クリエイティブRPG

猛者の集う場所

リアクション公開中!

 0

猛者の集う場所
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:ロディニア
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:50ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年11月26日公開!

シナリオガイド

強者を集めるガネーシャサージェント! その真の目的とは……。

シナリオ名:猛者の集う場所 / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



“ヴィラン(悪)”が人々を裏で支配するロディニア
それはここカディヤックヒルでも変わらない。
悪事を働くヴィランの中心である“異邦人(エトランジェ)”に成す術を持たなかった人々だが、
勇気を力に変換する“ブレイブコンバーター”の開発によってヴィランに太刀打ちできる力を手に入れた!
“セイヴァー(救世主)”が勇気を力に変えてヴィランを打ち破る想像(イマジン)の世界となったのである!

■ □ ■


 ――カディヤックヒル 闘技場地下

ガネーシャサージェント様、次回の作戦の決行地点が決定しました」

人間に比べ遥かに巨大なミュータントが、更に目線を上げ、そう恭しく報告しました。
その目には尊敬や畏敬の念ではなく、畏怖や恐怖の色が多く映っています。

「……ご苦労さまです。では、すぐに決行してください。
 今回も多くの人間を攫ってきてくださいね? それがオルグキング様の為になるのですから」

「承知しました。
 ……しかし、いったいなぜ人間を攫うのでしょうか……労働力にするでもなく
 ただ捕らえておくだけというのもわかりませんし……」

ガネーシャサージェントと呼ばれた巨漢のミュータントは、笑みを浮かべると、
ゆっくりと立ち上がります。

「ほう……私の命令に疑問を持つのですか……?」

巨大なハルバードを持つ上司の姿に、部下のミュータントは表情をこわばらせます。

「ひぃぃぃぃぃ!? いえ! そんなことは……!!
 ぶ、武器をお収めくださいガネーシャサー……」

しかし、その願いは聞き入られることなく、
ミュータントの体はあっさりと真っ二つに切り裂かれるのでした。

「オルグキング様は強者を求めていらっしゃるのですよ。
 攫った者同士を戦わせて強者が生まれればよし。
 いなかったとしても、助けに来た者の中にいれば問題ないのです……」

■ □ ■


 ――カディヤックヒル アンダープレート

「ここがカデヤックヒルか……興奮するねぇ!!」
「興奮する? 何かあったのか狂介」

調査の名目でカデヤックヒルを訪れていた椚 狂介(くぬぎ きょうすけ)フリーデンは、
アンダープレートを練り歩いていました。

「それにしてもなんで僕たちがこんな探索途中の世界に送られたんだろうねぇ……」
「……指令を受けたからには全力で遂行する。それだけだ」

実際、狂介とフリーデンがカデヤックヒルに派遣されたのは、
先入観の無い第三者の意見が欲しいと判断したワールドホライゾンの市長紫藤 明夜の要請によるものでしたが、
彼女自身、この人選が正しかったのかは疑問に思うところもあるようで、
特異者たちにも声が掛けられています。

「それに、急に来たってそんな都合よく問題なんて……」
「見ろ狂介。あそこでミュータントがいるぞ」
「……あったねぇ」

フリーデンはミュータントを見かけた瞬間、すでにそちらへ向かって駆け出していました。
それを狂介は全身を使って必死に止めます。

「待て待て待て! ここは興奮するところじゃない。
 あいつら様子がおかしい。もう少し様子を見ようじゃないか」

現時点で数人のミュータントたちは特に何かをするわけでもなく、
ただただ街を跋扈しているだけです。
カディヤックヒルの人々に比べて一回りも二回りも巨漢なだけに、
ただ歩いているだけでも人々は道を譲り、出来るだけ関わらないようにしようとしています。

「…………しかたない。
 だが、何かあれば俺はいくぞ」

渋々了承した様子のフリーデンでしたが、手には武器を持ったまま、ミュータントを睨んでいます。

しばらく監視を続けていると、やがてミュータントたちはお互いを攻撃し始めました。
予想していなかった光景に、フリーデンでさえも一瞬驚きを隠せません。

強靭な肉体を持つミュータント同士が殴り合う、肉と肉がぶつかる音はあまりにも大きく、
遠くで様子を伺っている二人の元にも聞こえてきます。
飛び出そうとするフリーデンを何とか押さえつけながら、狂介が周囲をくまなく観察していると、
興奮したミュータントたちは、わざわざ遠巻きにその様子を見ていた人々の元へ行き、
物足りないとばかりに攻撃を始めたではありませんか!

