

エピローグ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  Next Last