三千界のアバター

≪フェイタル・ゲーム≫魚座の試練

リアクション公開中!

≪フェイタル・ゲーム≫魚座の試練
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:エデン
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年10月24日公開!

シナリオガイド

舞台は灼熱のビーチ!? 水上のフェイタル・ゲームを制するのは誰だ?

シナリオ名:≪フェイタル・ゲーム≫魚座の試練 / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム



勝者(ウィナー)と敗者(ルーザー)の決闘者(デュエリスト)が戦い続ける
“勝敗の世界”エデン。

エデンの“真の勝者”を決める戦いである「フェイタル・ゲーム」がついに始まり、
十二星が特異者に倒されるという“番狂わせ”も起こりました。

しかしその事態を重く見ていたフェイタル・ゲーム推進派――内周セクターの当主たちは決闘者、
特にワールドホライゾンの特異者に対し、管理者の真の力を知らしめるべく、動き出したのです――。

* * *


セクターE、レオ邸。

「……おや、お主から連絡とはの。ルネよ」
『浮かない顔してるわねぇ、サイガちゃん。またフェイタル・ゲームが先延ばしにされたからかしら?』

シド=エアリーズとの通話からしばらくして、
今度はセクターFの十二星であるルネ=ラ・ヴィエルジュから獅子 サイガに連絡がありました。

「お主もお主で大変じゃったのう……セクターFのゲームは」
『あたしが至らなかったせいよ。フェイル・グラトニーを生み出したうちの子は行方不明のままだし。
 セクターDに合流してなければいいけど』

イダテンから報告を受けていたサイガは複雑な心境でした。
元凶もまたフェイルに食われ、もう生きてはいません。

『外周のフェイタル・ゲームで十二星が負けたのそうだけど、“別の歪み”もまた浮き彫りになったわ。
 だからこそ、内周四家は躍起になっている面もあるみたい。
 ザック君は脳筋だけど、昔はあそこまで酷くなかったのよ。五年前のあの戦いが、彼を変えてしまった』
「“最悪のフェイル”のことじゃな。
 ルネよ。お主、あれの残滓がセクターDにまだ残っていることを知っておったな?」
 
サイガは低い声を出し、ルネを睨みました。

『……ええ。ただ、それがセクターDを挟むCとEに知られることは避けたかった。
 それが市民に知られれば、いたずらに不安をあおるだけだもの』
「然り、じゃな。
 じゃが、内周の者たちが決闘者の育成に熱心だった理由は分かった気がする」
 
セクターDの内情について報告を受けたサイガは、
その目的が“フェイタル・ゲームの先”にあると見ています。
※経緯についてはトリガークエスト10話「偉能力の深化」参照。

『とはいえ、彼らも一枚岩じゃないわ。各々、重点すべきところは違う。
 それで本題に入るのだけど、セクターLのペッシ家はワールドホライゾンの特異者たちに興味津々でね。
 「どの程度戦力になり得るか」を知りたがっているわ。
 “納得がいけば”ピスケスの力を貸してやってもいい、と言ってたわ。あの伊達男がね』
「相変わらずの上から目線じゃの……。つまり、ヤツはフェイタル・ゲームにかこつけて、
 出場者に“試練”を課してくると。そういうことじゃな」

サイガの脳裏にはカルロ=ペッシの腹の立つ笑顔が浮かびましたが、
それをすぐに振り払いました。

『それじゃ、あの子たちによろしくね。アタシからも「健闘を祈る」って』

* * *


 ――セクターL。

セクター内には人工的に作られたビーチがあり、人工太陽に照らされる様は
まるで地球のリゾートのようです。

「人を育むのは潤いと光。すなわち、水と太陽だ! そうは思わないかね、オロチ
「そーだねー」

日に焼けた薄着の男が、隣にいる幼い少女を見遣りました。
少女は男の言葉を聞き流しているようです。
彼女はおもむろに原典の剣を取り出し、海を薙ぎます。

「おいしょ、と。それで、強いの? そのわーるどほらいぞん、とかいう人たち」
「数々の世界を救ってきた英雄たちだそうだ。なかなか面白そうだろ?
 そして彼らはこの世界でも、凄い勢いで成長している。十二星を打ち破るほどにだ!
 その力、ぜひともこの目で確かめたい。
 そう、早いうちに!」
 