「何か怪しいねぇ……ただ騒ぎを起こすだけが狙いじゃなさそうだ……
 市民が巻き込まれてしまった以上、フリーデンは撃退に回ってくれ」
「了解した」
「僕は周囲の様子を見てくる」

狂介は人ごみの中へ姿を消しました。
同時にフリーデンは駆け出していました。
殴り合うミュータント達の前に立ちはだかると、殴り合うその拳をいともたやすく受け止めます。

「なんだお前は」

突然現れたフリーデンに驚きながらも、ミュータントは淡々と口を開きました。

「俺の事はどうでもいい。
 お前たちの狙いは何だ。言わなければ倒す」

しかし聞く耳を持たないフリーデンは拳を構え、質問を投げかけます。

「なんでそんなことお前に言わなきゃならな……」
「フンッ!!!!」

そう口を開いたミュータントは最後まで話すことなくフリーデンの拳を受け
背後の壁まで吹き飛びました。

「「…………!」」

その様子を見た残りのミュータントは何かを小声で相談すると、
先程までの反抗的な態度を翻し、フリーデンへ笑顔を向けました。

「わかった。しかし、詳しい内容はボスしか知らないんだ。
 お前をボスの元へ案内しようと思うがそれでもいいか?」

「いいだろう。話せばわかるじゃないか」

そうしてフリーデンはミュータントと共に姿を消したのでした。


――一方狂介は……

「おいおい、これはまた……興奮するねぇ……」

人の少ない場所を選んで周囲の様子をうかがっていた狂介でしたが、
ミュータントに襲われていた市民が、
次々と鳥かごや虫かごのようなものの中に放り込まれていく光景を目の当たりにしていました。

(ミュータント同士の戦いは陽動、本来の目的はコッチって感じだね……
 倒してもいいけど、今は目的を掴むことの方が大切かな……)

「うわ!? 何をする、止めろ!」

台詞が棒読みの演技でしたが、
ミュータントたちは狂介も攫い、拠点へ帰っていくのでした。

(こいつらの拠点に着いたら、位置情報だけでもイマジンレガリアに共有しておかないとねぇ……
 虫かごで運ばれるというのも興奮するねぇ!!)


担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

新シリーズ『イマジナリィセイヴァーズ』のトリガーシナリオ
「猛者の集う場所」をお届けします。

■シナリオの参加報酬について
本シナリオに参加されると、リアクション公開後、
アイテム交換で特定のアイテムと交換することでファン数を上げる
「ブレイブスペクトル」が手に入ります。

さらにシナリオ内で活躍したキャラクターにはリアクション公開後、
「ブレイブスペクトル」が追加でプレゼントされる場合があります。

ファン数の詳細は10月中に公開予定となっております。今しばらくお待ち下さい。


●ロディニアのパブリックシナリオのアクションパートについて
ロディニアのパブリックシナリオのアクションパートは、

【1】調査パート
【2】雑魚戦
【3】ボス戦

に分かれます。

【1】は戦闘はほとんどなく、
【2】も戦闘の難易度は低めとなっています。

ただ、これらのパートの成功具合によって【3】パートの難易度が変動するのと、
上記した「シナリオ内での活躍」は各パートごとに判定されます。
アクションに自信がない方や戦闘を好まない方は、【1】【2】パートへの参加をお勧めします。


■基本的な状況

近頃、セイヴァーズがミュータントの引き起こした暴動を鎮圧に向かった後、
その周辺にいた市民が行方不明になる事件が多発しています。
これまでは暴動がまるで“何もなかったかのように収まっている”事や、
事態収拾後に行方不明となっているためあまり公になっていませんでしたが、
カディヤックヒルを訪れていたフリーデンと狂介が
ミュータントによる市民達の誘拐を目の当たりにした事で一気に事件性を帯びました。

また、同時にミュータントがカディヤックヒルの地下に頻繁に出入りしている姿も見受けられており、
何かを企てているのではないかとの疑いも上がってきています。

皆さんは市民誘拐事件の真相を明らかにすると共に、
地下にて行われている企てを探ってください!


