三千界のアバター

バニティー・ヒーロー

リアクション公開中!

バニティー・ヒーロー
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  Next Last


序幕~始める者・終わらせる者~

 異なる世界へと渡る瞬間は、何度経験しても格別なものだ。
 これぞ特異者の醍醐味とも言えるだろう。
 そしてこのRWOへと渡っていく時もそれは同じだ。
 名前や姿形、果ては性別までも変化していくその瞬間は、アバターを変える時とはまた違った感覚を覚える。
 そこまでの変化がない者でも、仮想現実(リアリティ)が実物(リアル)に近づいていくのを肌で感じて、その世界の存在感に包まれていく。
 ゲームであり異世界でもあるその地に自分が降り立ったのを認識した彼らは、聞こえてきた喧騒を耳にゆっくりと目を開く。
 そこには多くの人々が行き交う、渦巻く迷宮を臨む中世的な街並みを広がっていた。

◆◆◆◆◆◆

 そろそろ潮時だろう――その人物が出した結論は、その一言だった。
 実際にこの『事業』は、その人物が思っていた以上の成果があった。
 だが、まだまだ望みを叶えてはいない。だからつまらない欲を出してここで終わる訳にはいかない。
 自分を血眼になって探している連中を嘲笑い、不要になった荷物を捨てて身軽になったその後で、その人物はさらなる先を目指す事にした。

「じゃあ、始めるか」

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8  Next Last