クリエイティブRPG

イマジナリィセイヴァーズ・アフター

リアクション公開中!

 94

イマジナリィセイヴァーズ・アフター
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:ロディニア
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:50ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2021年05月31日公開!

シナリオガイド

束の間の平和が訪れたカディヤックヒル。“次の一手”をどう打つ?

シナリオ名:イマジナリィセイヴァーズ・アフター / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



“ヴィラン(悪)”が人々を裏で支配するロディニア
それはここカディヤックヒルでも変わらない。
悪事を働くヴィランの中心である“異邦人(エトランジェ)”に成す術を持たなかった人々だが、
勇気を力に変換する“ブレイブコンバーター”の開発によってヴィランに太刀打ちできる力を手に入れた!
“セイヴァー(救世主)”が勇気を力に変えてヴィランを打ち破る想像(イマジン)の世界となったのである!

■□■


 ――カディヤックヒル、アンダープレート、イマジンレガリア本拠地

 司祭セレナによる『贖罪の神ギルティアス』の降臨の儀式から一カ月が経ちました。
 戦いの傷跡はカディヤックヒルのあちこちに残っているものの、人々は日常を取り戻しつつありました。
 一つには、建築の才女、元三神官ホルミスがイマジンレガリアに加わったことが大きいと言えます。今までマッドサイエンティスト・エジソンが担っていたインフラ整備を、彼に代わって元三神官ホルミスが行えるからです。
 昨日はアンダープレート、今日はファクトリー、明日はブレイン、と三面六臂の活躍を見せています。
 もう一つには、フェアリークイーン・カリーミアが元に戻ったことが挙げられます。善の心を奪われて、ギルティアス教国に与していたため、子供たちである妖精もギルティアス教国に隷属していましたが、フェアリークイーン・カリーミアが本来の心を取り戻したため、妖精たちもギルティアス教国に従う必要が無くなったからです。
 元々人間が大好きな彼らは、おとぎ話や神話で語られているように、積極的に人間の手伝いをしてくれます。元三神官ホルミスを手助けして、インフラ整備が急ピッチで進んでいるのは彼らのお陰といえるでしょう。

 一方で、カディヤックヒルの信者を生贄にしたギルティアス教国・カディヤックヒル支部ですが、意外なことに信者の数はまだ1/3以上残っていました。
 セイヴァーたちの活躍で贖罪の神ギルティアスが邪神であることが分かり、信仰を失ったり、生贄にされるのを恐れて抜けたりしたのが大半です。
 ですが、マッドサイエンティスト・エジソンが倒されたとはいえ、サイボーグたちの脅威が去ったわけではありません。また、デーモン同士の派閥争いも続いており、加えてオルグキングは相変わらずミュータントたちに好き勝手させているので、ヴィランの脅威が完全になくなったわけではないのです。
 更に言うならば、三神官ラルヴァンダードは、元三神官ホルミスや三神官グシュナサフと比べても、司祭セレナ並みのカリスマを持っており、彼のカリスマに惹かれて留まっている信者も少なくないようです。

 何より、ギルティアス教国には、ギルティアスバニッシュによって塩像に変えられたエウリュー・アトリーが囚われており、長官光牙 影路郎も手出しができない状況にありました。

「影路郎、時にはキツイ決断をするのも長官の務めよ」
「分かっている。しかし、仲間を見捨てた私たちに、人々が期待してくれると思うかね?」

 プロフェッサー・ソルフォードはエウリューを“見捨てる”決断を影路郎に迫ります。
 長たる者、時には非常な決断をする必要があるからです。
 しかし、そうすることによって人々の心が離れてしまうことを、影路郎は恐れていました。

「近々、三神官ラルヴァンダードと交渉する予定だ。その時、エウリュー君の引き渡しを打診する」
「……デーモンプリンセス・ニムフと引き換えに、と来ていた奴ね」
「……デーモンプリンセス・ニムフ君は了承している」

 その時、ブレインへ出撃していたヒュウガ・ウラベから連絡が入りました。

『光牙長官、プロフェッサー・ソルフォード、新手です!』
「新手、だと!?」

 モニターに映るヒュウガの後ろでは、官庁ビルの一つが轟音と共に横にスライドし倒れていく様子が映っていました。
 不気味なことにその断面は、一刀両断したかのように綺麗でした。

