クリエイティブRPG

セルケ沖海戦!

リアクション公開中!

セルケ沖海戦!
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:アーモリー
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2019年04月01日公開!

シナリオガイド

共闘か、対立か。リパブリックコンビクション、参戦。

シナリオ名:セルケ沖海戦! / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム


艦船や戦車、戦闘機といった兵器が少女の姿を取った武姫(ぶき)たちが、いくつかの陣営に分かれ、
陸海空を舞台に、人々を守るために戦う世界アーモリー

武姫たちは、完成した暁には三千界の各地にバラまかれ、
平和を崩壊させる戦乱の火種として、“死の商人”山本大國によって創られていました。

しかし、武姫たちを指揮する教導官の「導き方」次第で、
破壊兵器にも平和を守る兵器にも進化するといいます。

ワールドホライゾンの特異者は武姫たちの陣営の一つ
“アクシスパワーズ”(以下アクシス)の武姫たちを指揮する教導官となり、
山本によって見出された特異者教導官を擁する“ユニオンジャスティシア”(以下ユニオン)との戦いを繰り広げていました。

ホライゾンと結びついたことで徐々に力をつけていくアクシス。
それを脅威と判断したユニオンは、ある行動に出ました。

■□■


 ――“リパブリックコンビクション”本拠地・姫令部(きれいぶ)

「丁重にお断りさせてもらおう」

“リパブリックコンビクション”(以下リパブリック)のジャンヌ・アルマン総司令官代理は、交渉に来たマチルダの申し出を断りました。

「一見我々が得するように見えるが、貴殿の提示した条件は全てユニオンジャスティシアが上位であること前提としている。
 協力の申し出なら一考の余地があったが、従属する気はない。
 マチルダよ。貴殿の教導官にそう伝えてくれ」
「承知いたしました。
 ……後悔しますわよ、リシュリュー
「貴殿は教導官を得て強くなったが、かつての優雅さを失いつつあるように思える。
 これは友としての忠告だ。名を得た頃の初心を忘れるなよ」

数日後、ユニオンはリパブリックに宣戦布告しました。
しかし緒戦はユニオンの敗北に終わりました。

宣戦布告した時点ではまだ、リパブリックが教導官を得たことを知らなかったのです――。

■□■


 ――“アクシスパワーズ”本拠地・姫令部(きれいぶ)

「リパブリックコンビクションがユニオンジャスティシアに大打撃を与えた?
 情報では、武姫の個性は強いが練度が低く、味方での連携らしい連携もできない烏合の衆で、
 最低限自分たちのマトリクスさえあればいい、という意識の低い者たちという話だったが……」

山元 二九九統合幕僚長は偵察に向かっていたメッツァー様からの報告書を見て訝しみました。

「所属している武姫の性格は変わってないみたい。ただ、ユニオンジャスティシアが油断していたとはいえ、
 そんなリパブリックの武姫の性質が最大限に活かされた戦術だった。……教導官がついたのは間違いないわ。
 確か先行して第六戦隊が向かってるのよね?」

ミネルバ・クリスティが二九九に確認しました。
第六戦隊は重巡“青葉”を旗艦とし、衣笠、古鷹、加古で編成された戦隊です。
今回は後学のために、と軽巡の天龍も随伴しています。

「指揮しているのは最近着任したばかりの教導官の子だが、よくやってくれている。
 色々と悪い評判も聞いていたが、今のところは大丈夫だ。
 
 青葉からの報告では、ユニオンは車姫を中心とした大規模部隊を編成。教導官も直々に出向いているという。
 リパブリック本拠地の姫令部の制圧と、セルケ沖の島にあるマトリクス鉱山の奪取を同時に行うつもりらしい。
 よほど屈辱的だったようだが、この状況は我々がユニオンに打撃を与える好機でもある。
 ここでリパブリックと手を組むのも一つの手だが……」

二九九が腕を組んで唸っているところに、リパブリックコンビクションの使者を名乗る者が来たとの連絡がありました。

「どーもー、こんにちは“アクシスパワーズ”の皆さん。“リパブリックコンビクション”総司令官アマネですっ! いぇい!」
 そう名乗ったのは赤と銀のツートンカラーの髪をした派手な少女でした。
 癖が強そうな人物の登場に面食らう二九九ですが、

「あ、あ……。嘘。アマネってあのアマネよね!? いや、見た目も動画そのままだし、え、でもなんで……」
「落ち着きたまえミネルバ君。彼女の事を知っているのか?」
「その界隈じゃ有名よ! 電脳姫アマネ。地球では業界に名を轟かせるプロゲーマーで、動画配信者としても有名よ。
 アバター姿でしか出てこないから、正体を知る者はいない、って言われてるけど……ああ、今語ることではないわね。
 とにかく凄くクールなの」

