クリエイティブRPG

ワールドホライゾン

【9周年】新世界創造計画2 ~Civilization~

リアクション公開中!

 153

【9周年】新世界創造計画2 ~Civilization~
リアクション
First Prev  6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16

■エピローグ■



 ――ワールドホライゾン、市庁舎。

「街作り、もとい文明化は順調に進んでるわね」
「多くの者たちは土地の性質の延長上で、影響を受けた世界らしさを損なわぬようにしておるからな」

 各所での建築材料も用いた文明作りは順調に行われ、その土地に根差したものとして確立された。
 あとはそれをベースに、各々アレンジを加えたり、さらに発展させていくことができるだろう。
 自分たちの新たな拠点にしたり、人を招く、ということも可能となる。

「新たに確保できたのは『海』か。
 単に広い海洋というだけでなく、ゼストの影響を強く受けているから、最初からある程度高い文明レベルも許容されるだろう」

 平原や森、川や湖、山。それに加え、広大な海が形成された。
 海には島が点々として浮いているが、人工島を建設する余地もある。

「生命の種子についてはワンダーランドのものが多く集まりました。
 それによってワンダーランド由来の生物の進化が促されています」

 新生ホライゾンをモニタリングしている紫藤 明夜ヴィシュヌに、クロニカ・グローリーが報告する。
 ワンダーランドの生命の種子の力自体が高まったことで、より大きく、より多くの種類の動植物が適応することになった。
 
「もう少しで進化できそうな種子もありますね。
 そちらについては特異者の皆さんのもう一押し次第、といったところです」

 文明の礎が築かれ、生命の進化も始まった。
 今は順調そのものだが、種子に紛れて繁殖し出したセイタカルミダチソウがいたように、不安要素はある。
 セイタカルミダチソウはエネルギーが転化され、生物たちに影響を与えた。
 今回はいい影響だったが、強い負のエネルギーに当てられた場合、狂暴で手が付けられない害獣へと進化してしまう可能性もある。

「マンフレッド君と木戸君が言ってたけど、“悪意”はすぐそこにある。
 でも、不安に引っ張られるわけにはいかない。
 この先大きな困難に当たったとしても、皆で乗り越えていきましょう」




【新世界創造計画3へ続く】

First Prev  6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16
担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

『クリエイティブRPG』運営チームです。
「【9周年】新世界創造計画2 ~Civilization~」のリアクションをお届けいたします。

パブリックシナリオは、アクションを投稿しているか、
アクションを投稿していなくても「・アクション投稿しなくても登場を希望」の項目にチェックを入れた場合、基本的にリアクションに登場しています。
基本的にPCは1シーンに登場していますが、シーン分割の関係で数ページに渡って名前がある場合もございますので、リアクションを読み進めてご確認頂ければと思います。

個別コメント、称号が付与されている場合はお知らせがありますので、併せてご確認ください。

今回のリアクションの結果、および申請については以下の通りです。
※後日特設ページも更新いたします。


★文明化の進展
パート【1】において、各土地での文明の基礎作りに成功しました。
これに伴い、【1】に建築材料を装備して参加した方は新たに「建造物」の申請が可能となります。
また、建造物と併せ、土地の解説を更新する事もできます。


★土地の性質
パート【2】の結果、新たにゼストの影響を受けた「海」が確立されました。
これにより、河川や湖よりもさらに広大な、海洋が誕生する事となります。
こちらのイメージに沿った土地が申請可能となります。

★生命の種子
パート【2】の結果、ワンダーランド種子が多く集まりました。
こちらと現在の「生命の種子(WL)Ⅰ」の販売数を加味した結果、
「生命の種子(WL)Ⅰ」が「生命の種子(WL)Ⅱ」に成長しました!
こちらは現在マーケットで購入可能な「生命の種子(WL)Ⅰ」の名称、解説が更新され、
新たに申請可能となる生物の種子が増えます!


また、「幼き生命の種子」の第二回の集計は
・2022年6月16日(木)12:30に行います。
一定数のユニーク化が行われたワールドの幼き生命の種子は生命の種子となってマーケットに追加されます。
なお、「生命の種子」についてもこの期間の購入数、ユニーク数を加味した上で成長することになります。
※数次第では成長種子なし、となる場合もございます。

■生物由来のアイテム、もしくはスキルの実装
【4】の結果、以下の生物の成長が促進されました。

・幻想六花      申請者:織羽・カルス(SAM0012805)様
・ブレイブリードッグ 申請者:夏輝・リドホルム(SAM0034773)様
・もふもふ      申請者:アデリーヌ・ライアー(SAM0058762)様

こちらを元にしたスキルもしくはアイテムはマーケット等で入手可能となりますが、
製作後、先行して申請者の方にプレゼントいたします。



最後に今回のリアクションを執筆したマスターからのコメントをお送りします。


【1】【3】 担当:咲羅紅羽

 【1】文明の礎を築く/創った土地を発展させる及び【3】生命の種子を集めるを担当させていただいた咲羅紅羽です。
 新しく出来た土地には何もなく、これから文明が出来てそこから発展していきます。皆さんが創ったものがどのように作用して、世界が豊かになるのでしょうか。
 そして、各世界で集められた生命の種子はきっと新しい世界で芽吹いてくれるのではないでしょうか。
 まだまだどういった世界になるかは分からない新世界ですが、今回のシナリオで私もまた手伝うことが出来て良かったと思っています。
 今回の結果を受けて、皆さんが楽しく読んでいただければ幸いです。
 では、また別のシナリオでお会いいたしましょう。


【2】【4】 担当:RED

【2】、【4】パートを担当させて頂きましたREDと申します。この度はご参加誠にありがとうございました。
【2】パートは前回と同じ国引きですが、草原の土地が手に入った前回と違い、今回引いてきた土地は海。
今度はどのような土地や生物が誕生するのでしょうか、ちょっとワクワクしてきますね。楽しみです!
それでは、また機会が有りましたらよろしくお願いします。