クリエイティブRPG

消える少年少女たち!

リアクション公開中!

消える少年少女たち!
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:ロディニア
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:50ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年11月18日公開!

シナリオガイド

「究極のサイボーグ」製造を目指す狂気の科学者のターゲットは……年端も行かない学生たちだった!

シナリオ名:消える少年少女たち! / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



“ヴィラン(悪)”が人々を裏で支配するロディニア
それはここカディヤックヒルでも変わらない。
悪事を働くヴィランの中心である“異邦人(エトランジェ)”に成す術を持たなかった人々だが、
勇気を力に変換する“ブレイブコンバーター”の開発によってヴィランに太刀打ちできる力を手に入れた!
“セイヴァー(救世主)”が勇気を力に変えてヴィランを打ち破る想像(イマジン)の世界となったのである!

■□■


 ――カディヤックヒル、??

「何故だ!? 何故、彼奴に造れて、我に造れんのだ!? 何のデータが足りんのだ!?」

 マッドサイエンティスト・エジソンは、自身の研究室で怒り狂っていました。
 彼の周囲には、その怒りの矛先を向けられたサイボーグたちの残骸が散乱しています。

 マッドサイエンティスト・エジソンが見ているのはセイヴァーズの動画です。
 ロディニアの兵器が効かない異邦人(エトランジェ)であるサイボーグを、セイヴァーズが倒しています。
 その手の甲や胸元には、水晶玉のように“ブレイブコンバーター”が輝いています。

「勇気を力に変えるだと!? そのような非科学的なものをどのように出力するというのだ!?」
「それが出来たからこそ、彼らはあなたが生み出したサイボーグを倒しているのですよ?」

 『コンサルタント』を名乗る男から、“ブレイブコンバーター”の仕組みについては聞いています。
 ですが、「勇気の力」や「想いの力」といった、目の見えないし、測定しようのない非科学的な要素をエネルギーの素材にすることを、マッドサイエンティスト・エジソンはできなかったのです。

「“氣”みたいなものですが……こればかりは感じてもらうしかないですからねぇ」

 『コンサルタント』はため息をつきます。
 「想いの力」については、人気ネットアイドル『カフェ・au・lait★time24』のデータを奪うことで研究しようとしています。
 残るは「勇気の力」です。
 ですが、『コンサルタント』が言うように、「科学」で理解しようとする彼には難しいかもしれません。

「我の目指す究極のサイボーグに足りないところはそこなのだ! どうすれば“氣”を感じられる!?」
「そうですねぇ……一般的には鍛えられた肉体や、若い肉体が“氣”を感じられますね」
「若い肉体か……サンプルは多い方が、サイボーグの素材にもなるな」

 『コンサルタント』の言葉に、マッドサイエンティスト・エジソンはニヤリと卑下た笑いを浮かべました。

■□■


 ――カディヤックヒル、アンダープレート、イマジンレガリア

「またですか!?」
『アア、マタダニャ』
「今月に入って5件、既に200名くらいが行方不明とはね……」

 イマジンレガリアの長官光牙 影路郎(こうが えいじろう)は、モニターに映る相手からの報告に驚きを隠せませんでした。
 モニターに映っているのはさんぜんねこですが、その身体の大半はメカに置き換えられています。
 マッドサイエンティスト・エジソンに捕まり、サイボーグ手術の実験台にされたさんぜんねこでした。
 元々「ねこのおまわりさん(ポリスニャン)」として市民に親しまれ、カディヤックヒルポリスに籍を置いていた彼は、マッドサイエンティスト・エジソンの支配下に置かれる寸前に辛くも脱出し、正気を保っています。
 そしてサイボーグに改造された結果、“ブレイブコンバーター”が反応してセイヴァーに目覚め、こうして『メカポリスニャン』としてイマジンレガリアの協力者となっています。