興奮具合から、ミネルバは彼女のファンのようです。

「でも、まさかアーモリーで教導官やってるなんて」
「はい。シヴァって人に誘われて特異者になりました! つまり――“敵”ってわけです」

笑顔で言い放つアマネに対し、二九九とミネルバが身構えます。

「なぜ今それを言った?」
「いずれ分かることですし、これも誠意のつもりですよ。特異者として戦う時は正々堂々やり合いましょうってことで。
 今回はリパブリックがピンチなので、共闘できないかと思って来たのです」

シヴァは三千界統合機関の長であり、紫藤 明夜を重傷に追いやったホライゾンの宿敵です。
しかしアマネはそれはそれ、とリパブリックの教導官として共闘を持ちかけてきたのです。

「山本 大國のことはうちらも警戒しています。なので、山本が目をかけているユニオンを潰してやろうかと思いまして。
 利害は一致していると思いますが、いかがでしょう? 山元幕僚長?」

アマネは眼鏡をくいっと上げ、にやにやと笑いながら言葉を続けます。

「別にアーモリーの外のことを理由に拒んでも構いませんよ。うちらのやっていることを考えれば仕方ないことです。
 それならそれで、ホライゾンはその程度だった、と思う事にて血みどろの殺し合いでもするとしましょう」
「見返りは? ただで助けてもらえるとは思ってまい?」
「統合幕僚長!?」
「条件を聞くだけだ。決定ではない」

よっ、話が分かる、とアマネが無邪気に喜び、報酬を提示します。

「ユニオンを撃退してくれたらリパブリックの総マトリックスの半分をアクシスにやろう。
 ……なんちゃって。
 ですが、今我々に出せる最高の条件だと思います」

それは勢いに乗りつつある今のアクシスにとって、喉から手が出るほどのものでした。

■□■


 ――“ユニオンジャスティシア”本拠地・姫令部(きれいぶ)

「リパブリック最大の弱点は車姫の致命的なまでの弱さ。車姫で姫令部包囲で王手・詰みよ」

先の大敗は敵を甘く見て全てを武姫に任せ、自分が指揮をしなかったこと。
明智 澪(あけち みお)は敵戦力を徹底的に分析し、指揮でもカバーのしようのない弱点を発見しました。

「……ですが、過信は禁物ですわ。リパブリックはわたくしたちの常識では考えられない戦」
「マチルダ。私の指揮を信じなさい」

澪はマチルダの言葉遮り、敵の教導官であるジャンヌ・アルマンの資料に目を通しました。

「戦艦リシュリュー。教導官不在時は、武姫でありながら教導官として武姫を指揮する者。
 その指揮能力が本物だとすれば、これは“完成された武姫”の一つ形のかもしれないわ。
 山本様のためにも、何としてでもこれは確保しないと」

■□■


 ――セルケ沖。

「ユニオン、リパブリックの戦力は大体把握したわ」
『報告ありがとうございます、青葉さん。車姫を主力としつつ、
 リパブリックの主力である艦姫を封じるために飛姫もそれなりに投入している、と』

青葉は得たユニオンとリパブリックの情報を教導官である雲龍寺 麗香(うんりゅうじ れいか)に伝えました。
彼女は神多品学園都市の出身で、ユーラメリカで特異者となった少女です。
苛烈な戦いぶりは多くの敵と味方を恐れさせてきました。

「アオ姉、ユニオンに見つかったっぽいー。どうするよ?」
「交戦は避け、姫令部まで戻るわ」
「陸から撃ってきましたよ、アオさん!」
「やっちゃえ、ガサちゃん!」

女子高生のギャルのような姿の艦姫――衣笠は腕をまくり、マトリクス製の野球バットを構えました。
そしてフルスイングで砲弾を打ち返します。

「ピッチャー強襲! さあ、次の弾は何かな~?」
「って何やってるのよ六戦隊! 今ので絶対目つけられたわよ!!」
「天龍。こういう言葉があるわ。“どうしようもなくなったら気合でゴリ押せ”。車姫と艦姫では艦姫が優位。
 このくらい問題では」
「いや、飛姫がこっちに来るんだって! あと、そんな言葉聞いたことないわ」
「あー、あれはムリだわ。マヂごめん」

『やっほー、おねーちゃんたち困ってるみたいだね』

ユニオンの飛姫が来週する中、オープン通信が来ました。
リパブリックの飛姫からです。

『わぁ、獲物もいっぱい! ヴェル、張り切っていくよっ!
 いっぱい倒したらアマネぇ褒めてくれるしっ』

青葉が応答する前に、ヴェルと名乗った飛姫は勝手にユニオンに突っ込んでいきました。
青葉はノートを開き、呟きます。

「ヴェル――MC.205Vヴェルトロ。“リパブリックの猟犬”……」


その頃、リパブリックのアマネ教導官の情報を得た麗香は、
アマネホライゾンの敵対者であるということをユニオンの耳に入るよう、流出させました。

「あとは本拠地と、敵の判断次第、といったところでしょうか」


因縁の敵の登場と、提示された報酬に揺れるアクシスパワーズ。
教導官は――特異者たちの決断やいかに!?


