クリエイティブRPG

ヒロイックソングス!

Eight  emotions 第2章「アゴンの入り口」

リアクション公開中!

 50

Eight  emotions 第2章「アゴンの入り口」
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last


■プロローグ■


「ミイレン? 顔色悪いけど大丈夫? どこか痛いの?」

 プラジアが声をかけると、ミイレンはハッとして顔を上げた。
 その顔は青ざめ、恐怖に苛まれているように見えた。
 だがミイレンはプラジアに対し、「すみません」と言って笑顔を浮かべた。

「久しぶりにお父様の姿を見て、やはり緊張と言いますか……その」
「そうだよね……実のお父さんに殺されかけたんだもん、怖くて当然だよね。
 気づいてあげられなくてごめんね、ダーガンの姿が見えないところにいられるようにしたほうがいい?」

 気遣うプラジアに、ミイレンは「ありがとうございます。大丈夫です」とお礼を言って、また笑顔を見せた。
 だが「愛情(信頼)」の楽巫ザウシータはその笑顔の「裏」にある何かを感じ取っていた。
 ミイレンは無理して笑っている――と。

(私にはわかる。ミイレンさんは、あのダーガンに対して、「肉親に殺されかけた」という事以上の恐怖を感じている。
 一体それは何なのかしら……異世界から来たあの子たちの言っていた悪しきノイズというものに対して?
 それとも、プラジアさんや私には言えないような、何か別の理由があるの?)



■目次■

1ページ プロローグ・目次

2ページ 【1】1.思いのかたち 1
3ページ 【1】1.思いのかたち 2
4ページ 【1】2.共存と冒険
5ページ 【1】3.聴け、小世界パトリアよ!
6ページ 【1】4.パトリアの未来のために

7ページ 【2】5.怒りの楽巫ヴェントス
8ページ 【2】6.「ボコり愛」の結末

9ページ 【3】7.眠りから解き放たれたもの
10ページ 【3】8.大いなる敵に向き合う力

11ページ エピローグ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last