三千界のアバター

イルメナウ城塞防衛戦

リアクション公開中!

イルメナウ城塞防衛戦
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■プロローグ■



 ――イルメナウ城塞

「ベンクマン宰相の増援は間に合ったようね」

 イルメナウ城塞を預かるセンチュリオン、“紫電の赤薔薇”リリアは、続々と到着する特異者たちを見ながら、ひとり胸を撫で下ろした。
 ラディア連合王国は、兵の数や資源ではグランディレクタ共和国を圧倒している。
 だが、メタルキャヴァルリィをはじめとする、兵器面においては劣っているといわざるを得ない。
 彼女はラディア連合王国軍の陸戦力の花形であるユニコーンリッターであり、実際にユニコーンを駆って何機ものメタルキャヴァルリィを撃墜してきた。

 しかしそれは、彼女自身の実力によるところが大きい。部下に同じ事をしろ、と言ってもできるとは限らない。

 ところが、グランディレクタ共和国のメタルキャヴァルリィは、それを可能にしてしまった。

「リリア様、出陣の準備が整いました」

 プリンセスガード時代からの部下であるフィールが呼びに来た。

「今行くわ」

 そう答えて、遥か遠くに、蜃気楼のようにそびえる、“影の女豹”エーデル・アバルトが搭乗しているであろう、ドレッドノート級エアロシップを睥睨した。

(この戦い、勝てればそれでいいわ。でも負けた場合……連合王国軍は軍備を一から見直す必要が出てくるわね)

 時代が移り変わろうとしていることを、彼女は戦場の張りつめた空気で感じ取っていた。


■目次■

プロローグ・目次

【1】イルメナウ城塞を防衛する
【城塞防衛 1】
【ブラックバード戦 1】
【ブラックバード戦 2】
【艦隊と城塞の狭間 1】
【ドレッドノート急襲部隊 1】
【ドレッドノート急襲部隊 2】
【ドレッドノート急襲部隊 3】
【ドレッドノート急襲部隊 4】
【ドレッドノート急襲部隊 5】
【城塞防衛 2】
【ブラックバード戦 3】
【ブラックバード戦 4】
【ブラックバード戦 5】
【ブラックバード戦 6】
【衛生班】
【城塞防衛 3】
【ブラックバード戦 7】
【艦隊と城塞の狭間 2】

【2】補給路を防衛する
ロメオ隊出撃
補給部隊
戦端 1
戦端 2
艦隊戦
挟撃 1
挟撃 2
挟撃 3
挟撃 4
伏兵 1
伏兵 2
イントルーダー
撤収

【3】共和国軍の補給キャンプを強襲する
共和国軍の補給キャンプを強襲する―1
共和国軍の補給キャンプを強襲する―2
共和国軍の補給キャンプを強襲する―3
共和国軍の補給キャンプを強襲する―4
共和国軍の補給キャンプを強襲する―5
共和国軍の補給キャンプを強襲する―6

【廃城を臨む】

エピローグ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last