クリエイティブRPG

カルディネア

小王女の決断

リアクション公開中!

 113

小王女の決断
【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
リアクション
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last

■プロローグ■


 ――リュクセール王国、フェゼルシア

 ユーフォリア王女を乗せた馬車が、エルツベルムへ向けて走っていた。
 エイブラム王子の戴冠式に出席するためである。
 馬車には他にレノン家当主であるウォーレスも同乗している。

 シルヴィヤンカは同行していない。
 ナイトアカデミーの学長はユーフォリア王女の叔父であるジェイムス・レノンであるため、
 彼や彼を慕う生徒が戴冠式で変な気を起こさないよう、ナイトアカデミーから移送されている。
 彼女はそういったナイトアカデミーの生徒を助けるため、別行動を取っている。

「ウォーレス」
「何か?」

 窓の外を見ていたユーフォリア王女は、合い向かいに座るウォーレスに声を掛けた。

「シルヴィヤンカが話してくれた、2人の王女だが、わたしとエイブラムもあのようになると思うか?」
「それはユーフォリア、お前自身が決めることだ。お前は聡明で物事の本質を見抜く力を持っている。多くの者の声に耳を傾け、自分で答えを出せ。2人の王女もそうして、それぞれが出した答えの一つだと、儂は思っている」
「わたし自身が決める事……」

 8歳の少女には荷が重いかもしれない。
 しかし、生まれ持った血筋は本人の意思とは関係なく、否が応でも運命への荒波へと飲み込んでゆく。
 ユーフォリアは今、まさにその岐路に立っているのだった。


■目次■

プロローグ・目次

【1】戴冠式に参列する
1.王とは何か
2.それぞれの人物像
3.ユーフォリアの思い

【2】護送隊に陽動を仕掛ける
1.禍乱への牽制
2.アンキレー傭兵隊
3.プラハーダ傭兵団

【3】ナイトアカデミーの生徒を救出する
1.移送される生徒たち
2.初仕事
3.騎士の卵の矜持
4.更なる奇襲
5.騎士団と傭兵団(1)
6.騎士団と傭兵団(2)

エピローグ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  Next Last