クリエイティブRPG

アルテラ・サーガ

リアクション公開中!

アルテラ・サーガ
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last


序章


 ルキアは、聖樹ルメナスをじっと見つめていた。
 歴代最年少騎士。コルリス王国軍第二兵団長。コルリスの紅き雷。いずれも、彼女に与えられた称号だ。
 だが……自分はそれに相応しい人間なのか。
 魔人と化した己が望んだものは、強者との戦。そして、アルビオンで聖具の力を得た者たちと剣を交えた時、ルキアは生きてきた二十年の中で最も強い充実感を覚えた。
(醜いな、私は……あれが私の本質というわけか)
 ギリ、と強く歯を噛みしめる。だが違う、と否定はできなかった。

『真の強者は、剣を抜かずとも戦いを制す』

 幼い頃、そう自分に言い聞かせてくれたのは誰だったか。テオドルス元帥ではなかった気がするが、顔を思い出すことができない。
 それに従い、ただひたすらに鍛錬を続けてきた。にも関わらず、鞘から剣を抜き、相手を斬り裂いた時の解放感は、未だ身体に染みついて消えない。自らの紅色の髪が、鮮血に思えてくる。
 だが……いや、自分の本質を知り、弱さを自覚したからこそ、彼女はより強く己を戒める。剣を置いていくことも考えたが、それでは弱さに抗えないことを認めたようなものだ。
戦いを制す前に、己を制する。そう彼女は誓った。
「ルーキア!」
 背後から飛び掛かってきたのは、紫髪の猫娘――リンシアだ。いつもならひょい、と避けるところだが、
「にゃ、珍しいね。ルキアがまったく動かないなんて」
「……そんな時もあるさ」
 一度堕ちた身でありながら、こうして慕ってくる者がいることの有難みを、ルキアは噛みしめた。
 ――忘れるな、護りたいと思う気持ちを。
「行こう、リンシア。彼らの道を拓くのは、この世界に生きる私たちの役目だ」
「そうこなくっちゃね。少しはリンシアたちもやるんだってとこ、見せてやらなきゃ」
 この世界――そう、理の外から来た者たちは、この世界の住人ではない。
 ルキアはもう、それを知覚している。おそらくリンシアもだ。
 二人は、特異者たちの集まる城内へと歩を進めた。



 ■目次■


1ページ 序章・目次

第一章

2ページ 【1】“時空剣”アイオーンを確保せよ!1
3ページ 【1】“時空剣”アイオーンを確保せよ!2
4ページ 【1】“時空剣”アイオーンを確保せよ!3
5ページ 【1】“時空剣”アイオーンを確保せよ!4
6ページ 【1】“時空剣”アイオーンを確保せよ!5

第二章

7ページ 【2】戦の前に
8ページ 【2】黒の軍勢、襲来!
9ページ 【2】苦戦
10ページ 【2】対ロートゥス
11ページ 【2】防衛ライン 1
12ページ 【2】防衛ライン 2

第三章

13ページ 【3】幕開
14ページ 【3】対峙
15ぺージ 【3】挟撃

間章

16ページ 【6】ルメナスの意志

第四章


17ページ 【5】シニストへ 1 
18ページ 【5】シニストへ 2 

19ページ 【5】シニストへ 3 
20ページ 【5】ラクスへ 1
21ページ 【5】ラクスへ 2
22ページ 【5】ラクスへ 3
23ページ 【5】ラクスへ 4


間章二

24ページ 【6】ワールドホライゾンにて

第五章

25ページ 【4】1.港町ポルタ
26ページ 【4】2.ポルタの防衛
27ページ 【4】3.セイレーンに近づく者たち
28ページ 【4】4.セイレーンとの戦い

第六章

29ページ 【5】ステイティオへ 1
30ページ 【5】ステイティオへ 2
31ページ 【5】ステイティオへ 3
32ページ 【5】ステイティオへ 4
33ページ 【5】ステイティオへ 5

第七章

34ページ 【2】時の支配者
35ページ 【2】幹部戦、決着
36ページ 【2】対ロートゥス
37ページ 【2】魔王の最期

第八章

38ページ 【3】死闘
39ページ 【3】節目
40ページ 【3】終焉

終章

41ページ 潰えし黒
42ページ 白騎士
43ページ 次の世界への鍵
44ページ マスターコメント

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last