クリエイティブRPG

ユーラメリカ

裏世界の神格兵器

リアクション公開中!

裏世界の神格兵器
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■プロローグ■


 ――デルタシティ、ダウンタウン、ヒーロー連盟(ソサエティー)ビル、市長室

 ゲートを通じて、各世界の特異者たちが、続々とデルタシティへと集結していた。
 その間も、ユーラメリカのスキルやアイテムが効かないことが分かっていても、デルタシティのヒーローたちは“テスカトリポカ”への攻撃の手を緩めなかった。

「Garryowenが来てクレタワ! ヒーローたちは適宜後退を……」
『いや、異世界のネオジェネたちが来てくれたんです! 俺らはサポートに回りますよ!』
『……ヒーローに後退は無い。それは貴様がよく分かっているだろう?』
『みんなこの街や市民が好きなバカばっかりなんだから、いい加減諦めなさいよ』

 “カロリックシャドウ”輝洲 飛影と、“アベンジャー”アレクサンドロス・ルートヴィッヒティアナ・M・ベルベットローズから、そんな返事が返ってくる。
 アイゼン・ハワード市長はため息をつきつつ、ヒーローたちに戦いの継続を通達するのだった。

『んんっ!?』

 その時、TRIALのリサ・グッドマンが素っ頓狂な声を上げた。

デルタシティのゲートから異常値が検出されたわ……市長室ではなく、小世界とつながるゲートのようだけど……あ、元に戻った……どゆこと!?』
「その辺りに山本大國の狙いがあるかもしれないワ。引き続き調査をお願いスルワ」
『りょーかい。まったく、大國ちんはろくなことをしないから困ったもんだにゃ』

 駆け付けた騎兵隊である特異者たちに“テスカトリポカ”を任せつつ、ヒーローたちに情報を伝えるアイゼン市長だった。


■目次■

プロローグ・目次

【3】眷属を倒す
〈眷属戦(1)〉
〈眷属戦(2)〉
〈眷属戦(3)〉
〈眷属戦(4)〉
〈眷属戦(5)〉
〈眷属戦(6)〉
〈眷属戦(7)〉
〈眷属戦(8)〉
〈眷属戦(9)〉

【1】“テスカトリポカ”を足止めする
天が呼ぶ
地が呼ぶ
人が呼ぶ
悪を倒せと
俺を呼ぶ

【2】“テスカトリポカ”を倒す
風よ、正義を叫べ
水よ、平和を運べ
炎よ、勇気を燃やせ
地よ、我が名を轟かせよ
私が、私たちがヒーローだ

エピローグ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last