クリエイティブRPG

ジーランディア

ガドラスガードの不穏な行動を防げ!

リアクション公開中!

 152

ガドラスガードの不穏な行動を防げ!
【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
リアクション
First Prev  10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20

■エピローグ■


 ――ジーランディア、鉱脈地帯近郊

「こっちは、エース機の“白いザフィーア”以外は粗方片付いたぜ」
「こちらも、ルーンセレスティアルとガドラスティアの飛空戦艦以外は倒せましたわ」

 国王バルタザール・ルミナス皇帝・覇道 鼎は、それぞれシュヴァリエ・ナイト「ユリアーヌス」と大鐵神・毘沙門から降り、鉱脈の様子を見ていた。
 特異者たちの協力もあり、鉱脈を守っていたガドラスガードは粗方倒したか、撤退へと追い込んでいた。

「こちらは飛空艦1隻を失うという、えらい損害を被りましたけどね」

 そこへ現れたのは、汎用型アーマードスレイヴを駆ってきた盟主アリス・エイヴァリーだった。
 乗っていたガレオン型飛空艦で特異者をクルースニクの自爆から守った結果、ガレオン型飛空艦は爆沈し、盟主アリス自身中等傷のケガを負い、あちこちに応急処置の包帯を巻いていた。

「後でソランに回復魔法を掛けさせよう。多少はマシになるはずだ」
「……クルースニクの自爆の威力は分かっており、現時点で防ぐ手段がない以上、鹵獲はまだ無理、と判断すべきなのに……」
「ガレオン型飛空艦の量産が先送りになってしまったのは残念ですが、盟主アリスと特異者が無事でなによりですわ。今はそれを喜びましょう」

 国王バルタザールが言うように、こと回復に関してはプリーストや司祭がいるルミナス王朝や、覡や巫女がいる鐵皇国の方が発達している。そこはファンタジー世界ならではと言えるだろう。
 盟主アリスが乗っていたガレオン型飛空艦は、近いうちに特異者たちに渡される予定だったが、撃沈してしまったので先送りになる予定だ。
 しかし、それでも特異者と盟主アリスがの命を救ったのである。それで良しとしよう、と鼎は思うのだった。

「大半のガドラスガードは無人機でしたが、エース機には人が乗っていた気配がしましたわ」
「姫さんもそう感じたか。あれは明らかに無人機の動きじゃなかった。ガドラスガードにも人がいる、と見るべきだな」
「こちらも“白いデュランダル”は逃がしましたが、複製機体の鹵獲には成功しましたし、“白いクルースニク”に対する布石も打てました」

 エース機には人が乗っている――それがバルタザール国王と鼎の共通見解だった。
 盟主アリスはそこまでは気付かなかったようだが、そこは転んでもただでは起きなかったようで、ガドラスガードの複製機体の鹵獲だけではなく、“白いクルースニク”に何らかの布石を打ったようだ。それが何かは告げなかったが……。


△▼△▼△



 こうして、ガドラスガードから鉱脈を守る共同作戦は終わりを告げる。
 約束通り、鉱脈は鐵皇国、ルミナス王朝、自由都市連盟で3等分となった。

 三国はまた明日からガドラスティア攻略を目指す敵同士となるが、今日の0時までは共同戦線が適応される。
 鼎もバルタザール国王も盟主アリスも、今日くらいは特異者をはじめ、ロボティクスウォリアーたち作戦に参加した者たちにゆっくりして欲しいと思うのだった。


【ガドラスガードの不穏な行動を防げ!】完


First Prev  10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20
担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

『クリエイティブRPG』運営チームです。
『ロボティクスウォー』のスペシャルシナリオ「ガドラスガードの不穏な行動を防げ!」のリアクションをお届けいたします。
この度は公開が大幅に遅れてしまい、誠に申し訳ございません。

パブリックシナリオは、アクションを投稿しているか、
アクションを投稿していなくても「・アクション投稿しなくても登場を希望」の項目にチェックを入れた場合、基本的にリアクションに登場しています。
基本的にPCは1シーンに登場していますが、シーン分割の関係で数ページに渡って名前がある場合もございますので、リアクションを読み進めてご確認頂ければと思います。

今回の功績は下記の通りとなります。

▼以下の方に協力した国より「鐵皇国茶器」「ルミナス王朝勲章」「自由都市連盟表彰状」を付与させていただきます。
※配布はリアクション公開後、1週間以内を目途に行わせていただきます。

●独立連隊
 リュミエール
 ヤークトフント
 ロッソジェルベーラ連隊
 スマートワーク
 曼殊沙華
 Bloodlines
 カッキンチーム
 リンクス
 バーゲスト連隊

●個人
 壬生 杏樹(SAM0058941)様
 人見 三美(SAM0073041)様
 取間 小鈴(SAM0073102)様
 赤城 熱士(SAM0007308)様
 エリカ・クラウンハート(SAM0057001)様
 剣堂 愛菜(SAM0071280)様
 トスタノ・クニベルティ(SAM0074128)様
 ロデス・ロ-デス(SAM0074443)様


【2022年11月21日19:45 修正】
 リアクション本文中の機動兵器名のミスを修正しました。
 また、個人の戦功に誤りがございましたので修正いたしました。
 この度はお手数をお掛けし、申し訳ございません。



▼以下の方は、今回信用度が増えませんのでご注意ください。
 行坂 貫(SAM0067846)様
 ルルティーナ・アウスレーゼ(SAM0072980)様

最後に今回のリアクションを執筆したゲームマスター陣からのコメントをお送りします。

【1】【3】担当:咲羅紅羽

 今回【1】パート及び【3】パートを担当させていただいた、咲羅紅羽です。

 ガドラスガードとの戦いは相手が自動修復があったりと厄介な戦いですので、皆さんもどのように戦えば上手く戦えるのか悩んだ人もいるのではないでしょうか。
 私が担当した【3】パートではマッシュが鹵獲を狙っていたので、その辺りを考えるのが難しかったのではと思っています。

 【1】パートの白いザフィーアに関してはまだ色々皆さん思う所があるかもしれませんが、今後どのように関わってくるのは私も気になる所です。

 では、また別のシナリオでお会いいたしましょう。


【2】【4】担当:きりん

本シナリオにご参加していただきありがとうございます。
シナリオを担当したきりんと申します。

皆さんお疲れさまでした。
無人機を相手とするシナリオでしたが、いかがでしたか?
皆様の多方面における活躍により、負傷者は出たものの戦いに勝利することができました。
ひとまずこれにてシナリオは終了となります。

力強くもユニークなアクションの数々、面白く拝見させていただきました。
またご縁がございましたら、その際はよろしくお願いいたします。