クリエイティブRPG

酷薄たる陥穽

リアクション公開中!

酷薄たる陥穽
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

 
● オープニング


    母さん、もう泣かないで。約束する。
    おれが必ず、1つ残らず集めてくるから。



「月が赤いなぁ…」
 はるか上空、雲の上。
 ツァンダへ向かう死龍の上で、巨大な赤い月を見上げながらドゥルジはぽつりと呟いた。
 かつて、幾度も見上げた空。
 窓の形で切り抜かれた夜空に浮かぶ月。
 あのときは白い月だったように思う。
 よく思い出せないが、白かったはずだ。

 白い月の下、ターゲットを殲滅した彼を見て、喝采の手を叩いた科学者。
 彼らに眠ることを指示される前の記憶は、あまりに遠く、擦り切れてしまっていた。
 これもまた、想定外の長期の眠りによるミスリードの1つか。

「獣人100体以上を相手にしながら思考波形にいささかの乱れもない」
「バッククラッシュ20%減成功。頭部破損時も完全修復40秒後には60%まで出力を回復している」
「やはりアエーシュマ(凶暴なる神)は威力に特化しすぎていたんだ。いくら能力値が高くともバランスが狂っては元も子もない」
「中・近接戦闘における、われらがドゥルジ(禍を為す神)はほぼ完成体に近いぞ」

 興奮して話す科学者たちの声は、昨日のことのように耳に新しい。

「だが肝心の長距離型のアストー(死を司る神)は駄目だ。能力値も思考波も不安定すぎる。体組織結合も完璧にはほど遠い。
 一度完全にばらすか、それとも廃棄して新しく作り直すかだが」
「しかしここまで安定した例は彼女しかないんだぞ? ばらすのは惜しい」

 ――違う。
 これは自分の記憶ではない。この身に取り込んだ母のもの。
 もし自分のものであったなら、彼らは生きてはいなかった。
 たとえ創造主であろうとも。母に害を為そうとする者は生かしておかない。

 今から殺しに行こうか?

「……ああ、死んでいるのか、もう」

 ドゥルジは両手に顔を伏せた。
 目覚めて以来、全てが混濁している。S&Rプログラムを走らせれば、きっと、いくつか死滅しかけているシノプスが見つかるだろう。
 チカチカと、星のようにまたたく途切れ途切れのパルス。
 自分もまた、壊れかけているのかもしれない。
 アエーシュマのように……。

「その前に、なんとしても石を集めないと」

 自我が崩壊する前に。
 完全に機能を停止してしまう前に。


 優しい母の涙を止めなくては。


「アエーシュマ、アストー、ドゥルジ!
 もうすぐだ。もうすぐ完成するぞ!
 われらのディーバ(悪神の軍団)よ!」

 赤い月から、熱に浮かされたような科学者の空疎な言葉が聞こえた気がした。
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last