三千界のアバター

ワールドホライゾン

アバターリミット

リアクション公開中!

アバターリミット
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

プロローグ


ワールドホライゾンとTRIAL本部、それぞれに作られた施設の中では、
ヴォーパルノエル、二人の鍵守たちが緊張した面持ちで立っていた。

特異者達のアバターの親和性を極限まで上げることで、
本来は得ることのできないはずの力を垣間見せる為の実験。

成功すれば大きな成長があることに間違いはないが、
それは、それ以上に大きな危険が伴うことも示唆している。

身の丈を超えた力は己の身を滅ぼすという事は、
こと特異者にとってはその言葉のままの意味を現している。

世界に挑むにしろ、自分の限界に挑むにしろ、
実験とはいえ、これは自信を認めさせるか、滅ぼされるか。
不確定な利益の為に自身の身をさらすような行為なのだ。

そして彼女たちはそんな実験の一部を背負い、
間接的にでも仲間を危険にさらそうとしてる。


「大丈夫よ」「大丈夫よん」


そんな二人をそれぞれ励ましたのは、
いつも通りの服装に、いつも通りの表情を浮かべた明夜リサ


「私達が信じてあげなくてどうするの」

「おねぇさんは心配してあげるより、応援してあげた方が彼らも喜ぶと思うけどなぁ」

「そうですね。少し心配症だったかもしれません」

「そう……ですね! 私、頑張って応援します!」

鍵守たちは顔を上げると、今まさに実験を開始しようとする特異者達を見やった。

自分の限界に挑む戦いが、今まさに始まろうとしている。

■目次■



1ページ プロローグ・目次

【1】限界実験に参加
2ページ  アルテラが襲いかかる
3ページ  大和が襲いかかる
4ページ  ユグドラシルが襲いかかる
5ページ  ユーラメリカが襲いかかる
6ページ  ガイアが襲いかかる
7ページ  テルスが襲いかかる 1
8ページ  テルスが襲いかかる 2
9ページ  RWOが襲いかかる
10ページ エデンが襲いかかる

【3】帰還できるように支援
11ページ くじけぬ心を支えるは“声” 1
12ページ くじけぬ心を支えるは“声” 2
13ページ くじけぬ心を支えるは“声” 3
14ページ くじけぬ心を支えるは“声” 4

【2】アバターの裏側に挑む
15ページ 分身との対面
16ページ 垣間見えたもの
17ページ フロントライン
18ページ ティタノマキア
19ページ 幻想の先へ挑む者 1
20ページ 幻想の先へ挑む者 2
21ページ 幻想の先へ挑む者 3
22ページ 灰黒と双蒼
23ページ SwingWingGig.
24ページ アバターリバース
25ページ Aruvu LOR
26ページ 夢幻影狼
27ページ 物語の裏側へ
28ページ 其は戦場を駆ける千国の燈火
29ページ 混沌地獄
30ページ 強さの源
31ページ 蒼銀彗星


32ページ エピローグ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last