 彼が影路郎に報告したのは、今月に入って多発している『学生の失踪事件』でした。
 下は小学生から上は高校生まで、アンダープレート・プラチナプレートを問わず、登校時や下校時、課外活動時に忽然と姿を消してしまっているのです。
 既に200名近くが失踪しており、プロフェッサー・ソルフォードも心を痛めています。

『カディヤックヒルポリスモ捜査ハ続ケテイルガ、早クモ異邦人(エトランジェ)ノ仕業ト断定シ、捜査ヲ打チ切ル方向ダニャ』
「ううむ……確かにエトランジェの仕業であれば、カディヤックヒルポリスは手の出しようがないが……しかし、200名もの若い命をみすみす見過ごすわけにはいかん! 断じていかん!」
「長官、失踪箇所を見せてもらえるかしら?」

 エトランジェの仕業と分かれば、カディヤックヒルの人々ではどうすることもできず、捜査は近日中にも打ち切られると、メカポリスニャンは言います。
 しかし、エトランジェであっても対抗する術を持つ影路郎はそうはいきません。
 そんな彼に話し掛けるのは、テルスから“ブレイブコンバーター”の研究にやってきたエーデル・アバルトです。
 今の彼女はフリフリなパステルタッチの魔法少女の衣装を纏い、手にマジカルマッチロックを持っています。
 マジカルキャスター“パッション☆エーデル”となった彼女は御年25歳、ちょっと羞恥心が入っているようで、フリルをやたらと気にしています。

「なるほどね……」

 エーデルはメカポリスニャンから提供された、失踪が起こっているであろう場所とカディヤックヒルの地図を重ね合わせながら呟きました。

「一度に大人数を失踪させるには、『それなりのギミック』が必要になるわ」

 そう言って地図を指さします。
 そう、失踪したと思しき場所は幹線道路沿いであったり、ハイパーループ(真空チューブ鉄道)内であったりと、普通に考えれば失踪したら分かりそうな場所です。
 ですが、それらにはもう一つ共通点がありました。

「!? マッドサイエンティスト・エジソンが整備したインフラね!」
「その通りよ。失踪した人数に目が行きがちだけど、もっとシンプルに、こんなことができるのはインフラを整備した張本人、と考えるべきじゃないかしら?」
「確かに、先日のオーブントレインのように、マッドサイエンティスト・エジソンがインフラに仕込んでいた、と考えれば合点が行くな!」

 エーデルの着目点に、プロフェッサー・ソルフォードと影路郎は唸ります。

『シカシ、身内ヲ擁護スルツモリハナイガ、カディヤックヒルポリスモ現場の調査ハ行ッテイル。失踪ヲ裏付ケルヨウナギミックハ見ツカッテイナイ』
「普通に調べたらそうでしょうね……でも、調べる方法は他にもあるわ」
「エーデル君ありがとう! マッドサイエンティスト・エジソンが何を企んでいるかは分からないが、200名もの未来有望な若人の命は、セイヴァーに掛かっている! セイヴァーズ、出撃せよ!」

 影路郎は“ブレイブコンバーター”を通じてセイヴァーズに出動を要請したのでした。
担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

新シリーズ『イマジナリィセイヴァーズ』のトリガーシナリオ
「消える少年少女たち!」をお届けします。

■シナリオの参加報酬について
本シナリオに参加されると、リアクション公開後
ファン数を上げるアイテムが手に入ります。

さらにシナリオ内で活躍したキャラクターにはリアクション公開後、
通常より多くのファン数が獲得できるアイテムがプレゼントされる場合があります。
今回は加えて、活躍された方に「メカポリスニャン」が仲間に加わる場合もあります!(EXフェローとしてプレゼントいたします)

ファン数の詳細は来週公開予定となっております。今しばらくお待ち下さい。


●ロディニアのパブリックシナリオのアクションパートについて
ロディニアのパブリックシナリオのアクションパートは、

【1】調査パート
【2】雑魚戦
【3】ボス戦

に分かれます。

【1】は戦闘はほとんどなく、
【2】も戦闘の難易度は低めとなっています。

ただ、これらのパートの成功具合によって【3】パートの難易度が変動するのと、
上記した「シナリオ内での活躍」は各パートごとに判定されます。
アクションに自信がない方や戦闘を好まない方は、【1】【2】パートへの参加をお勧めします。