水上に立った彼らは、フェイタル・ゲームの会場を見渡します。

「隠れる場所の一切ない、戦わずして生き残ることのできないこのフィールドで、
 果たして彼らはどのように戦うのか。
 ははは、今から楽しみだ!!」
「そーだねー」

この騒がしい男こそ、セクターLの十二星であるカルロ=ペッシなのでした。

* * *


そしてフェイタル・ゲーム当日。

「なんだあれ!? 決闘者空間になぜ生き物が?」
「はははは! ただ水上で戦うだけでは面白みがないではないか。
 エアリーズ家に頼んで手配しておいたのだよ」

人工ビーチには、エアリーズが遺伝子から復元したバイオシャークをはじめとした様々な海洋生物が放たれました。

「フェイタル・ゲームはエデンの未来を決めるもの。
 だが、殺伐とした殺し合いではないのだよ。
 ゆえに、楽しむことも大切だ。君たちの精神衛生上もな」

愉快そうに話すカルロとは裏腹に、決闘者たちは困惑した様子です。

「この海を越え、制限時間内に人工島に着いた者を予選通過者とする。
 あとはその者たちで決闘を行い、勝利した者がこのセクターの代表となる。
 どうだ、シンプルだろう?」

照りつける灼熱の人工太陽。
行く手を阻む海の生物たち。

こうしてエデンの住人にとってこそ未知の戦いが始まるのでした。


担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

エデンのトリガーシナリオ『フェイタル・ゲーム』第5回です。
今回は、セクターIとセクターLが同時に行われます。

フェイタル・ゲーム全般に関してはコチラをご覧下さい。

同日に公開される≪フェイタル・ゲーム≫がタイトルについたシナリオに予約・抽選参加している場合、
こちらのシナリオには予約・抽選参加できませんのでご注意下さい。
ただし、追加参加になった場合はその限りではありません。



●基本的な状況

フェイタル・ゲームは一つのセクターを丸ごとデュエルフィールドとした大規模なバトルロイヤルです。
ただ、常にセクター全体が範囲となるわけではなく、時間経過と共に狭まっていきます。
フィールドの外に出てしまった場合、その時点で敗退となります。
また、狭まっていくフィールドは必ずしも十二星がいる場所を中心としているわけではありません。

なおセクターによって地形は異なり、決闘者だけでなくフェイルに襲われる危険もあります。
こちらのシナリオにはフェイルは出ませんが、エアリーズ家によって復元され、
遺伝子レベルで強化された様々な海洋生物が登場します。
※万が一食われてしまっても、フェイルとは異なり決闘者空間で死ぬことはありません。
ただし致命傷を負えば相応のダメージをアバターが負うことになります。


★アバター死亡
本シナリオでは、難易度を鑑みず無茶な行動をしたとき、勝てない敵と戦ったときなど特異者が死亡するケースがあります。
そうなった場合、一定期間アバターチェンジできなくなります。
ただ、アバターが死亡したことで別のアバターで再度参加したとしても、
過去の功績などが消えることはありません。
死亡の場合は「死んだと思っていたが、実は生きていた」扱いとなります。

フェイタル・ゲームでのダメージは死に繋がらない、となっていますが、
致命傷を負った場合、アバターが機能不全に陥ることがあります。
これがアバター死亡と同等の扱いとなります。