【1】地下を調査する/市民を救出する 難易度:3

失踪した市民の中には、狂介をはじめとしたセイヴァーも含まれており、
辛うじて繋がった通信によって、
闘技場の地下に囚われていることが分かりました。
ミュータントたちは暴動の周囲にいた市民を無作為に誘拐していたのです。

本パートでは闘技場の地下に出入りしているミュータントの狙いを調査しつつ、
囚われている市民の救出を行います。

闘技場はローマにあるコロッセオのような建物で、
搬入口が地下に繋がっているようです。

ミュータントたちは誘拐した市民たちに手枷や足枷などは付けず、
複数の地下牢のような場所に分けて入れており、
搬入口や地下牢の入り口は必要最低限の見張りしかつけていません。

そのため、セイヴァーであれば、比較的容易に潜入したり、抜け出すことが可能なようです。

ただ、周辺にはミュータントが20~30体控えているようで、
見つかることと騒ぎが大きくなり、市民も危険にさらすこととなります。

また、地下牢がある地下施設には暗証番号によって開くドアが複数枚あります。
暗証番号はメインアバターがプロフェッサーで、
「ビフォーメンテナンス」と「≪分析≫」のスキルがあれば、分析可能なようです。
ただし、ドアは複数枚ありますが、1PCにつき1枚のドアしか解除できないようです。

市民を救出し、地下の調査を進めることで、
続編となるシナリオの内容に影響を及ぼすかもしれません!

本パートには狂介(マジカルキャスター/神話)が登場することがあります。


【2】暴動を防ぐ 難易度:4

プロフェッサー・ソルフォードは、これまでの暴動からパターンを分析し、
次回の暴動を起こすであろう場所が特定しました。

本パートでは、その場所へ予め控えておくことで、
暴動そのものの発生を防ぎます。

ミュータントの数はおおよそ5、60体程で、
いずれもヒートアクスやマシンガンで武装し、
エリミネーターやエグゼクターの20Lvまでのスキルを使用します。
また、生外れた耐久力と膂力は脅威となりえるでしょう。

予測された場所はビルの解体工事が行われている場所で、
戦闘には十分なスペースがあります。
また、廃材の影に身を隠すなど、戦闘手段にも応用することができるでしょう。

本パートでミュータントたちを倒すことができれば、
【3】パートの増援を食い止めることとなり、難易度が下がります。


【3】ガネーシャサージェントを倒す 難易度:6(→5)

【2】パートで戦闘が行われる場所地に、
オルグキング直属の部下であるガネーシャサージェントが控えています。

本パートは今回の事態を引き起こしたガネーシャサージェントを倒すことが目的となります。

ガネーシャサージェントは通常のミュータントよりもかなり巨大な体を持ち、
何者かから与えられた、強固な鎧を纏っています。
元々頑強な体を持つミュータントですが、全身を包む鎧によってその耐久力はさながら砦の様でしょう。

ガネーシャサージェントは巨大なハルバードで武装しており、中近距離の戦闘を行います。
また、小型の手斧や槍も持ち、鼻を使って投擲することで、遠距離攻撃もこなすようです。

何より、脳筋が多いミュータントの中にあって数少ない頭脳派であり、
プロフェッサーとマジカルキャスターの20Lvまでのスキルを使用します。
また、その目を見るとガネーシャサージェントを味方だと思ってしまい、
同士討ちを始める、という情報があります。

【2】パートでミュータントを撃ち漏らした場合は、途中で増援として登場します。
その場合は難易度は変わりません。

本パートにはフリーデンが登場することがあります。


■PCのスタート位置について
基本的にPCは、外からスタートします。

ですが、「あいさつ掲示板」に挨拶を書き込まれた際、
サイコロが振られますが、ゾロ目だった場合、

・【1】誘拐された市民の中に紛れていたとして参加

からスタートしても構いません。
※従来通り、外からスタートでも構いません。

また、ゾロ目でも「1・1」「6・6」だった場合、
ゾロ目のスタート位置に加え、

・【3】フリーデンと共にボスのもとへ案内された

として、スタートしても構いません。
※こちらも従来通り、外からスタートでも構いません。

いずれの場合も、【BC】装備を武装に装備していれば、変身は一瞬で行われますので、
失踪に巻き込まれていても装備に制限はございません。

サイコロの出目は、MC・LC共通になります。
MCがゾロ目を出した場合、LCも同じ場所からのスタートとなります。
ただし、フェローは外からのスタートとなりますので、場合によっては合流が困難になります。

ゾロ目を出したキャラクターが、ゾロ目でない他のキャラクターとGA(グループアクション)を組まれた場合、
他のキャラクターたちが合流するまでは単独での行動となります。
状況次第ではGAが成立しない可能性もございますので、ご理解の上GAを行ってください。

再度振り直した場合、出目に関係なく無効とさせていただきます。



それでは、皆様のご参加お待ちしております。


【2020年11月6日17:00 変更】
リアクション公開予定日を『2020年11月26日』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】地下を調査する/市民を救出する 【現在のMC参加人数:31】

3

【2】暴動を防ぐ 【現在のMC参加人数:43】

4

【3】ガネーシャサージェントを倒す 【現在のMC参加人数:24】

6