クリエイティブRPG

蒼空学園の体育祭のあと

リアクション公開中!

 106

蒼空学園の体育祭のあと
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5  Next Last

「あぁ、楽しかった!」

 晴天に恵まれた体育祭も、3日目の閉会式を終えた。
 第一グラウンドに集まっていた生徒達が、いろいろな感情を抱えてばらけていく。
 そのなかに、《蒼空学園のアイドル》こと小鳥遊 美羽もいた。

「今年は3日も体育祭に参加できたから、すっごく楽しかったね♪」

 その場でくるくるーっと、元気よくピョンと飛び跳ねる。
 そして勢いのままに、同じクラスの生徒達にぎゅーっと抱きついた。
 そうこうしているうちに、後片付けの手順がアナウンスされる。

「よーっし!
 みんなでやれば早く終わるよね!」

 3日間の片付けをおこなうため、その量は膨大だ。
 しかし生徒達の人数もそれなりのため、要領さえ間違わなければ難しくもない。
 美羽達は、クラス対抗競技の後片付け担当となった。
 手分けして道具を運んでいるうちに、自然と体育祭の想い出話に花が咲く。

「みーちゃんは、どの種目が楽しかった?」
「えっと……いろんな競技が面白かったけど、私が一番楽しかったのは、やっぱりクラス対抗の≪大玉転がし≫かなぁ」

 と、美羽は校舎の3階あたりまである大玉を見上げた。

「直径10メートルの大玉をクラスのみんなで転がすのは、すごい迫力だったよね!」
「確かに!」
「ちょっと怖かったもんね、転がすの」
「コースを外れないか、応援も冷や冷やでしたわ」

 楽しそうな笑顔で振り返るクラスメイトも、頷きながら美羽の言葉に応える。

「さってと……その大玉も倉庫に片付けないと」
「にゃー、さっきのリベンジにゃん!」
「うちも転がしてみたーい!」
「あ、みんな手伝ってくれるの?
 ありがとっ!」
「これを独りではたいへんだかんね」
「じゃあ、力を合わせていくよ。
 せぇの……よいしょっと!」

 美羽のかけ声を合図に、再度、大玉転がしを始める生徒達。
 合計10個の大玉を、グラウンドの端にある倉庫まで転がしていくのだった。



「後片付けを終わらせるまでが体育祭……ですよね」

 アナウンスによる分担を把握し、ベアトリーチェ・アイブリンガーが微笑んだ。
 《乙女座の十二星華》を冠する彼女は、温和で真面目なメガネっ娘である。

「楽しかった体育祭も、あとは後片付けだけですね。
 皆さん、頑張りましょう」

 ベアトリーチェ達の担当は、≪借り物競争≫の借り物の返却だ。
 クラスメイトと一緒に、第一体育館へと移動する。

「弾入れとか盛りあがったよねー」
「そうだな、あれは飛空部隊の見せ場だったな!」
「ベアトリーチェはどうやったん?」
「あ、私が楽しかった競技ですか?
 そうですね……」

 問われたベアトリーチェの脳裏に、3日間の競技の記憶が流れるが。

「先ほど終わったばかりの≪借り物競争≫は、とても楽しかったですよ」

 やはり、いましがたの体験は強い。

「封筒から出した用紙を見て、なによりもまず運び方を悩みました」
「やけん【擬似熾天使化】で身体能力を向上させたんやね」

 それにしても……と、ベアトリーチェは感心する。

「光条兵器、イコン、大型飛空艇、ドラゴン……皆さんも、よく借りてこられましたよね」

 示された借り物は、この世界ならでは、といったものばかり。

「ちょっと大変そうですけど……一つずつお返ししていけば、ちゃんと終わりますよ」

 がらっと、体育館の扉を開けた。

「あぁよかった、貴方達でしたら安心して任せられます。
 此方が返却先の一覧ですから、頼みましたよ」
「承知いたしました」

 教員から、一覧を受けとったベアトリーチェ。
 ところ狭しと並ぶ借り物ひとつひとつに、返却先を確認しながら担当者を決めていく。

「では、お借りした物を返してきましょう」

 入口に近い借り物から、順番に外へ。
 クラスメイト達を見送って、最後にベアトリーチェも体育館を出る。
 返却物は、体育祭前の授業で眺めた、シャンバラ地方を示す掛図であった。
1 | 2 | 3 | 4 | 5  Next Last