■基本的な状況

カディヤックヒルの各所で、学生の失踪が起こっていました。
アンダープレート、プラチナプレート問わず、
登校時や下校時、課外学習時などに一度に大量の学生が失踪し、その痕跡がないことから、
カディヤックヒルポリスはエトランジェの仕業と断定し、調査を打ち切ろうとしています。

ですが、テルスからやってきたマジカルキャスター、エーデル・アバルトの機転で、
マッドサイエンティスト・エジソンが自身が整備したインフラを利用して、
学生たちを攫っているのではないかという推測に至ります。

皆さんはマッドサイエンティスト・エジソンが利用したと思われるインフラに仕込まれたギミックを見つけ出し、
失踪した学生たちを救出してください。


【1】インフラのギミックを調べる 難易度:3

学生たちの失踪はマッドサイエンティスト・エジソンが整備したインフラの近くで起こっていることから、
エーデルはマッドサイエンティスト・エジソンの仕業だと推測しています。
一度に20~30名の学生が失踪し、その痕跡がないこと自体が不自然であり、
そんなことができるとすれば、予めインフラに仕込んでおくくらい、と逆説的に考えたようです。

失踪した学生は下は小学生から上は高校生で、女性が多めのようです。
また、失踪した箇所は

・ハイパーループ内(一つの車両に固まっていたら全員が消えた)
・幹線道路沿い(一団で歩いていた)
・アンダーパス(一団で歩いていた)
・スクールバス内(トンネル通過中に乗っていたバスごとが消えた)


と言うように、一団で歩いていたり、まとまっているところで失踪してしまっています。

こちらの調査パートでは、「失踪した原因」を調査します。
ただし、カディヤックヒルポリスの鑑識官が調査し、痕跡がなかったことから、
ギミックはぼ完璧に近いといっても過言ではないでしょう。

マッドサイエンティスト・エジソン側からギミックを作動させてもらうのが手っ取り早いといえます。
ただ、マッドサイエンティスト・エジソンがギミックを使用するには条件があるようですので、
それらを満たしている必要があるでしょう。

見事にギミックが作動した場合、確保用のロボアームなどが襲ってくる可能性がありますが、
敵は非常に弱いです。

このパートでギミックの作動に成功し、失踪の謎が解けた場合、
【3】パートの難易度が下がります。

こちらのパートにはNPCパッション☆エーデル(マジカルキャスター/アニメ)が登場します。
PCたちがギミック解除に失敗した場合、彼女がギミックを解除します。
しかし、その場合、【3】パートの難易度は下がりませんのでご注意ください。


【2】運搬サイボーグを倒す 難易度:4

ギミックを解除すると、失踪した学生たちを運搬するサイボーグたちが待ち構えています。
その数は4、50体程度で、上半身は人型ですが、下半身は無限軌道になっており、
床だけではなく壁面もバイク並みの速度で走行が可能となっています。

学生たちが騒がないよう催眠ガスで眠らせたり、スタンガンで気絶させたり、薬物で麻痺させたりして運搬します。
万一抵抗されて時に備えて、ソレノイドソード(に近いもの)やレーザーガンで武装し、
エグゼクターやエリミネーターの20Lvまでのスキルを使用します。
また、水属性や風属性の攻撃に耐性があるようです。

広い坑道のような場所ですので、十分な戦闘スペースはあるとお考え下さい。
ただし、閉所には変わりませんので、高速で飛行するのには不向きでしょう。

丁度、先の失踪事件で失踪した小学生たち40数名の運搬中のようですので、
彼らを倒して小学生たちを保護してあげてください。
ただし、運搬サイボーグたちは一体につき一人小学生を運搬しており、
場合によっては盾として使用することも考えられます。
攻撃する際には十分に注意してください。

