クリエイティブRPG

ヘルムート王国

【学び舎】ビギナーズトレーニング!

リアクション公開中!

【学び舎】ビギナーズトレーニング!
【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
リアクション
First Prev  1 | 2 | 3  Next Last


冒険者予備校の訓練――魔導人形の討伐


 討伐隊の三人は、薄暗い森の中を進んでいた。
 先頭に立ち、魔導人形の気配を探るのは先輩である幾嶋 衛司――エージの役目だった。
 
 エージは感知の杖で周囲の魔力反応を読み取り、初級探知で索敵を行う。
 その後ろに続くのは、血気盛んなラインハルト・モリソンと、少し気の張った二ノ宮 初花だ。

「――いたよ。まだこちらには気付いていない……」

 魔力を感知したエージは、魔法知識でそれが魔導人形と判断。
 目視も合わせ、人形の位置を二人に伝える。

 二人もエージの指示する方を見やれば、木々の間で子熊の姿がちらちらと見えた。

(訓練、だし、精いっぱい頑張る。
 魔闘士らしい戦い、みたいなのが、出来たらいいな、)

 二ノ宮が臨戦態勢に入る。
 子熊の動きに注視して走り出し、瞬砕で目標を殴り飛ばした。
 飛ばされた子熊と討伐隊の出現に、他の人形も一斉に二ノ宮を標的にする。
 そこへラインハルトが、俺が蹴散らしてやるぜ! と威勢よく乱入し、
 二ノ宮に向かっていた人形の背後を取ると、飛連脚による連撃を繰り出した。
 
 次々と殴り飛ばされる子熊たちは、一旦二人から距離を取りこちらの様子を伺う。
 しかし、二ノ宮の烈風脚によりその間合いも無意味となり、こうなればやぶれかぶれとばかりに子熊たちは集団で突撃したきた。
 
 二ノ宮はその突撃を流身で受け流す。
 同時にエージのフリーズアローによる援護が入り、その間に体勢を整えた二ノ宮は爆裂の構えに入った。
 
 エージの援護で出来た隙を逃さず二ノ宮が爆裂を食らわせれば、打撃の衝撃と内部に流入した魔力で人形は砕け散ってしまった。
 
 一旦魔導人形たちから引いた二人に、エージはポイントバイタリティを施す。
 細かな傷は瞬く間に修復され、脚部に施したことにより二人の脚力が活性化される。
 
 そのままの勢いで、前衛・後衛・援護と連携を取った三人は、難なくすべての魔導人形を倒しきることができたのだった。



First Prev  1 | 2 | 3  Next Last