クリエイティブRPG

≪NEXT≫ワラセア海賊討伐

リアクション公開中!

≪NEXT≫ワラセア海賊討伐
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■プロローグ■


 ――ワラセア、アイアンボトム・サウンド近郊

「……結局、またキミを戦いに巻き込んでしまった……」

 アイアンボトム・サウンド近郊に停泊する“ゾンビ13”ラトーナが艦長を務めるライトキャリアー級エアロシップのメタルキャヴァルリィデッキで、“エクセリアの騎士”キリュウ・ヤスハラはため息を吐いた。
 彼は今ブラックバード改二に乗っており、出撃準備を整えている。
 ブラックバード改二の映像宝珠には、キリュウの後ろに控えるウアウ・エーデルの乗るブラックバード改二・ウアウスペシャルが映し出されていた。

 キリュウは“宰相”ナティスに直談判し、ウアウのバルティカ奪還戦への参加を見送ってもらっていた。

『あーし……じゃなかった、ウアウは、キリュウの手伝いがしたいだけだよ。ウアウは戦うことしかできないから』

 以前ウアウはそんなことを漏らしていた。
 だからキリュウは、プリンセスガードのルーニャやリリア、“女好きの掃除屋”ロメオにウアウにいろんなことを教えてもらうようにしていた。
 意外だったのは、ロメオがそういった方面に長けていて伝手も多く、いろんな習い事を手配してくれたことだ。
 最近では写真にハマり始めたようで、戦いが無い時は写真撮影に出かけるようになっていたところだった。
 次は苗字を変えようと思っていたその矢先に、である。
 ウアウはエーデル・アバルトが運営するエーデル機関(シンジケート)で強化されたトランスヒューマンであり、ウアウという名前自体、廃棄ナンバーの意味があった。
 同じエーデル機関のトランスヒューマン、アルファ・エーデルがナティスの養女となり、アケルナルと名前を変えたように、ウアウにも相応しい名前を名乗って欲しい、と思っていたのだ。

『ごめん! この埋め合わせは後でするから!』

 マリィもキリュウやウアウと仲のいい一人であり、彼がウアウのことを気に掛けているのを知っていた。
 だから来てくれたのは嬉しかったと同時に、申し訳なくも思っていた。

「いえ、良いんですよ。サクセサーの遺産を手に入れることで、戦いが早く終わるのなら、それはそれで必要なことですし、先程も言いましたが、今回のワラセア・パイレーツは何かが違うと思います。迂闊な行動は控えた方がいいかもしれません」

 嘘ではなかった。戦いを早く終わらせることができれば、ウアウはこれ以上戦わなくてよくなるからだ。
 そうすれば、もしかしたら女王エクセリア・ラディアことセリアの、大地母神キュベレーの役目を継ぐこともなくなるかもしれない。
 キリュウは最近、そんなことを考えるようになっていた。

 ワラセア・パイレーツとの会戦はもう間もなくのことだった。


■目次■

プロローグ・目次

【1】拠点を攻撃する
■1-1.Mission 1
■1-1.Mission 2
■1-1.Mission 3
■1-2.Anxiety 1
■1-2.Anxiety 2
■1-2.Anxiety 3
■1-3.Destiny 1
■1-3.Destiny 2
■1-3.Destiny 3
■1-4.Combat 1
■1-4.Combat 2

【2】遺跡の発掘を行う
2-1
2-2
2-3
2-4
2-5
2-6
2-7
2-8

エピローグ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last