クリエイティブRPG

つき の ながめ

リアクション公開中!

 144

つき の ながめ
リアクション
First Prev  4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14  Next Last
 


   【吾者不忘 無間苦思念者】


 〝いつもの場所〟で、ふたり。
 草薙 大和草薙 コロナと月を見る。

 里山を登り始めたのは、夕暮れ前のコト。
 ここ何年かで通い慣れた道とはいえ、暗くなってからとその前とでは登りやすさが違うなと感じながら、山道を登る。
 そうして、短い登山の末辿り着いた頂上に設えられた展望台から、空を眺める。
 眼下に広がる山桜の大樹から、遠く、小さく見える京の町並み。
 西の空に沈みゆく夕陽。
 茜に燃える西の空と、夜の闇が深くなってゆく東の空。
 日が落ちるにつれ、急に大気は冷たさを増していく。
 展望台に腰を下ろし、大和はコロナを背中から包み込むようにして抱き締めた。

「綺麗な夕焼けですねー」

 コロナは大和の腕の中でもたれかかるように身を委ねつつ、夕焼けの鮮やかさに感嘆の声を上げる。
「まるでコロナの髪色みたいだな」
 燃えるようなオレンジ色の空に、コロナの髪の色を混ぜるようにサラサラと撫でながら、大和は耳元で囁いた。
「日が沈んだ後の空は、大和さんの髪色ですね」
 髪を撫でる大和の指先の心地良さに目を細めながら、コロナはそう返した。
 虫の声が、どこからか聞こえてくる。
 昼はまだ暑さが残っているのに、ちゃんと季節は巡っているのだなと、思った。
 見上げる空も、秋の星空へ移りゆく。
 まだ見えぬ星も、もう半時もすれば降るようにこの空に満ちるだろう。

「なんだか、わたしが大和さんの色に染められていっているみたいです」

 少しずつ少しずつ。
 夜になってゆく空を眺めながら、コロナは思わず言葉にしてしまう。
 抱き締められる腕が、強くなる。

「なら、朝は僕がコロナの色に染められる番だな」

 そう返されて、コロナは大和を振り返る。
 目と目が合って、そのまま笑顔を交わす。
 互いに触れている身体から、そこから伝わる言葉にならない気持ちが心を温める。

「これからも、わたしを大和さんの色に染めてくださいね」

 ぬくもりにうっとりと夢見心地になりながら、コロナはそうねだった。
 そんな小さな願いに、愛しくて、ただただ愛おしくて、大和は抱きしめる腕の力を強くする。

 茜の色が、藍に追われて西の空へと沈む。
 藍は色を深くし、濃紺へと変化する。
 深藍の空の。
 その果ての。
 東の果てから、今、月が昇る。

 満ちた月の昇りゆく空を、ふたりは見つめる。
 月の光は柔らかに降り注ぎ、影を強くする。
 言葉もなく。
 ただ、ひたと二つの身を寄せ合ったまま。

 ——同じ月を、眺める。

 
First Prev  4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14  Next Last