クリエイティブRPG

摩天閣の救出劇!

リアクション公開中!

 0

摩天閣の救出劇!
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:神州扶桑国
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2020年03月26日公開!

シナリオガイド

観光名所がマガカミ化!? 体内に取り残された人々を救出せよ!

シナリオ名:摩天閣の救出劇! / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



 災厄の化身が人知れず蔓延る禍(わざわい)の世界、神州扶桑国

 “異能”を行使できる者「神通者」と呼ばれる者は「六明館学苑」に所属し、
 対マガカミ部隊「修祓隊(しゅばつたい)」として、
 帝都をはじめ、扶桑国をマガカミの被害から守る任に就いています。

■□■


 ――帝都、扶桑市西部の上谷区(うえやく)

 鉄道が開業し、古くは坂西と呼ばれた西神州の各地と繋がったことで、
 上谷駅は帝都の西側の起点ともいうべき規模に発展し、区全体も大きな賑わいを見せていました。

 中でも、摩天閣と呼ばれる眺望用の高層建築物は、帝都の観光名所として人々の人気を博していました。
 特に六明館学苑の技術担当の設計による「自動昇降機」の最新機は、最上階まで直通できるもので人々に注目され、連日長蛇の列ができています。
 そんな摩天閣ですが、今は人払いの結界が発動し、物々しい雰囲気の中にありました。

「摩天閣そのものがマガカミに憑り付かれるとはな!」
「……戦国時代には城にマガカミが取りつき、暴れ回ったという信じがたい記録がある。だが、当時の状況でも自然発生したものではなさそうだからこそ、こうして私たちが来ている」

 摩天閣の周囲は、修祓隊士が包囲しています。
 その中に不気味に蠢く摩天閣を見上げる紫垣 玄睦美 景の姿がありました。
 二人が言うように、摩天閣そのものがマガカミに憑依され、マガカミ化してしまったのです。
 そのため人払いの結界が発動し、周囲には修祓隊士以外の姿はありませんでした。

「……そうか、分かった」
「俺が一発ぶちかませば倒せるんじゃないか?」
「……そう簡単にはいかないようだ。門下生に探らせたところ、中に人々が取り残されている。お前が破壊すればどうなるか、お前でも分かるだろう」
「ぐぬぬ……」

 拳をぶつけ合い、破壊する気満々だった玄の傍らで、同じような姿をした門下生から報告を受けた景が冷静に言い放ちました。
 マガカミの体内に人々が取り残されているというのです。
 幸い、人払いの結界が効いているようで、現時点では「停電のため自動昇降機が停止している」と誤認識しているようで、大きな混乱は起こっていないようです。
 ですが、弦が悔しがるように、これでは外部からの破壊は難しくなりました。

「……そう逸るな。まずは人々の救出が最優先だ。救出後であれば、外部からの破壊も可能となるだろう」
「睦美師範、柴垣師範、自分たちの準備は整っています。いつでも突入は可能です」

 そう報告したのは、金川分校の修祓隊子、馬頭の青年ブライアン・成田でした。
 彼の後ろには同じ班の七海ナツミ倉橋フミも控えています。

「……睦美師範、今回の件、やはり天下六霊槍が関わっているのでしょうか?」

 ブライアンと共に包囲陣を形成している隊士の一人、一橋 朱美が景に聞きました。
 彼女は一織流師範一織 朱音の遠戚で、一織流を奥伝まで修めており、近々皆伝になるのでは、と目されている隊士です。
 二階堂 夏織 キャロラインの同期でもあります。

「ガハハッ! 難しい事は俺には分からん!」
「……だから朱美はお前には聞いていないだろう? 偵察から得た推察だが、天下六霊槍は直接的には関わっていない。だが、天下六霊槍を狙う者たちが、六明館学苑の技術担当が設計した自動昇降機をわざわざ狙ったと見るべきだ。これは六明館学苑への宣戦布告だ」
「宣戦布告……」
「……故に私たちが来ている。天下六霊槍を巡る戦いはこれから激化してゆくだろう。私たち師範から直に技や品を伝授できる、芽のある隊士たちを見出すのも目的の一つだ」
「今日は随分と饒舌だな」
「……普段は必要がないだけだ。お前では説明が務まらないからな」
「その通りだ!」

