クリエイティブRPG

新クレギオン

ようこそ、フラードル星へ!

リアクション公開中!

ようこそ、フラードル星へ!
【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■従業員達、戦闘準備完了


 朝、フラードル星の海上。船上ホテル『アクアーラ』の二階フロア、ロビー。

「厳密なチェックをされなくてよかった(誤魔化して女性という事にしちゃったからね。まあ、本気の変装だからそうそうバレないけど)」
「あぁ、このサングラスも許可して貰えたし、金を稼げるだけでなく仕事中は衣食住完備って、最高だな」
 悪戯な笑みの夏色 恋と複眼を隠すシン・カイファ・ラウベンタールは手伝いの許可を貰い、女性スタッフの案内を受けていた。
 しばらくして案内は終わり
「……案内は以上だよ。何か分からない事があったら、誰でもいいから聞いてね」
 女性スタッフが笑顔で言った。
「うん、ありがとう! お客様がちゃんと満足して頂けるように努めるよ!」
「あぁ、そうする。お客様の下僕……いや笑顔でホテルマンを務めるよ(こういう大きくない規模の船だと、客室サービスの仕事だけでは済まないだろうから万一用のマニュアルなんかまでにも目を通しておくか)」
 凛々しくも愛らしい顔になる恋とすっかりホテルマンのシンは、やる気に満ちていた。
 女性スタッフから仕事を割り振って貰った後
「なんかいろいろ楽しそうなひとときになりそう」
「だな。ホテルマンとして、素敵な時間にしような(金づるを見つけるとしよう)」
 恋と思惑を抱くシンは互いに声を掛け合った後、仕事場へ急いだ。
 そして
「ご注文はお決まりでしょうか」
 恋は食堂にて愛らしい女性スタッフとして、働き
「マニュアルも確認したし、掃除に精を出そうか」
 シンはマニュアルを確認後、ホテル内の掃除に精を出した。
 その後も、朝から始まり夜まで恋はプールサイドや屋外ラウンジで給仕として、シンは食堂などホテルのあちこちを動き回った。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last