三千界のアバター

レイドボスと乙女心

リアクション公開中!

レイドボスと乙女心
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10  Next Last


1.いざレイドバトルへ

 ナジュムの街郊外、視界いっぱいに広がる畑は見るも無残に荒れ果てていた。ベヒーモスの巨大な足に畑は踏み荒らされ、そこから生み出された泥人形によってあたりはひどい泥にまみれている。
 幸い薬草の収穫は終えていたが、これではまた元通りに戻すことさえ一昼夜で済むようなものではあるまい。野放図に繰り返される破壊はいずれ住人にも及ぶだろう。
 しかし。
「よし、それじゃあベヒーモス討伐、皆さんよろしくお願いします!」
 そこに現れたのは何十名にも及ぶ冒険者たち。ベヒーモス討伐の依頼を受けたうち、その中核たるクランのメンバーであるリヒトは、一同に振り返りながらぐっと腕を掲げて挨拶した。
『よろー^^』
『とりまいつも通りやります』
 種々に挨拶やエモーションを返す冒険者たち、その中でも明らかにあたふたとした様子のプレイヤーにリヒトは視線を向けた。
「よろし」
「よろしくお願いします!」
 カチコチとした挙動で挨拶する彼女――カナコは、彼が駆け出しのプレイヤーだったことを思い出させるようであった。もう少し何か言葉をかけようか思案したところで、何人かの冒険者が彼女のフォローに入っていくのが見えた。
 適正レベルのレイドボス相手、自分も気を抜いてはいられない。気持ちを新たにリヒトは配置につくのであった。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10  Next Last