 景の言葉に朱美が固唾を呑みました。

 『六明館学苑への宣戦布告』
 『師範から直に技や流派の愛用品の伝授』


 景をはじめ、修祓隊は今回の件を重く捉えているようです。

「景、お喋りはそこまでだ! 奴が動き出した! どうやら中にいる人々の霊力を吸ってるようだな。早く助けないと、マガカミ化するかもしれんぞ」
「……こういう時のお前の言葉に間違いはない。時間はあまり無いようだな」

 摩天閣そのものからくぐもった声のようなものが聞こえてくると、建物が地響きと共に揺れ始め、その姿を変えようとしていました。
 玄と景は集まった隊士たちに突入と攻撃を命じるのでした。

「あなたの新人隊士としての腕前は認めているけど、やれそうかしら?」
「誰かのために死ぬのはもうこりごりだけど、救える命があるなら救うだけだよ」

 朱美は傍らにいたフードを被った隊士にそう声を掛けました。
 帝都に在って洋装の人物は、腰に佩いた二本の剣の柄を握り締めながら、フードの中からマガカミ化しつつある摩天閣を見上げました。

 あなたも修祓隊の隊士としてこの場にいます。
 マガカミと化した摩天閣から人々を救出し、巨大なマガカミを倒してください!
担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

『禍神伝』のトリガーシナリオ、
『摩天閣の救出劇!』をお届けします。

トリガーシナリオはトリガークエスト同様「禍神伝」のメインストーリーとなります。
各シナリオでは主に「天下六霊槍」を巡るマガカミとの戦いが繰り広げられることになります。
基本的に1話完結形式となりますので、是非お気軽にご参加下さい!


■シナリオの参加報酬について
本シナリオに参加した方は、アクション締め切り後、
シナリオ報酬として経験値・社会性・お金(G)に加え、
隊士階級を上げる「行動点」が手に入ります。

さらにシナリオ内で活躍したキャラクターにはリアクション公開後、
シナリオの内容や活躍に応じて、追加の行動点をはじめとした様々な特典がプレゼントされる可能性があります。

隊士階級の詳細や行動点のシステムの詳細や貢献点のシステムはこちらをご覧下さい。

また、今回は柴垣流の師範紫垣 玄と、睦美流の師範睦美 景が参加しています。
今回は二人の目に留まった者に、流派に限らず各師範から直接スキルやアイテムの伝授が行われる可能性があります。


■招待について
今回、『クエスト&マーケットキャンペーン』に当選された

エル・スワン(SAM0036539)様

のライバルであるルシア・エルシオが登場しています。
そのため、エル・スワン様には招待を出させていただきます。
※参加費はお客様のご負担とさせていただきます。何卒ご了承ください。

エル・スワン様がシナリオに参加され、ルシア・エルシオが登場するパートにアクションを掛けた場合、
アクションが白紙時を除いて、優先的に関わってきます。


■基本的な状況
帝都の人気観光名所、摩天閣にマガカミが憑依し、マガカミ化してしまうという事態が起こりました。
中には人々が取り残されており、迂闊に外部から破壊することができません。
しかも、摩天閣に取り付いたマガカミは内部にいる人々の霊力を吸い、マガカミ化しようとしていました。

そこで、修祓隊士が乗り込んで人々を救出し、
その後摩天閣に取り付いたマガカミを倒す作戦が行われることになりました。


【1】摩天閣へ先に突入する 難易度:4

マガカミ化した摩天閣へ先に突入します。
摩天閣の中はマガカミの体内と同等であり、神通者であっても長時間居ると霊力を吸い取られてしまいます。
そのため、先に突入して迅速に障害を取り除く必要があります。

