クリエイティブRPG

建国の絆第5.5回【薔薇の学舎】

リアクション公開中!

建国の絆第5.5回【薔薇の学舎】
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:蒼空Re
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年06月22日公開!

シナリオガイド

闇龍の元へ向かうため、タシガン領主を救出せよ!?

シナリオ名:建国の絆第5.5回【薔薇の学舎】 / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

空の大陸、パラミタ。

その西端にあるシャンバラ地方は、地球と接しており
地球人の契約者たちと共に
古代に滅びたシャンバラ王国の復活を目指しておりました。

しかし、シャンバラの建国に必須な女王の復活を前に、かつてシャンバラを滅ぼし地球との絆を断ち切った
闇龍が召喚されてしまったのです。

■□■


薔薇の学舎、校長室。

校長のジェイダス・観世院は、
パートナーであるラドゥ・イシュトヴァーンの声に耳を傾けていました。
二人は、薔薇の学舎としてどのように闇龍に対抗するか、方法を模索していたのです。

「フム。教導団が進めている殲滅塔が手に入ったとしても、
闇龍を封じるには闇龍の中に直接乗り込む必要があるかも知れない、ということか」

「そうだ。あの化け物……ドージェ・カイラスならばともかく、通常であれば闇に飲まれてしまう。
 つまり闇龍の中を移動できるだけの飛空船、闇航船が必要になる。
 それは闇龍が現れた混沌の地ナラカにより近い性質をもつ魔族たちにしか作れない」

「魔族ならばタシガンの吸血鬼も魔族ではないか」

ラドゥはご存知の通り、「闇の帝王」たる吸血鬼なのです。
しかしラドゥはジェイダスの言葉に顔をしかめます。

「ああ、確かにこのタシガンで闇航船は作られていたことがある。
 しかし、それは過去の事だ。現在はタシガン家の港に数隻が存在するに過ぎない」

「借りれば良かろう。
 タシガン家の船であればさぞ美しいことだろうしな」
「それを認めるかどうかだ。
 タシガン領主であるアーダルベルトは、闇龍の復活に怒っており屋敷の門を閉ざしている」

「ククク。奴は子供か。……私が話をつけよう」

とその時、ルドルフ・メンデルスゾーンが校長室へ入ってきました。

「ジェイダス校長、ラドゥ様。
 ――アーダルベルト様のお屋敷が“フラワシ”に占拠されていると」

「ウゲンの奴め、また現れたか!
 このままだとアーダルベルトは殺されるぞ。
 そうすれば、この薔薇の学舎の存続も危うい……。
 アーダルベルトを救出するのだ」

「ハッ!」

ジェイダスはルドルフに契約者を呼び寄せるよう伝え、
タシガンの館からのフラワシの駆逐、そしてタシガン領主のアーダルベルトの救出を命じました。

「アーダルベルトは、古代シャンバラの生き残りであり老いたとは言え、傑物。
 それがこうも簡単にフラワシの侵入を許すとは……
 いやな予感がするな」

「ウゲンの事だ。仕組んでいるだろう。
 だが、それを全て乗り越えられる。
 
 我が学舎の生徒たちならばな。
 そしてこの試練を超えれば新たな何かを見いだせるかも知れぬ」

マントを翻し、ジェイダスとラドゥも屋敷へと向かいました。

担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

「蒼空のフロンティアRe」のメインストーリー、
『建国の絆5.5回【薔薇の学舎】』をお送りします。

建国の絆では「蒼空のフロンティアRe」でのシャンバラ王国の建国の物語が描かれることになります。
第5.5回は、第5回の闇龍復活の影響を受けて、各学校で展開します。
今回はその第4弾となり、薔薇の学舎と蒼空学園が舞台となります。
既に特別な地位の称号などを持つPCは、特定のパートで使用することができます。

対象学校の生徒が優先的に抽選で当選しますが、他学校の生徒でも参加の制限はございません。

また、第5.5回のシナリオでは、各シナリオで1名、LCが神子として覚醒する可能性がございます。

その他、関連クエストとして

「剣雲のバトルシップ」
「闇龍の胎動 前編」
「闇龍の胎動 後編」

が公開中です。そちらもぜひお楽しみください。

●基本的な状況
地球に出現したパラミタ大陸。その西端のシャンバラ地方では、
地球の各国と協力して古代に滅亡したシャンバラ王国の復興を目指しています。
その主役はシャンバラの住人とパートナーという不思議な絆で結ばれた地球人契約者たちです。

契約者たちはシャンバラ各地に作られた七つの学校に所属し、それぞれの立場は違えど、シャンバラの復興に尽力しています。

そこに鏖殺寺院というテロ組織がたちはだかりました。各地でテロを行う寺院との戦いは、
空京地下で鏖殺寺院の神(ダークヴァルキリー)の復活が阻止されることで一端の決着は見せました。

しかし、シャンバラ王国の復活には三つの女王器と七人の神子たちが必要です。
そのため夏に開催されるろくりんぴっくの開会式までに集める方針が決定したのです。

契約者たちは、空京タワーを占拠していた選定神ジェルジンスキーを倒し、
最後の女王器グローネビュラも手に入れました。
しかし、鏖殺寺院の首魁アズールは、ジェルジンスキーを贄として、
古代シャンバラを滅ぼした原因である大いなる闇――闇龍の召喚を成功させてしまいます。

ドージェとマレーナが闇龍を食い止めている間に、女王を復活させ、闇龍を封じる手段を探すことになったのです。

薔薇の学舎では、校長であるジェイダスとそのパートナー、ラドゥが闇龍対策の作戦を練っていたところ、
タシガン領主のアーダルベルトの屋敷がフラワシに占拠された報を受け取りました。
アーダルベルトは、闇龍に対抗するために必要な闇航船を持つ、数少ない魔族の一人でもあり、
急ぎ救出するため、ルドルフを始めとした契約者たちに、救出とフラワシの撃退を依頼したのです。

【1】タシガン邸のフラワシと戦う 難易度:6
タシガン領主の屋敷内で、フラワシを撃退します。
フラワシとは不可視の悪霊であり、今回は物理戦闘に優れた“力のフラワシ”と、
蚊のように相手を血を吸いとる“吸血のフラワシ”の2種が現れ、
屋敷の庭で侵入者を撃退しているということです。

フラワシを操っている、フラワシ使いは、
警戒体制にあるタシガン邸に侵入できたことから、屋敷に仕えている吸血鬼の誰かではないかと考えられます

【2】アーダルベルトを救出する 難易度:7
フラワシの襲撃に遭ったタシガン領主アーダルベルトは、屋敷内の隠し部屋に身を潜めたようです。
タシガンの屋敷は2500年の歴史を持ち、歴代領主による度重なる増改築によって、非常に入り組んだ構造をしています。

また、屋敷内では、アーダルベルトを探す少年の姿も目撃されています。
この少年は、薔薇の学舎にかつて所属していた”魔少年”ウゲンのようです。
ウゲンは高度なフラワシ使いであり、その力は未知数のため、
ラドゥは「ウゲンとは直接戦わず、ウゲンより先にアーダルベルトを見つけ保護しろ」とアドバイスをしています。
【1】でフラワシの撃退が失敗した場合、【2】の難易度が上昇します。


【2020年5月29日19:00 修正】
リアクション公開予定日が正しい日付になっていなかったため、
『2020年6月22日』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】タシガン邸のフラワシと戦う

6

【2】アーダルベルトを救出する

7