クリエイティブRPG

蒼空学園のバレンタインデー

リアクション公開中!

蒼空学園のバレンタインデー
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  Next Last

「とうちゃーくっ!」

 2月13日、日曜日。
 火村 加夜は、商店街の入口にいた。
 この季節にしては暖かく、雲間から落ちてくる陽光も眩しいくらい。

「わぁ!」

 左右に軒を連ねる商店は、赤やピンクのハートで飾られていた。

「街がバレンタイン一色ですね」

 商店街には勿論、直接の商品を販売していない商店もある。
 すべての商店が一丸となって、全体で明日の日を盛り上げるようだ。
 それに。

「うーん、いい匂いです」

 チョコレートの甘い匂いに包まれると、それだけで幸せになれた。

「っと、いけません。
 手づくりチョコを渡すって決めたんですから、頑張って作らなくちゃ。
 そのためにも、お買い物も頑張りましょう!」

 決意も新たに、加夜は歩き始める。
 まずは、チョコレートのお店でウインドーショッピングだ。

「何を作ろうかな。
 チョコチップクッキーもいいですね。
 トリュフもいいし。
 どれも美味しそう……」

 なにをつくるか決まらないと、材料も決まらない。
 けれども、ひとつに絞るための判断材料もない。

「こんなに素敵なチョコを作れたら良いけど、難しそうです。
 味見してみましょう」

 店の扉を開いた加夜を、店員は元気に招き入れる。
 気になる商品を受けとって、お会計を済ませた。

「ありがとうございました」

 店を出ると、商店街を更に奥へと進んでいく。

「でもやっぱり、想いを伝えるにはハート型が良いですね……あっ!」

 ショーケースのなかに、ハートのかたちをしたチョコレートを見つけた加夜。

「ハートのマカロンも可愛いですし、ハートのチョコタルトも食べやすそう」

 扉のベルが揺れると一層、チョコレートの香りが押し寄せてきた。
 包装資材の品揃えも豊富で、選ぶのが楽しくなる。
 同じくいまこの空間にいる人達はなにを選ぶのしらと、ちらりと観察。

「ラッピングはシンプルにしようかな」

 箱も幾つか手にとって、手触りや開け閉めのしやすさを確かめてみた。
 チョコレートに負けず劣らず色もかたちもいろいろで、どれも可愛いと思う。

「チョコがハートだから、箱は白が良いかな。
 赤いリボンは欲しいですし……」

 箱とリボンも、気になるものを幾つかみつくろった。
 チョコレートをつくり終えたら、そのときに改めて選ぶことにしたのである。

「ありがとうございました!」

 そして加夜は、また別の店へと歩き始めた。

「受け取ってもらえるかな?
 家に帰ったら試しに色々作ってみましょう」

 参考になりそうなチョコレートと、チョコレートの材料を求めて。
 相手の笑顔を想いうかべて、加夜も笑った。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  Next Last