摩天閣の中には、マガカミが生み出したと思しき、複数のマガカミが徘徊し、神通者たちの行く手を塞ぎます。

衝立狸:
衝立といった調度品に化けている狸のマガカミです。
神通者が通り過ぎた後不意打ちを喰らわせて心の臓を止めたり、調度品に変えて同士討ちをさせるようです。

栄螺鬼:
巨大なサザエのマガカミです。元々は摩天閣の前の露店で売られたものがマガカミ化したもののようです。
硬い貝殻で覆われており、触手を伸ばして攻撃してくるほか、貝の中に閉じ込めて食してしまうようです。

小玉鼠:
球体に近い大きめな鼠のマガカミです。摩天閣を住処にしていたネズミがマガカミ化したもののようです。
一つ一つの個体は強くありませんが、無数におり、目標に張り付いて爆音とともに自爆する厄介な存在です。

血塊:
牛に似た猿のようなマガカミです。摩天閣の前の見世物のサルがマガカミ化したもののようです。
建物の中を縦横無尽に飛び回り、鋭い爪でひっかいてきます。引っかかれるとそこから猛毒が体内に入り込み、壊死を起こさせるようです。

これらのマガカミを倒して、後から突入する救出班の通路を確保するのが目的になります。
このパートに成功すると、【2】パートの難易度が下がり、()の中の難易度となります。

このパートには、NPCブライアン・成田(羅刹+妖怪)と七海ナツミ(血刀士+禍憑)、倉橋フミ(符術士+禍憑)が登場する場合があります。
また、睦美 景がバックアップとして参加します。


【2】人々を救出する 難易度:7(5)

摩天閣の最上階には、取り残された人々が肩を寄せ合って救出を待っています。
ですが、摩天閣に憑りついたマガカミによって霊力を奪われつつあり、マガカミ化しようとしています。

どの人が正常で、どの人がマガカミ化しているかは、一目では識別できません。
ですが、「柏手」や「視禍」などマガカミを感知できるスキルやアイテムを使用すれば、マガカミ化しているかどうか分かるようです。
正体が感知されたマガカミは以下の正体を現して、神通者に襲い掛かってきます。
マガカミを倒すことができれば、憑依された人々は元に戻ります。

沼御前:
主に女性に憑依しており、触れた者を魅了し、同士討ちを行わせるマガカミです。
また、雷を操ることができるようです。

嘗女:
主に女性に憑依しており、長い舌を伸ばして神通者を絡め取り、動きを封じます。
また、舐めた者をマヒさせたり、武器や防具の性能を落とす力を持っています。

毛倡妓:
主に女性に憑依しており、長い髪を伸ばして神通者を絡め取り、窒息死させます。
また、長い髪は剣山のようになり、神通者を串刺しにします。

胴面
主に男性に憑依しており、服の下にもう一つ顔があります。
近づいたものを一飲みしたり、口から突風を吐いて外へ押し出そうとします。

このパートには、NPC一橋 朱美(血刀士+禍憑)とルシア・エルシオ(血刀士+禍憑)が登場する場合があります。
また、}【1】パートに引き続き、睦美 景がバックアップとして参加します。


【3】摩天閣を攻撃する 難易度:6

【1】【2】パートの成功に関わりなく、一定時間後に柴垣玄が攻撃命令を出します。
摩天閣に憑依しているのは見上入道と呼ばれるマガカミのようで、
摩天閣を自らの肉体としてその姿を変えようとします。

既に屋上は顔のように変貌し、6本の腕のようなものも生えています。
その目を見たり、マガカミに睨まれたりすると恐怖で立ち竦んでしまい、
上から手や岩を降らせて押し潰そうとしてきます。
また、上空に毒の雲を吐き、飛行してくるものを苦しめようとします。

六明館学苑が帝都側から許可は得ているので、破壊は可能です。
ただし、建物そのものを破壊するので相応の破壊力は必要になるでしょう。

このパートには、NPC柴垣 玄が登場する場合があります。

それでは、皆様のご参加をお待ちしております。


【2020年2月25日14:00修正】
【2】パートにつきまして、修正を行いました。
【2020年3月19日11:00 変更】
リアクション公開予定日を『2020年3月27日』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】摩天閣へ先に突入する 【現在のMC参加人数:32】

4

【2】人々を救出する 【現在のMC参加人数:46】

7

【3】摩天閣を攻撃する 【現在のMC参加人数:21】

6