クリエイティブRPG

旧都千年宵桜 起

リアクション公開中!

 81

旧都千年宵桜 起
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■プロローグ■



 ――京、大内裏。旧帝宮。

「良い音を奏でるようになりましたね、お菊」
「雅楽、でしたか。かつてこの地の人々が熱中したというのは。この箏は実に良いものです。ふふっ」

 邪香(ジャコウ)は妖しく光る桜に背を預ける“御前様”の前で、箏を奏でていた。
 本能か、それとも御前様の力の影響か。
 四花仙はかつてこの地に暮らしていた貴族の文化を嗜むようになっていた。
 
「……こんな時間が、いつまでも続けば良いのに」
「続きますよ。この地はもう、我々のものです。……決して渡しはしません」

 邪香の傍らで聞き入っていた乙鑚(オトギリ)が厳かに告げた。
 
「何者であろうと、近づけさせはせん。俺は貴女を守るためだけに存在している。
 ……今度はもう、失いはしない」
 
 今度は? と邪香は首を傾げた。
 300年前の大災禍での敗北のこと、だろうか。
 乙鑚は口数が少なく、過去を語ることはほとんどない。
 分かっているのは、邪香が誕生するよりも遥か昔から御前様に仕えている、ということくらいだ。
 腐搖、瘉奴慧よりも気に入られている自覚はあるが、それでも乙鑚ほど特別視されてはいない。
 少しだけ嫉妬してしまう。
 
静華(しずか)様! うちも、いますから!」
「うふふ、分かってますよ。お菊は本当に可愛いですね」

 つい、恐れ多くも御前様の名前を叫んでしまった。
 恥ずかしくなった邪香は一礼し、彼女の前から姿を消すのであった。





■目次■


プロローグ・目次

【1】寺に眠る物 壱
【1】寺に眠る物 弐
【1】腐搖襲来 壱
【1】腐搖襲来 弐
【1】腐搖襲来 参
【1】腐搖の謎

【2】行方不明者の捜索――開始――
【2】暗闇へといざなう者たち・壱(1)
【2】暗闇へといざなう者たち・壱(2)
【2】暗闇へといざなう者たち・弐(1)
【2】暗闇へといざなう者たち・弐(2)
【2】暗闇へといざなう者たち・参
【2】森より迫る無数の禍神・壱(1)
【2】森より迫る無数の禍神・壱(2)
【2】森より迫る無数の禍神・弐(1)
【2】森より迫る無数の禍神・弐(2)
【2】森より迫る無数の禍神・参
【2】森より迫る無数の禍神・肆(1)
【2】森より迫る無数の禍神・肆(2)
【2】森の奥で待ち受けるモノ・壱(1)
【2】森の奥で待ち受けるモノ・壱(2)
【2】森の奥で待ち受けるモノ・弐
【2】森の奥で待ち受けるモノ・参
【2】行方不明者の捜索――終了――

【3】砕禍衆はいずこに
【3】安濃津にて 壱
【3】安濃津にて 弐
【3】襲撃する砕禍衆 壱
【3】襲撃する砕禍衆 弐
【3】襲撃する砕禍衆 参
【3】反撃の時
【3】終戦

【4】分校の隊士と猛特訓・壱
【4】分校の隊士と猛特訓・弐
【4】分校の隊士と猛特訓・参
【4】一織朱音と猛特訓
【4】藤林と猛特訓
【4】自主練習と実戦的訓練
【4】エルミリアの恩返し
【4】パレード ロェの差し入れ

エピローグ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last