「あれは……竜人(タラスクス)!?」

 そこには戦斧を担いだ少女の姿がありました。
 普段は取り乱すことのないプロフェッサー・ソルフォードが、目を見開いて驚いていました。

「元三神官ホルミスが言っていた、件の贖罪の神ギルティアスの協力者か!?」
「ええ……おそらく三神官ラルヴァンダードが本国から呼び寄せたのでしょうね……事前にある程度用意はしていたけれど、他の世界のドラゴンはともかく、タラスクスはオルグキング並みに強敵よ」

 噂をすれば影が差す、とばかりに、そこへ当のオルグキング本人が現れました。

『貴様が噂に聞くタラスクスか。儂を楽しませることができるかな?』
『我が名は那由他、楽しませるどころか冥土へ送ってやれるが、この辺り一帯が焦土と化すぞ?』
『冥土へか……吼えるではないか! 構わんぞ! ならば送ってみせよ!』
『二人ともやめてください!』
『小童、貴様が儂を楽しませてみせろ!』

 ニヤリと笑ってグレイブを構えるオルグキングに、那由他も戦斧を構えて答えます。
 しかし、ここで二人が戦えば、カディヤックヒルの都市機能はマヒしかねません。ヒュウガもまた、得物を構えて二人を止めようとしていました。


 束の間の平和が訪れたカディヤックヒル。
 だからこそ、これからに備えて“次の一手”を打つ必要があります。
 みなさんはどんな一手を打つでしょうか?
担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

ロディニアのトリガーシナリオ
『イマジナリィセイヴァーズ・アフター』をお届けします。

本シナリオはグランドシナリオ『イマジナリィセイヴァーズ~完結編~』の後の話となります。
最低限の情報は本ガイドに書かれておりますが、上記シナリオやトリガークエスト「イマジナリィセイヴァーズ」1~17話をご覧頂ければ幸いです。

また、4月20日には関連クエストがリリース予定です。お楽しみに!


■シナリオの参加報酬について
本シナリオに参加されると、
課題よりファン数を上げるアイテム「ブレイブスペクトル」が2個手に入ります。
※課題は4/16中に実装予定です。

さらにシナリオ内で活躍したキャラクターにはリアクション公開後、
追加で「ブレイブスペクトル」がプレゼントされる場合があります。
ただし、各パートには「成功」と「失敗」があり、失敗したパートに参加されたPCには
追加のブレイブスペクトルの配布はございませんのでご注意ください。

ファン数の詳細は、ロディニアのワールドガイド「ファン(=サポーター)」をご覧ください。


●本シナリオについて
本シナリオは、ロディニアの通常のパブリックシナリオと異なり、

【1】調査パート
【2】雑魚戦
【3】ボス戦

分かれていません
ただし、難易度が低いパートは、戦闘は発生しません。
アクションに自信がない方や戦闘を好まない方は、難易度が低いパートへの参加をお勧めします。

また、今後のカディヤックヒルの展開に影響を及ぼすパートがあります。
ぜひ皆さんのアクションで成功へと導いて下さい。


なお、全パートにNPC光牙影路郎とプロフェッサー・ソルフォードが登場する場合があります。

【1】インフラ整備を手伝う 難易度:2

贖罪の神ギルティアスとの戦いで、カディヤックヒルのインフラは多大なダメージを受けてしまい、
人々の日常生活に支障をきたしています。
影路郎は、元三神官ホルミスを中心にイマジンレガリアのセイヴァーたちを動員してインフラ整備を行っています。

こう見えてカディヤックヒルは広大で、特に人々の足となる「ハイパーループ(真空チューブ列車)」が動かないと、
人々は各地域から出るのが難しくなります。
また、都市内で使用される全ての工場製品が生産される「ファクトリー」が稼働しないと食料が行き渡らなくなりますし、
「アンダープレート」「プラチナプレート」の人々の住居の修繕も必要です。

更に、フェアリークイーン・カリーミアが元に戻ったことで、
ギルティアス教国の信者を生み出すために利用されていた「ユートピア」にある遊園地や映画館の改修も行われています。

皆さんもインフラの整備にご協力ください。

また、リベリカ・トゥーバやSisterSXIIは路上ライブを行い、人々を元気づけています。
一方、ダイモン・アサクラは重傷を負っており、「アンダープレート」にあるイマジンレガリアの療養所で療養中です。

