クリエイティブRPG

亡界のロストチルドレン~完結編~

リアクション公開中!

 0

亡界のロストチルドレン~完結編~
リアクション
First Prev  12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22  Next Last

【将を射んと欲すれば 3】


 ジャガナタの方も無視は出来ない。萌は【癒しの雨】で皆を回復させると、
「いきます!」
 【ファフロツキーズ】でジャガナタの肉を削ぎ落しにかかった。
 萌の攻撃で発生した肉片からテュポーンが湧いて出てきた。
「やっぱり出てきたわね……戦局が動くまで叩くわ」
 ウリエッタ・オルトワートマリエッタ・オルトワートは、発生した雑魚テュポーンを自分たちのもとへ引き寄せると迎撃に出た。マリエッタが『アースブレイカー』でレモラを吹き飛ばし、ウリエッタが『マハトマダガー【FA4】』でゼリーフィッシュを切り裂く。
「だいぶ湧くわね……萌!」
 ウリエッタの指示で、萌も『悪戯な魔糸【FA4】』を放ち、テュポーンたちを迎え撃った。ウリエッタは戦いつつ戦況を見る。
 ピオも一つ目も、それぞれ自分に攻撃してくる特異者に集中しだしていた。
「さ、いくわよ。作戦開始!」
 チャンスと見た涼姫は、上空から【ファフロツキーズ】でピオを攻撃した。だがコレはカモフラージュ。本命はジャガナタだ。
 涼姫の攻撃で怯んだピオに、今度はティムキンが体当たりを仕掛けた。
「体勢が崩れたな! 次はこれだ!」
 【アブソリュートアライブ】を繰り出した。
「続けていくよ!」
 それに合わせて紫緒莉は闘気を纏い『絶獅子の砲撃』を用いた攻撃を畳み掛けた。
「そして!」
 ジャガナタにダメージを与えた後、紫緒莉は『七色の靭翼』で飛翔した。紫緒莉の狙いは、涼姫とは逆にジャガナタではなくピオ。
 涼姫と紫緒莉が交差し、それぞれの本命に向かう。
 怯んだピオを尻目に、【腐蝕の凶刃】を仕込むと涼姫は『悪戯な魔糸【FA4】』をジャガナタに撃ち込んだ。
「頭を潰せば少なくとも動きは鈍るでしょ」
 ジャガナタに突き刺さった楔を見ながら、涼姫は【バタフライエフェクト】によってウィルスを流し込み、ジャガナタの頭部破壊を試みた。
 しかし、ジャガナタは頭を激しく振り乱してガスを放ち、涼姫の邪魔をした。涼姫は後退を余儀なくされた。だが完璧ではないもののウィルスはジャガナタに確実に、かつ決して無視できないダメージを負わせた。
「残念……でも、少しは時間を稼げたかしら」
 涼姫との攻防を見て、ウリエッタは今が勝負と判断した。
「仕掛けるわよ!」
 予め決めていた合図を出すと、【チャネルオブワンダー】を発動させ、相手の動きを掌握しにかかった。萌が【ゲノムリライト】をウリエッタにかけ、マリエッタが【ダストバースト】で周囲のテュポーンを一掃した。
「……これが今の私に扱える上限だろうか……」
 マリエッタは自分の心を鎮める為に【旅立ちの歌】を歌いつつ、倒してきたテュポーンの血を『アースブレイカー』に一気に吸わせていった。
 ジャガナタも、マリエッタたちが仕掛けようとしていることに気づいた。
 速かったのはマリエッタの方。集めた血を『アースブレイカー』の紅玉から巨大なレーザーのように放った。
 ジャガナタの体が大きく揺らいだ。
 ウリエッタが『マハトマダガー【FA4】』の【深・ファミリアアビリティ】を使い、突撃した。
 接近させまいと抵抗するジャガナタの攻撃を、ウリエッタは【七色の靭翼】を使って回避した。その勢いを殺さず、白い天馬の下半身でジャガナタの胸部に突進した。
「まだ終わりじゃない!」
 ジャガナタに激突した瞬間、さらに畳みかける様に 『マハトマローブ【FA4】』の【深・ファミリアアビリティ】をくらわせた。そして体の一部に氷が張ったところで、
「これで落ちなさい!」
 ウリエッタは【リヴァーサルエンド】を叩き込んだ。
 ジャガナタはウリエッタの攻撃を受けながらも、体勢を立て直した。
「まったく、これだけやっても落ちないなんて、しぶといわね!」
 一方、大きく消耗したマリエッタから萌は『湧き水』を受け取り、魔力を回復させると、【癒しの雨】を発動させ、皆の傷を癒した。
「……あとは体力勝負。ひたすら周りの雑魚を倒すだけよ……」
 ウリエッタたちには、まだ闘志が残っている。他の特異者がジャガナタと戦いやすいように、邪魔なザコを狩っていった。
 ジャガナタに苦戦する仲間たちを横目に見ながら、
「あの目の光の厄介さは身に染みてるねぇ」
 健司は仲間に危険が及ぶ前に、【螺旋の咆哮】で一つ目の注意を自分に向けた。
「おーい、大きなお友達さん? こっちだねぇ!」
 健司は【狂気の毒蝕】で自身を強化し、一つ目の攻撃を回避した。
 その間に、刀華も一つ目の近くに詰め寄った。刀華は『栄光の小瓶』を炸裂させると、【ブラッディブースト】で動きを加速させた。
 同時に、健司も【七色の靭翼】で一つ目に向かい、石化光線を放たれるより先に、
「これで目つぶしだねぇ!」
 【ラストスタンド】をくらわせた。
「閃光一刃……螺旋の一撃。コークスクリューですぅ~!」
 続けて刀華が全身のバネを旋回させ、【コークスクリュー】を撃ち込んだ。

First Prev  12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22  Next Last