三千界のアバター

サルマティアグランプリ

リアクション公開中!

サルマティアグランプリ
リアクション
First Prev  13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23


エピローグ



大熱狂の中、サルマティアグランプリは幕を閉じた。
しかし、観客の多くは立ち上がったまま、戦い終えた出場者達に対し歓声を送っており、その様子は開催前とそう相違ない。

「只今より、表彰式を行います!」

歓声に負けないよう、RUMIが声を張り上げた。
優勝した【汝電気羊為りや】が壇上に上がると、ひときわ大きな歓声が会場中から巻き起こる。

「それでは、しまっちさん、カナデさん、シンデンさん、メルツさんからそれぞれ一言ずつ感想をお伺いしたいと思います」

RUMIがマイクを手渡すと、観客は次の言葉へと耳を傾け、
一瞬にして会場が落ち着きを取り戻す。

その様子を見て、しまっちは僅かに顔を綻ばせながら、口を開いた。
やがて4人の言葉が終わると、会場は再び盛り上がり、熱気を取り戻した。

「【汝電気羊為りや】の皆さん、本当におめでとうございます!

それでは、これにてサルマティアグランプリ、終了といたします!
参加してくださった皆さん、そして観戦していただいた皆さん、ありがとうございました!!」
 
 
RUMIのその言葉を最後に、サルマティアグランプリは大盛況のまま終わりを迎えた。
観客や選手たちはそれぞれの思いや感想を口にしながら、冒険へと戻っていく。





こうして大会は終わったが、RWOにはまだまだ不可解なことや問題が多く残っている。
この問題を解決するのは、大会にて結果を残したものか、それともそうでないものか。

「大会の後、ツバキとオニキスもニャかニャおりしたみたいだし、一件落着だニャ。
 大会のおかげで探索も進んでこれは、謎の解明も近づいたかニャ。
 
 ……さて、次は何をやろうかニャ~」

静かになった司会席でタンゴはそう独り言ちる。
その目の前には、数々の戦いを繰り広げたフィールドが、ただ静かに佇んでいた。


First Prev  13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23
担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

『三千界のアバター』運営チームです。

お待たせいたしました。
「サルマティアグランプリ」のリアクションをお届けします。

スペシャルシナリオは、アクションを投稿しているか、
アクションを投稿していなくても「・アクション投稿しなくても登場を希望」の項目にチェックを入れた場合、
基本的にリアクションに登場しています。
基本的にPCは1シーンに登場していますが、シーン分割の関係で数ページに渡って名前がある場合もございますので、リアクションを読み進めてご確認頂ければと思います。

■シナリオ結果について

また、大会の結果プレイヤーの実力が上がったと判定され、基本探索層が+10されます。
※こちらの結果についてはリアクション発表の翌営業日までに反映されます。

■追加探索層+5のプレゼントについて
本シナリオに参加した皆様に「追加探索層+5」を1つプレゼントさせていただいております。

また、以下の方々は本シナリオ内の活躍により、
アイテム「追加探索層+5」が追加で1個~2個配布されます。

・2個プレゼント
【汝電気羊為りや】の皆様
【S4U】の皆様


・1個プレゼント
【キャンバス・リエータ】の皆様
【一時の安らぎ】の皆様

鴨 柚子(SAM0013680)様
草薙 大和(SAM0007867)様
桐ヶ谷 遥(SAM0001072)様
砂月 秋良(SAM0057159)様


※「追加探索層+5」の配布はリアクション公開日の本日中までに行われます。
※「追加探索層+5」のプレゼントはアカウント毎となっております。


■その他

優勝記念称号【サルマティアグランプリ覇者】につきましては、対象の方々に本日中に付与を行わせていただきます。
また、各マスター様からの称号が付与されている場合もございます。


最後に今回のリアクションを執筆したマスター陣からのコメントをお送りします。


【1】Aブロック A/Bブロック準決勝 担当:RED
 【1】パート(Aブロック)を担当させていただきました、REDと申します。
本格的なプレイヤー対プレイヤーのシナリオを担当するのは初めてでしたが、正直大変でございました…。
皆様それぞれの作戦や行動方針が有り、それがぶつかり合って思いがけない結果になったり…と。
策が良くとも、相手や状況次第ではうまくいかない事もあります。
今回勝てなかったからと言ってアクション内容がまったく駄目だった、という訳ではありませんので、
トーナメントまで行けなかった方もあまり自信を落とさないで下さいませ。
(勿論、改善点が見つかったのならじゃんじゃん次へ生かして下さい。同じようなシナリオがあるかは分かりませんが…)
それでは、また機会が有りましたらよろしくお願いします。
 
 
【2】Bブロック 担当:朱街もか
 Bブロックを担当させていただきました、朱街もかと申します。
こういった形式のシナリオに参加させていただくのは初めてだったので、
とても、こう、そわそわしております……。
楽しんでいただける形になっていましたら幸いです……!
自分は今回バトルロワイヤルのみを担当させて頂いたため、
準決勝や決勝の行方を見守るどきどきが、恐らく、皆様と同じ気持ちです(笑)
どこもかしこも練られた戦法で、結末を書くのが本当に大変でした……皆様、お疲れ様でした。
またどこかでお会いしましたらどうぞ、よろしくお願い致します。


【3】【4】C・Dブロック C/Dブロック準決勝 担当:深弦離羽
 初めましての方も、そうじゃない方もCブロックとDブロック。これらの準決勝を担当させていただきました深弦離羽(みつる りわ)です。
 シナリオに参加していただき、本当にありがとうございます。
 今回はRWOのPvPバトルということで非常に悩む場面も多かったです。ただ、様々な作戦や戦いがあるなかで楽しく執筆させていただきました。
 CブロックもDブロックも個性的な場所での戦いということで、それぞれに合ったアバターやスキルが必要になったりとただ戦うだけではなく、戦略も必要ということもあり、その辺りも執筆に当たって悩み楽しんだところでもあります。
 最後に、今回優勝した皆さん、本当におめでとうございました。

 それでは、また別のシナリオでお会いしましょう。

【5】決勝 その他補佐 担当:小月恵
 今回GM様の補佐と決勝戦を担当させていただきました。小月恵と申します。
 PVP、かつチーム戦という初めての状況で、とても悩みながら執筆させていただきました。
 独自の作戦と建ててきたチームと、王道に戦いを挑むチーム、
 どちらもしっかりとしたアクションなのはもちろん、お互いの戦法をお互いが知っているという状況を
 どう書くか、という所が、難しく、またとても楽しかったところでもありました。
 
 優勝されたチームの皆さん、本当におめでとうございます!
 
 ではでは、またどこかのシナリオで待っております。