クリエイティブRPG

全世界のゲームでアイを配るおぢさん

リアクション公開中!

 128

全世界のゲームでアイを配るおぢさん
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:KODC
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2022年03月24日公開!

シナリオガイド

KODC完結編!すべてのゲームを救うカギは……パパ活!?

シナリオ名:全世界のゲームでアイを配るおぢさん / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



――閉じられたゲームの世界KODC(コドク)


KODCのサバイバーとRWOの冒険者たちは、
その支配者である渾沌王の影武者を倒し
混沌王によって仕組まれた隔離措置からアクアマリンたちを救い出すことに成功しました。

しかしそのすぐ後、アクアマリンたちの目の前に本物の渾沌王が出現。
インカネーションレートが5000に達したおじさんニコルを「受肉戦」へといざない
二人をどこかへ連れ去ってしまったのでした。

そして。





――KODC、クランズオアシス

「なんだこのプレゼントの量は……!?」

突如自分宛てに送られて来た大量のレアアイテムを見て、アクアマリンは驚きを露わにしています。
一緒にいたツバキオニキスにも、同じように誰かからレアアイテムがプレゼントされていました。

「最近噂になってるやつだよね、アイ配りおじさんとかっていう……」

「“アイ配りおじさん?”」

ネーミングセンスの微妙さを感じながら、アクアマリンが
アイテムについていたメッセージを開封します。

差出人は不明ながら、その本文には――

『おじさんからの、アイ(テム)を、うけとってネ😘』

と書かれていました。

「おじさんだと……!?」

雷に打たれたように硬直するアクアマリン。

『おじさん』という言葉はあまりにも一般的なため誰も気づいていませんが、
女の子にお小遣いやアイテムをあげていて、この口調の“おじさん”という人物に
アクアマリンは心当たりがあったのです。

「あのおじさんの仕業なのか?
 というか、そうだとしても一体どうやってこんなに大量のアイテムを……」

と不思議に思っていた矢先、アクアマリンのもとに一通のメールが届きました。
RWOとワールドホライゾンを経由して異世界から送られているそのメールの発信者は、
TRIALのリサ・グッドマンです。

『やほーマリナ元気してる?

 今、ロディニアとかナゴヤのゲームで
 お金やらレアアイテムがばら撒かれてるんだけど、
 元をたどると、KODCから来てるっぽくてさー。

 別に死にはしないし、サクサク進めるのはありがたいけど
 ゲームとしては味気ないでしょ?
 だからやっぱり、止められるなら止めたいんだよね。

 ってわけで、もし心当たりがあるならお姉さんに連絡してねー。
 よろしく!』

一緒にメールを見ていたツバキが息をのみます。

「これってつまり……他の世界のゲームでも、アイ配りおじさんが出てるってこと……?」

「そういうことだな。それもひとつやふたつじゃない。
 おじさんはおそらく、全世界のあらゆるゲームに介入している

険しい顔でそうつぶやくアクアマリン。
リサからのメールは、おじさんのプレゼントによって
全世界のゲームからバランスが失われ、ヌルゲーと化してしまうことを示唆していました。

(いや、それだけではない。
 多元世界の無数のゲームへの強制ハックとアイテム配布……
 そんなことを実現できるほどのエネルギーが、無から湧いてくるとは思えない。
 
 まさか、世界そのものを力に変換しているのか?)

「……このままでは、シャドーステートが消えるかもしれない」

「おじさんのプレゼントで!?」

アクアマリンが口にした懸念に、オニキスがぎょっとしたその直後。
クランズオアシスにいた全員が光に包まれ、バトルフィールドへ強制転送されたのです!

