クリエイティブRPG

“オリジン”の遺跡

リアクション公開中!

 121

“オリジン”の遺跡
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■プロローグ■


 ――楽園シャングリラ、アーク、王都レンスター

 王都レンスターに控えるゼピュロス・マンスターの元に、各駐屯地からの情報が続々と集まってくる。
 それをまとめ、報告書の形とするのも、留守を預かる彼の仕事である。

「ミレナス、アーマーの武器の申請は決済する。これは娯楽費の使途不明金が多い、突き返せ」
『了承いたしました』
「ミレナス、食料の損耗率をリストアップしておけ。この野草と毒草の群生地は地図に追記だ」
『了承いたしました……やれやれ、オペレーションAI遣いが荒いですね』

 レンスター王家直属のオペレーションAI・ミレナスは、テキパキと書類を捌くゼピュロスに愚痴の一つをこぼす。
 意外かもしれないが、ゼピュロスは文官としても優秀な一面があり、ロミア・レンスター王女が不在の時は、こうして彼女の代わりに政の決済を取り仕切るのだ。
 ちなみに、ロミア王女はエーデル・アバルトの仲介でロディニアへ行っている最中である。
 そうなると、決裁権は王弟であるゼピュロスに移るため、ミレナスも彼の仕事を手伝う羽目になるのだ。
 オペレーションAIとしては極めて優秀な彼女だが、愚痴をこぼすのはミレナスとカラドボルグのオペレーションAI・テスタロッサだけだと、ゼピュロスは記憶している。

「貴殿らは使われてこそであろうに」
『それはそうですけど……』

 大仰に溜息を吐くゼピュロスに、「あなたが嫌いだからです」と反論したかったが、口が裂けても言えないミレナスであった。
 本来オペレーションAIはアークの人々に仕える存在であり、好き嫌いなどないようにプログラムされているはずである。しかし、ミレナスとテスタロッサだけは、愚痴をこぼしたり好き嫌いが有ったりするのであった。


■目次■

プロローグ・目次

【1】前線基地の建築に協力する
・前線基地の案を出そう
・前線基地の案を出そう2
・皆で前線基地を造ろう1
・皆で前線基地を造ろう2

【2】入植を支援する
・いっときの憩い
・戦局群青
・敵陣を砕くために
・頭目を見据えて{
・シャングリラの明日のために

【3】“オリジン”の遺跡を調査する
・遺跡の最奥を目指して1
・遺跡の最奥を目指して2
・遺跡の最奥を目指して3
・遺跡の最奥を目指して4
・遺跡の最奥を目指して5
・遺跡の最奥を目指して6
・遺跡の最奥を目指して7
・世界が違う枷
・深まる謎1
・深まる謎2

【2】入植を支援する
・切羽脛金

エピローグ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last