担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

新シリーズ『トライアングル・レゾナンス』のトリガーシナリオ
「セルケ沖海戦!」をお届けします。

ワールド「アーモリー」のパブリックシナリオでは、フェロー一体の参加は無料となっております!
この機会にぜひ武姫を参加させて指揮してください!

また、関連クエストが3月6日(水)にリリース予定となっております。


●招待について
今回、『宿命のソーマキャンペーン』に当選された

松永 焔子(SAM0040459)様

のライバルである明智 澪が登場しています。
そのため、松永 焔子様には招待を出させていただきます。
※参加費はお客様のご負担とさせていただきます。何卒ご了承ください。

松永様がシナリオに参加された場合、アクションが白紙時を除いて、
明智 澪は優先的に攻撃目標にします。


●基本的な状況
ワールドホライゾンの特異者との接触後、“アクシスパワーズ”は少しずつ反撃の戦力を整えてきました。
“ユニオンジャスティシア”はアクシスを脅威と捉え、まだ教導官のいない勢力を取り込み、
戦力の増強とマトリクスの確保しようとします。
しかし“リパブリックコンビクション”に断られた挙句、屈辱的な大敗を喫してしまいました。

リパブリックはアマネという教導官を得ており、さらに武姫であるはずのジャンヌ・アルマンもまた、
教導官としての能力を所持しているらしいことが確認されました。
アマネはシヴァによって見出された三千界統合機関の特異者であり、ホライゾンの敵です。
しかしアーモリーでは山本 大國の野望を阻止するという目的が一致しており、共闘を持ち掛けてきます。

リパブリックは車姫が致命的に弱く、陸を押さえてしまえば姫令部を落とせる、と言われているほどです。
ユニオンはジャンヌという海の最強戦力を潰すために飛姫も多く動員していますが、艦姫はわずかしかいません。
明智 澪は「アクシスとリパブリックが徒党を組まない限り自分たちに勝てる可能性は万に一つもない」と自信満々です。

地形、主な戦力配置は下記マップをご参考ください。

セルケ沖海戦マップ

なお、第六戦隊がセルケ沖にいる関係で、アクシスは共闘・対立どちらを選んだとしても
戦闘そのものには介入することとなります。
ただし対立の場合も、アクシスとしては今回は「ユニオンへの奇襲」を優先し、
積極的にリパブリックは攻撃しない方針です。
リパブリック所属のNPCゼロワン(マリンキャプテン)率いる別動隊は共闘の場合はアクシスの援護を、
対立の場合は迎撃できるよう待機しています。

上記の選択について意思表示を行う場合はアクション欄に【共闘】【対立】のいずれかをご記入下さい。


●姫令部
『ミリタリーバランス』の結果、“アクシスパワーズ”の姫令部は飛姫の攻撃や防御に+修正が付きます。
ただ、艦姫の攻撃に強く、車姫の攻撃に弱くなる傾向になりますのでご注意ください。

今回の主戦場は海上となっておりますが、
【1】【3】はアクシスの揚陸艦が投入されるため、車姫も問題なく参加することが可能です。
また、いずれのパートも無人島に作られたアクシスの臨時姫令部から出撃する事になりますが、
アクションはそれぞれのパート(主戦場)到着時点からで構いません。


【1】マトリクス鉱山へ向かう 難易度:5

セルケ沖の島にあるマトリクス鉱山を奪取しようとするユニオンの武姫と戦い、
上陸・奪取を阻止するパートです。

ユニオンは揚陸艦に上陸部隊を載せ、艦姫と飛姫で護衛を行っています。
艦姫は島に車姫の防衛戦力がいる場合の攻撃も行います。
明智 澪は鉱山の防衛勢力は手薄だと考え部隊が上陸できればそれで終わると考えています。

しかしマチルダはアクシスへの懸念から、澪に告げず密かに盟友である戦艦フッドに支援要請を行いました。
それを除く戦力は

・エクリプス級艦姫8姫
・軽巡洋艦“アリシューザ”
・ケント級重巡洋艦2姫
・メリーランドの飛姫5姫
・巡航戦車 Mk.I3姫

となっているようです。
また、アリシューザが旗艦で“名持ち”であるようです。


【2】第六戦隊の帰還支援 難易度:4

セルケ沖に先行部隊として派遣されていた第六戦隊(と天龍)は、
前線基地となっているアクシスの姫令部に戻るため、
ユニオンの飛姫による空襲を潜り抜ける必要があります。
三すくみの関係から飛姫かつ攻撃機がほとんどですが、
“リパブリックの猟犬”ことヴェルに備え、戦闘機も動員しています。