そして、アクアマリンたちが飛ばされた先にいたのは――

「「「「「こんにちわ~😁 おじさんは、おじさんだヨ😁」」」」」

「全員まとめてお姉さんが可愛がってあげる~~!!」

無数のおじさんと老女化したニコルでした。

おじさんは増えるたびにどこか――おそらくは異世界のゲームに転移し、
ニコルは逆に異世界からゲームキャラを攫っているようです。

「明らかに影の力が暴走している……!
 受肉戦はやはり、渾沌王のでっちあげだったか!」

状況が飲み込めないながらも、アクアマリンは
特異者としての経験から『これは援護が必要だ』と判断して
ワールドホライゾンに協力を求めます。

ツバキやオニキスも直感していました。
二人を止めなければ、シャドーステートは消滅してしまうという事実を。





――シャドーステート、渾沌王の城。

その大広間ではモモが、
シャドーステートの支配者渾沌王に銃口を向け、対峙していました。

「リアル凸とは考えもしていなかった:O」

「私もできればしたくなかった。
 でもKODCが、この世界が崩壊しかけてる。

 これがあんたの目的なの?
 みんなをゲームで戦わせて、そのあげく消滅させることが」

モモの問いかけを、渾沌王はサムダウン(親指を下げる)のエモーティコンで否定しました。

「いや、まったく予想していなかった。
 『彼』との計画にも含まれていないことだ。実に面白い:D
 
 本来は影の呪いを極大化したインカネーターを使って
 他の世界からエネルギーを吸収するはずだった」

KODC――キング・オブ・デザートクランというゲームは、
シャドーステートの人々を争わせ、呪いを強めるシステムとして機能していました。
渾沌王はそうして、インカネーターという怪物を生み出していたのです。

おじさんとニコルの本体、リリーベルとニコラスをさらった
渾沌王の目的は、彼らを含むインカネーターたちを利用して
他の世界からエネルギーを吸い上げることにありました。

しかしおじさんとニコルによってもたらされたのは
ここシャドーステートのエネルギーを他の世界へ放出するという
真逆の結果だったのです。

だというのに、渾沌王は全く動じている様子はありません。
むしろ楽しそうにすら見えます。

「もはやここにはネタバレは存在しない。
 未来も結果も想像できない。
 実に素晴らしいことだ:)」

「何言ってんの……」

渾沌王の理解しがたい思考に、モモは顔をしかめます。

パパ活がしたいリアル美影女JKと、おねショタのおね側になりたいショタが世界を滅ぼすのだぞ?
 そのようなこと、誰にも想像できまい? 実におかしかろう:D
 
 それで世界が消えるというなら、余は望むところだ;p

「……あんたみたいなふざけた奴にに相棒が殺されたって考えたら、腹立ってきた。
 おじさんとニコルを解放するだけのつもりだったけど、やっぱり一回シメないと気が済まない



こうして。
KODCで最も困難な戦いが幕を開けました。

モモとアクアマリン、そしてサバイバーたちは
渾沌王を破り、おじさんたちを止めて
シャドーステートと全世界のゲームを守ることができるのでしょうか――!?

担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

KODC(コドク)編最終回となるトリガーシナリオ
『全世界のゲームでアイを配るおぢさん』をお送りします。

関連クエストとして、ただいま

「女の子ボーナス」

が公開されております。
シナリオへの理解がより深まる内容となっておりますので、
ぜひチェックしてみてくださいね!

また本シナリオには、前回「カゲノケンカ」にご参加いただいた皆様に
招待を出させていただいております。
ぜひ奮ってご参加ください!
※参加費はお客様のご負担となります。

■シナリオ参加報酬について
本シナリオで全体が成功した場合、基本受肉レートがプラスされます。
またシナリオ参加アカウントごとに1つ、「インカネーションタグ」が課題でプレゼントされます。
※課題での獲得は2月17日(金)中に可能となります。

さらにシナリオ内で活躍したキャラクターには
リアクション公開後、追加でプレゼントされる場合があります!
本シナリオではチーム(グループアクション)でご参加の場合、チーム全体に付与が行われます。

各キャラクターのインカネーションレートや、交換可能なアイテムについての詳細はコチラをご確認いただけます!
インカネーションタグと交換可能なアイテムも2月18日(金)中に追加予定!
お楽しみに!

【2022年2月21日(月)追記】
2022年2月18日(金)基準人数に達しましたが、配布がアクション締切日となってしまうため
今回は特別に、このシナリオのリアクション公開の翌日を基準日とさせて頂きます。

また、基準日までに5000に達した全員の方を、

・KDOCのアフターシナリオ(仮)に招待&特別なパートをご用意

させて頂きますのでお楽しみに!