■アクションについて
フェイタル・ゲームのシナリオでは、各パートごとのアクションと、
勝ち残った後の「決勝用」の戦闘行動の両方を書くことが可能です。


今回は各パートで最大3組(NPC含まず)が勝ち上がり、
【3】から続く形で最終決戦が行われることになります。

デュエルフィールドの関係上、市民等級が高いほど制限時間が長く人工島にも辿り着きやすくなります。

なお、カルロ=ペッシは島で待ち構えているわけではなく、普通にいち決闘者として予選から参加します。


■セクターLについて

決闘者の育成に熱心な内周セクターですが、
独特な空気を持っています。
ペッシ家は「水」と「太陽」に着目し、潤いと晴れやかな心が人々の精神を豊かにすると考え、
芸術に力を入れているヴィエルジュ家と連携して様々な取り組み行ってきました。
結果として、セクター内は地球のリゾート地のようになっており、
同じく人工の自然の多いセクターAやJともまた違った趣を持つに至りました。

開放的な環境の中で偉能力を鍛えた者たちの実力は高いものの、
残念ながらカルロのテンションやセクターLの空気感に馴染めず敗者となった者も一定数存在します。
とはいえ、彼らは彼らで負のモチベーションで力を高めているため、一筋縄ではいきません。

ペッシ家の当主でゾディアックシリーズ「ピスケス」の所有者であるカルロは帯刀者であり、
セクターFのルネ曰く「自分と同じか少し強いくらい」とのことです。
ただ、パートナーのオロチが破格の力を持つ偉人のようで、
十二星の一部からは「カルロの方はおまけ」と言われてしまっているほどです。
オロチという名乗りは彼女にまつわる伝説に由来するそうです。

なお、空を飛ぼうと浮くと灼熱の人工太陽に全身を焼かれ、
その時点で脱落となりかねませんのでご注意下さい。


【1】ビーチ中央 難易度:6

人工ビーチの中央部からスタートするパートです。
ビーチは三日月型に作られており、最も島から遠くなっています。
また、水上の足場も少ないため、制限時間に島まで辿り着くには何らかの工夫が必要となります。
決闘者はもちろんバイオシャーク、バイオピラニアのような生物もいます。
海洋生物はあくまで障害物扱いなのでさほど強くないものの、油断するとどこで襲われるか分からないため、
勝ち残るのはかなり難易度が高くなっています。


【2】ビーチ南端 難易度:5

このパートは「市民等級がEランク以上」の方が選択可能です。
アクション締切時点でEランク以上でない場合、別パートで描写されますのでご注意下さい。


人工ビーチの南端からスタートするパートです。
水上の足場はそこそこあるため、
上手く渡っていけばアイテム、スキルの組み合わせ次第では泳がずとも島に到達することが可能です。
ただしセクターLの決闘者や、こちらでは巨体を持つバイオホエールも出てきます。
飲み込まれれば脱落必至ですが、やり方次第では足場としても活かせます。
なお、決闘者の中にはサーフボードや水上ホバーバイクなどを駆使する者もいますが、
一定以上の速度を出すと波が発生する仕組みになっているため、
必ずしも「乗り物を使えば有利」なわけでもないようです。

カルロ&オロチはこちらから参加します。
なお、彼らは島への一番乗りを目指しているため、挑まなければ表記上の難易度です。
仮に予選落ちを狙って戦う場合は、難易度は跳ね上がります。


【3】ビーチ北端 難易度:5

このパートは「市民等級がDランク以上」の方が選択可能です。
アクション締切時点でDランク以上でない場合、別パートで描写されますのでご注意下さい。


人工ビーチの北端からスタートするパートです。
島までの距離は一番短く、足場も多いため水上装備がなくても島に渡れます。
その分足場はよく揺れ、人食いのバイオシャークだけでなく、
バイオゼリーフィッシュのような極めて高い毒性を持つ生物もいるため、
水中に落ちたら突破は絶望的という状態になっています。
また、足場が多いとはいえ限りがあるため、必然的に決闘者での取り合いとなります。
上手くかわしていければ表記上の難易度で済みますが、戦闘が多くなれば突破難易度は上がります。


それでは皆様のご参加をお待ちしております。


【2018年9月20日10:40 修正】マスターコメントとアクションパートの難易度に誤りがございましたので修正いたしました。
【2018年10月3日17:00 変更】リアクション公開予定日を『2018年10月24日』へ変更いたしました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】ビーチ中央

6

【2】ビーチ南端

5

【3】ビーチ北端

5