・ウォーフォークの飛姫5姫
・デヴァステイターの飛姫10姫

で、ガイド時点で艦姫は確認されていません。

リパブリックの飛姫であるヴェルはリパブリック最強の航空戦力であり、
彼女とジャンヌだけで「リパブリックの戦力の6割」を占めると言われているほどです。
基本的に「明確に敵と分かっている相手」だけを攻撃しますが、敵と判断したら一切話を聞かなくなります。

彼女を封じるべくユニオンはスピットファイア(名持ち)を投入しましたが、
こちらはまだ到着していません。

三すくみでは車姫が飛姫に有利ですが、こちらのパートは揚陸艦が出せないため、
姫令部のある島から攻撃が届く範囲での支援が基本となります。

こちらのパートにはNPC雲龍寺 麗香が登場します。
彼女がアクシスの教導官になったのは「可憐な女の子が多かったから」とのことです。
山元幕僚長「教導官を直接狙いに来た敵が気の毒なことになるから、絶対前線には出るな」と厳命しています。

【3】敵姫令部を陥落させる 難易度:6

ユニオンの姫令部はセルケ沖沿岸に置かれており、
ここから武姫を各方面に送り出しています。
地形の関係で沿岸かつ艦姫の射程圏内に十分入りうる場所となっていますが、防御は手薄です。
しかし数は少なくとも教導官の澪がおり、さらにマチルダ以外の名持ちの車姫と飛姫が一人ずつ控えているようです。
姫令部陥落のためには車姫を上陸させる必要がありますが、そのためにはこの二姫を退ける必要があります。

一方、陸を行く侵攻部隊はマチルダを筆頭とした車姫20姫で構成され、
リパブリックの艦姫を攻撃するためにソードフィッシュの飛姫10姫が海岸沿いを進行中です。
ソードフィッシュは「とにかくしぶとい」飛姫という情報で、陸の具体的な車姫種は不明です。
リパブリックを支援したい場合、こちらへの対処が必要となります。

こちらのパートには、ユニオン所属のNPC明智 澪、マチルダ、
リパブリック所属のジャンヌ・アルマン(リシュリュー)、武田信玄が登場します。
信玄はジャンヌから車姫を預かり「武田騎馬隊」ならぬ「武田機甲隊」を指揮しています。
ただ、戦力が心もとないため防御陣地(トーチカ)を設置しています。


なお、リパブリック総司令官であるアマネは指揮を全てジャンヌに任せており、
今回の海戦には参加しません。
元々自身で指揮をすることは少なく、「武姫への指示は全てジャンヌが行っている」とのことです。


■武姫
『トライアングル・レゾナンス』はフェローである武姫を指揮して戦うシリーズです。
とはいえ、MCやLCも霊兵装を装備すれば、武姫と同様の効果が得られます。
また、武姫は教導官の指示に従いますが、行動の主体はあくまでMCやLCです!
それを踏まえていただいた上で、『トライアングル・レゾナンス』のフェローである武姫には
以下のような特性があります。

・武姫と会話が可能になります。

・武姫の装備は所持しているアイテム+解説に書かれたものになります。
 スキルは支援スキルを含めてランクを満たしているもののみ使用できます。指揮スキルは使用できません。

・武姫は霊兵装を装備しているものとして扱われます。


こちらの特性を生かして指揮してください!

■マトリクス
アクション締切後、MC報酬を獲得すると「マトリクス【竹】」がアカウントにつき一つずつ配布されます。
これは、ミリタリーバランスに影響を与えるアイテムとなります。

なお、戦功によって追加で配布される場合があります。
お楽しみに!

詳しくは、『ミリタリーバランス』をご確認ください。


■戦功
本シナリオでは活躍したPCに戦功として、

・追加マトリクス
・記念称号(ステータス補正付き)
・特殊な武姫
・特別な霊兵装
・上級アバター覚醒用アイテム
・パブリックシナリオへの招待
・その他シナリオ状況に応じた特殊な地位や立場


などがプレゼントされる予定です。
特に上級アバターは、より高ランクの武姫たちが指揮できるようになります!
内容的に戦うキャラクターがメインと見えるかも知れませんが、
後方支援も戦功の対象となります。

詳しくは、コチラをご確認ください。


【2019年3月2日17:00修正・追記】一部登場NPCに誤りがございましたため修正しました。また、NPCの所属と車姫の参加について追記しました。

【1】マトリクス鉱山へ向かう

5

【2】第六戦隊の帰還支援

4

【3】敵姫令部を陥落させる

6