■基本的な情報
KODCで起こっていた、女子キャラが突然レア装備を持ち出す現象。
それは、前回の脱出撃でインカネーションレートが5000に達したおじさん
「パパ活」と称して全世界のゲームでレアアイテムをプレゼントしまくっていたのが原因でした。

また同時にレート5000に到達したニコルも、騒ぎにこそなっていないものの
異世界のゲームからキャラクターをさらってきているようです。

ふたりはKODCだけでなく、RWOをはじめとした全世界のあらゆるゲームに影響を及ぼしていますが
そのエネルギー源はシャドーステートそのものであり、このまま暴走が続くと
シャドーステートそのものが消滅してしまうでしょう。
事態を止めるため、アクアマリンはサバイバーたちに広く協力を求めています。

おじさんとニコルをさらい、暴走させた元凶は、シャドーステートの支配者渾沌王
彼は何者かと結託してKODCを運営し、インカネーター(受肉者)を増やし、
影の呪いによって他の世界からエネルギーを吸いとるという計画を立てていました。
しかし今、シャドーステートのエネルギーは失われており、当初の計画とはまったく真逆の状態となっています。

ですが、渾沌王はその思い通りにならない状況を楽しんでおり
おじさんたちを止める気はさらさらありません。

そのふざけた態度にキレたモモは、相棒の仇である渾沌王に
大和塾リーダーとしてヤキを入れることにしたのでした。

◆今回のマッチ形式について
パート【1】【2】の舞台は、基本的には定例マッチと同じ
砂漠や廃墟、砦を舞台としたフィールドです。
しかし、今は空中に影のワイヤーが張り巡らされているため動きにくくなっています。
その上に乗ったり、避けたりしながら戦うことが求められますが
もっとも高い位置で2~3メートル程度のため、滑空・飛行などで高度を取れば影響を軽減できるでしょう。


【1】おじさんにパパ活してゲームのバランスを取り戻す 難易度:6
リリーベル・ツバキオオジ――おじさんは全世界のあらゆるゲームに出現し、
女の子キャラクターに高価なアイテムやお金をプレゼントしています。
命に関わるような凶行ではありませんが、放っておけばすべてのゲームがヌルゲーと化すうえ
シャドーステートそのものが消滅する危険もあります。

二丁拳銃やピコピコハンマー、魔法のステッキ(近接武器)など、
様々な武装のおじさんが出現しています。

ゲームのバランスを守り、シャドーステートを救うには
おじさんのプレゼント行為をKODCの中で完結させる……
つまりおじさんにここでパパ活を仕掛け、プレゼントをしまくってもらう必要があるのです!

おじさんは影の呪いによって無数に増殖しており、今も増え続けていますが
女の子(自称もOK)が可愛くおじさんと戦ってあげると幸せになり、プレゼントを送ってくれるようです。
(プレゼント自体はKODCを保つエネルギーに昇華されます)

注目を集めることでこのバトルフィールドにおじさんを集め、
異世界のゲームからおじさんを撤退させれば、このパートは成功となります。

【2022年2月18日13:00 追記】
おじさんはRWOなど、他の世界のゲームにも拡散しています。
アナログ、デジタルを問わず、ひとり用ゲームであってもお構いなしです!

それぞれの世界に対応したアバターでゲームの中へ入り、同様の対処を行って
もらったレアアイテムをKODCへ還元することでも
エネルギーの流出を止めることが可能となるでしょう。

しかしおじさんの実力はレート5000、つまりインカネーター並です。
もちろん手加減してくれますが、うっかりクリティカルダメージが出ることもあるため
備えはしておいた方がよいでしょう。

なお、オニキスは素の振る舞いでおじさんに好かれたらしく
普通に戦っているだけで少しずつプレゼントが振ってきています。
また偶然巻き込まれたほえみはのんびりおじさんと釣りをしています。