こちらのパートで運搬サイボーグを討ち漏らした場合、失踪者が増えます。
また、【3】パートで増援としてくる場合があります。

こちらのパートにはNPCメカポリスニャン(エグゼクター/SF)が登場する場合があります。


【3】マッドサイエンティスト・エジソンを倒す 難易度6(→5)

運搬サイボーグが失踪した学生たちを運ぶ先に、マッドサイエンティスト・エジソンがいます。
既に150名近い学生が彼の元へ送られており、選別が行われています。
選ばれた学生は“氣”の研究のために彼の研究所へ送られ、
選ばれなかった学生は、サイボーグの素材として凍結保存されます。

PCたちが駆け付けた際には、今まさに冷凍保存が行われようとしているところになります。
液体窒素のプールに落とされるため、今のイマジンレガリアの技術では蘇生する方法はありません。

マッドサイエンティスト・エジソン自身もサイボーグで、
見た目の割にパワーファイターです。
その身体は物理属性、水属性、風属性、地属性に耐性を持ち、
拳はロケットのように撃ち出すことが可能で遠距離攻撃を兼ねています。
また、目からレーザーを、胸部からマルチプルミサイルが発射可能となっています。

加えて、彼のいる選別場所には侵入者用のトラップが仕掛けられており、
床が磁場を帯びることで金属の武装をしているものの動きを鈍らせます。
※マッドサイエンティスト・エジソンは対策をしているので効果を受けません。

また、四方八方にレーザー砲が設置され、侵入者を撃ち殺そうとします。
学生が目標になることもありますが、マッドサイエンティスト・エジソンは痛くも痒くもありません。

トラップを無力化しつつ、マッドサイエンティスト・エジソンを倒すことができれば、
学生たちを救出することができるでしょう。

ただし、凍結されてしまったPCは、マッドサイエンティスト・エジソンでなければ蘇生できないため、
今回蘇生できなかった場合、状態はそのままに次回のシナリオへ招待される可能性があります。

【1】でエーデルではなくPCたちがギミックを解除していればセイヴァーズは消耗しておらず、
難易度が下がります。
逆に【2】で運搬サイボーグを討ち漏らした場合、難易度が上がります。

このパートにはNPCパッション☆エーデルとメカポリスニャンが登場する場合があります。


■PCのスタート位置について
基本的にPCは、外からスタートします。

ですが、「あいさつ掲示板」に挨拶を書き込まれた際、
サイコロが振られますが、ゾロ目だった場合、

・【2】パートの学生(もしくは付き添い)として運搬され途中

からスタートしても構いません。
※従来通り、外からスタートでも構いません。

また、ゾロ目でも「1・1」「6・6」だった場合、
ゾロ目のスタート位置に加え、

・【3】パートの学生(もしくは付き添い)として選別され途中

として、スタートしても構いません。
※こちらも従来通り、外からスタートでも構いません。
 ただし、冷凍保存されやすくなる危険性が高まります。


いずれの場合も、【BC】装備を武装に装備していれば、変身は一瞬で行われますので、
失踪に巻き込まれていても装備に制限はございません。

サイコロの出目は、MC・LC共通になります。
MCがゾロ目を出した場合、LCも同じ場所からのスタートとなります。
ただし、フェローは外からのスタートとなりますので、場合によっては合流が困難になります。

ゾロ目を出したキャラクターが、ゾロ目でない他のキャラクターとGA(グループアクション)を組まれた場合、
他のキャラクターたちが合流するまでは単独での行動となります。
状況次第ではGAが成立しない可能性もございますので、ご理解の上GAを行ってください。

再度振り直した場合、出目に関係なく無効とさせていただきます。


それでは、皆様のご参加をお待ちしております。


【2020年11月6日17:00 変更】
リアクション公開予定日を『2020年11月19日』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】インフラのギミックを調べる

3

【2】運搬サイボーグを倒す

4

【3】マッドサイエンティスト・エジソンを倒す

6