三千界のアバター

ワンダーランド

アルストロメリアの咲く森で

リアクション公開中!

アルストロメリアの咲く森で
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last


プロローグ 孤独な森の中で
 
 ワンダーランドのどこかにある、アルストロメリアの花が咲き誇る深き森。
その秘密の花園には欠けたところが一つも無く、完成された一枚の絵画のように美麗だった。 
 人間が足を踏み入れなくなって久しい森の奥には、一軒の古ぼけた洋館がひっそりと建っている。

「明日も明後日も明々後日も、きっと世界は変わらないのね……」
 
 白い窓辺に頬杖をついて嘆息する少女・メリアは、変わり映えのしない森の風景をとても愛おしく、疎ましく感じていた。
メリアの心には、永遠という名の無限のキャンバスが広がり続けているだけだ。彼女の胸中にはいつも、相反する二つの願いが存在している。
この景色を変えてくれる誰かに会いたい。
自分の存在なんて、誰にも知られたくない。
閉じ込められた自然の色彩の中、孤独の絵の具で時間を塗りつぶしながら、少女は今日も「昨日と違う一日」を探していた。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last