カディヤックヒルのインフラの回復具合や人々の気力の回復具合が、今後のロディニアのシナリオへ影響を与えます。

こちらのパートでは、

フェアリークイーン・カリーミア、妖精の戦士ソーシャ
桜月 奏、レイ・シェフィールド
リベリカ・トゥーバ、SisterSXII
ハーヴェスト(コアラインファントリー)、アミー・竹ノ内
ダイモン・アサクラ
パッション☆エーデル

が登場する場合があります。


【2】ギルティアス教国との交渉に同行する 難易度:8

光牙影路郎は、現在のギルティアス教国・カディヤックヒル支部の最高責任者である
三神官ラルヴァンダードとの交渉に臨みます。

影路郎は囚われているエウリュー・アトリーの引き渡しを要求し、
三神官ラルヴァンダードは代わりにデーモンプリンセス・ニムフの引き渡しを要請しています。
ギルティアス教国にはデーモンプリンセス・ニムフやプティデーモン・マーニから離反したデーモンが付いており、
デーモンプリンセス・ニムフを手に入れることで、
デーモンプリンセス・ニムフ側のデーモンや日和見の中立デーモンを取り込む狙いがあります。

全盛期の時に比べて信者数は1/3になったとはいえ、未だに数百万人の信者を有しており、
アコライトやテンプル騎士を抱えているギルティアス教国の牙城を少しでも崩すには、
カディヤックヒルの民意は欠かせないと影路郎は考えており、この条件を呑むつもりでいます。

皆さんはこの交渉に同行できます。
必要に応じて条件を加えたり、別の条件を提示することも可能です。

また、ギルティアス教国のアコライトPCは、
この交渉の場でギルティアス教国からの離脱を行うことができます。

こちらのパートには、プティデーモン・マーニ、ミハル・ウラベが登場する場合があります。


【3】オルグキングと那由他の戦いを止める 難易度10

三神官ラルヴァンダードは、二人の三神官と司祭セレナの抜けた穴を埋めるために、
ギルティアス教国本国から竜人(タラスクス)の那由他を招聘しました。

タラスクスは贖罪の神ギルティアスに協力しているヴィランであり、
ドラゴンの破壊力と防御力、そして機動性などを有した種族と言われています。
巨大なビルを一薙ぎで一刀両断していることから、その実力が伺えます。

オルグキングは那由他の実力を測ろうと、「ブレイン」で周りの被害などお構いなく戦い始めてしまいました。
オルグキングが那由他を気に入れば、場合によってはギルティアス教国側についてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、二人の戦いを止める必要がありますが、
二人とも一騎当千であるため、止めるのは容易ではありません。

ただ、元三神官ホルミスとプロフェッサー・ソルフォードはタラスクスの招請を予見しており、
竜退治に必要な武具などを作成しています。
それらがあれば難易度は下がるでしょう。

こちらのパートには、ヒュウガ・ウラベ、ファンレイ、メカポリスニャンが登場する場合があります。


■ヴィランの動向を調査せよ!について
ヴィランの動向を調査せよ!につきましては、
グランドシナリオまでの受付とさせていただいております。
グランドシナリオで投稿された内容は、本シナリオ後に採用される場合があります。


■ギルティアス教国のアコライトPCについて
ギルティアス教国の離脱する場合、【2】パートにて表明をお願いいたします。
表明した場合、

称号「ギルティアス教国アコライト」
スキル「ギルティアスバニッシュ」
アイテム「【GC】プラズマソード」

これらは失われますのでご了承ください。

また、本シナリオに参加しなかった場合もギルティアス教国から離脱したことになります。


■死亡(アバター死亡)判定
本シナリオでは、難易度を鑑みず無茶な行動をしたとき、勝てない敵と戦ったときなど、
セイヴァーが死亡するケースがあります。
システム上では一定期間死亡時のアバターにチェンジできなくなります。
ただ、アバターが死亡したことで別のアバターで再度参加したとしても、
過去の功績などが消えることはありません。
死亡の場合は「死んだと思っていたが、実は生きていた」扱いとなります。


それでは、皆様のご参加をお待ちしております。


【2021年5月24日13:00 変更】
リアクション公開予定日を『2021年5月31日』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。
【2021年4月22日15:30追記】
【1】パートに NPCパッション☆エーデル について追記を行いました。

【1】インフラ整備を手伝う

2

【2】ギルティアス教国との交渉に同行する

8

【3】オルグキングと那由他の戦いを止める

10