※このパートにはおじさん(無数)、オニキス、ほえみが登場します。


【2】ニコルばあさんを止める 難易度:9
「年下の男の子が好き」というのがニコルの性癖、すなわち力の源です。
それは裏を返せば自分の年齢が高いほど対象が広がり、強くなることを意味していました。

渾沌王によって受肉直前の状態で暴走し、見た目年齢がぐんと上がって
ニコルばあさんとなったニコルは、だいたい全ての男の子が年下に見えるため
あらゆる状況で影の力を全開で使用することが可能です。
そのため、ニコルばあさんは現在KODCのサバイバーで最強に位置するのではないかと言われています。

しかし、それは蛇口を開けっぱなしにしているのと同じであり
源であるシャドーステート自体を消耗しつづけている状態であるため
一刻も早く止めなければ、シャドーステートが消滅してしまうでしょう。

ニコルばあさんは銃剣付きアサルトライフルやグレネードなどの白兵戦装備に加え
高い追尾性を誇るミサイルランチャーを装備しています。
影の力を身体能力の強化に使っているほか、弾として装填することで
常にリロードし続けている状態になっています。

また、無数のおじさんから適宜盾をもぎ取ったり回復アイテムをパスしてもらうことで
アサルトの耐久力の低さをカバーしているため
そちらについても対策を講じる必要があるでしょう。

アクアマリンはKODCに最適化されたヘカトンケイルシステムで応戦し、
ツバキはガードとして支援を主とした立ち回りをするようです。

このパートにはニコルばあさん、アクアマリン、ツバキが登場します。


【3】渾沌王を倒す 難易度:8
KODCを運営し、インカネーターをRWOに差し向けていた渾沌王
その目的は、影の呪いを利用して異世界からエネルギーを吸い上げ、
世界そのものをシャドーステートに吸収することにありました。

しかしその計画は今や真逆の結果となっており、シャドーステートは消滅の危機に瀕しています。
にもかかわらず、渾沌王は「何が起こるかわからない、素晴らしいな:)」と
この状況を楽しんでいるらしく、おじさんとニコルの暴走をさらに加速させようと企んでいます。

リリーベル(おじさん)とニコラス(ニコル)の本体は、受肉のため、城のどこかに囚われています。
ふたりの居場所を突き止め、シャドーステートの消滅を阻止するには
渾沌王のリアルボディを破壊し影の力を使えなくするほかありません!

モモは相棒ロリィの仇でもある渾沌王をぶちのめして止めるため、
「渾沌王をとっちめる仲間募集」とサバイバーたちに呼びかけています。

渾沌王は現在、城の大広間でモモと戦っています。

彼は影武者のKONと同様、狙撃から白兵戦まで対応できる大型の弓を持ち、
影の呪いの力によって空を飛ぶことが可能です。
通常の矢のほか、装甲や防壁を破壊する徹甲矢を放ってきます。

それらの力をKON以上に使いこなしているのもさることながら
決定的に異なるのは、渾沌王の自己強化の余波で
周囲にいると影の力が強まるということです。
影の力を使った技が強化されますが、反動でダメージを受ける可能性もあるため注意が必要です。

インカネーションレートが高いほどこの影響は大きく、
特に4000以上のフィギュア帯は強化の幅が顕著になるようです。

また、渾沌王は支配者といってもベータ版KODCのプレイヤーに過ぎず
その背後にはKODCを開発し、シャドーステートを生み出した存在がいると考えられます。

※このパートには渾沌王、モモが登場します。

それでは皆様のご参加、アクションをお待ちしております!

【2022年2月18日13:00 追記】
【1】パートにKODC以外の世界でも参加可能な旨の追記を行いました。
【2022年2月21日13:30 追記】
インカネーションレート5000の到達プレゼントについて追記を行いました。

【2022年3月7日11:00 追記】
リアクション公開予定日を『2022年3月24日』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】おじさんにパパ活してゲームのバランスを取り戻す 難易度:6 【現在のMC参加人数:10】

6

【2】ニコルばあさんを止める 【現在のMC参加人数:15】

9

【3】渾沌王を倒す 【現在のMC参加人数:13】

8