クリエイティブRPG

ヒロイックソングス!

魅惑のハートチョコレシピ

リアクション公開中!

 88

魅惑のハートチョコレシピ
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  Next Last

●落とし穴作戦
 
「目撃情報はこの辺りで間違いないか?」
 星川 潤也はオーサカの郊外にある古びた公園の入り口で、ともにここに訪れた少女・アリーチェ・ビブリオテカリオに聞いた。
「間違いないわ。おそらくラムスイートとくりぃむでぇもんが近くにいるわ」
 
 潤也とアリーチェは二手に分かれ、それぞれ食の使いの捕獲に取り掛かった。
 
「ラムスイート……敏捷性が高くて攻撃を当てるのが困難な食の使いか。なら、まずは罠を作って捕獲だな」
 潤也は堀削の杖を使って、公園を囲う林の中に3つほど落とし穴を掘る。
 落とし穴のそばには枯れ枝を置いて、自分で見失わないように目印とし、その場を離れ茂みからラムスイートが現れるのを待った。
 
 20分ほど経った頃だった。
(来た、あれだな!)
 ラムスイートは公園内や公園の周りの林の中をちょこまかと動き回っていた。
 潤也は茂みから抜け、グリッターリフレクションで分身してラムスイートを取り囲む。
 自身とは違う人型を確認したラムスイートは慌てて逃げようとするが、どこへ逃げようとしても潤也の姿があることにパニックになり、うろちょろと林の中を走り回っていた。
 潤也は少しずつ食の使いを落とし穴に追い込んでいき……!
 
 ドサドサドサッ!!
 
「かかった!」
 ラムスイートが落とし穴に落ちた瞬間……!
 
 ドォンッ!!
 
 あらかじめ仕掛けておいた魔術トラップでラムスイートを爆破した。
 
「さあ、お前には蘭華を助けるための食材になってもらうぞ」
 目を回しながら気絶するラムスイートにほんの少し同情しつつ、潤也は甘い酒の香りがする食材を確保した。
「うん、ラム酒のいい香りがするな。これならきっと美味しいチョコが作れるぞ」
 
――――
 
「これで美味しいチョコができたら、あたしも買って帰りたいわね」
 さあて、と、アリーチェは背伸びをして戦闘態勢を整える。
(力はさほど無いようだけど、飛行するのはちょっと厄介ね。ま、なんとかできるでしょ)
 
 アリーチェは公園の中心にあるボロボロのアスレチックの中に潜み、くりぃむでぇもんの登場を待つ。
 潤也がラムスイートを発見したのと同時刻になると、それらしき食の使いが公園内に入って来るのを見付けた。
(あれね。ふーん、かわいい見た目してるじゃない)
 
 ザッ!
 
 金髪のツインテールをなびかせて、颯爽と食の使いの前に立ちはだかる。
「さあ、あんたも美味しいスイーツになりなさい!」
 アリーチェの登場に慌てたくりぃむでぇもんは、低空飛行で突進してくる。
 
 ドンッ!
 
 くりぃむでぇもんの打撃がアリーチェの腹部に直撃……!
 しかし、ひるまないアリーチェ。
「なるほど、確かに力は大したことないわね」
 アリーチェはリープシューズを使って空中を走り出す。くりぃむでぇもんはなんとか攻撃をアリーチェにあてようとするが、さらにハイジャンプによって高く空中に移動したアリーチェに追いつけず『ピギィ!』と情けない声を出した。
「かわいい声出してもダメよ、えいやっ!!」
 瞬間、上空から遠心力いっぱいの猫年スタンプハンマーによる攻撃(剛力付き)によってくりぃむでぇもんは叩き潰された。
 
 目を回して気絶するくりぃむでぇもんを捕獲し、潤也とともに蘭華へ向かった。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6  Next Last