三千界のアバター

≪フェイタル・ゲーム≫蠍座の迷宮

リアクション公開中!

≪フェイタル・ゲーム≫蠍座の迷宮
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:エデン
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年09月21日公開!

シナリオガイド

スコルピオン家が作り上げた迷宮を攻略せよ!

シナリオ名:≪フェイタル・ゲーム≫蠍座の迷宮 / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム



勝者(ウィナー)と敗者(ルーザー)の決闘者(デュエリスト)が戦い続ける
“勝敗の世界”エデン。

長く続く膠着状態と怪物フェイルの出現により、エデンの人々は疲弊しつつあります。
既に十二星による管理には限界が生じ、何らかの手を打たなければ都市がもたないところまできていました。

そこで十二星は事態を収束させるべく、「フェイタル・ゲーム」を考案。
エデンの“真の勝者”を決め、エデンを“仕切り直す”べく動き出します。

十二星全家門の合意が必要であり、反対する者もいたため、開催は困難な状態でした。
しかし、キャンサーの力を奪ったセクターDの代表が食いついたこと、
ワールドホライゾンと繋がり、特異者がやってきたことから、「機会は今しかない」と全員が合意しました。

* * *


 ――セクターH。

「ゾフィー様。間もなく当セクターHでフェイタル・ゲームが開催となります。ご準備を」

秘書の声が聞こえ、スコルピオン家の当主ゾフィー=スコルピオンは目を覚ましました。
しかし、ベッドからは起き上がりません。

「……面倒ですわ。カタリナ、貴女が代わりに取り仕切りなさいな。
 わたくしと契約を交わしたパートナーなのですから、権限は同一ですわ」

ゾフィーは元々フェイタル・ゲーム反対派ですが、そもそも決闘者としての戦いそのものに否定的な人物です。
自身も成り行きで決闘者となっているものの、できる限り力を使わないようにしていました。

「いくら異空間になるとはいえ、街が荒らされることに変わりはありませんわ。
 正直、フェイタル・ゲームももっとスマートに」

ぼやきながら、ゾフィーははっとし、ベッドから起き上がりました。
丁度いいアイデアが閃いたのです。

「ふふ、カタリナ。わたくしはやはり戦いませんわ。戦わずして、フェイタル・ゲームに勝利してみせます。
 だって……疲れるの、嫌ですもの」

そう言って、再びベッドに横たわり、コンピュータを操作し始めました。

* * *


 セクターH、フェイタル・ゲーム当日。

 セクターHの管理者であるスコルピオン家のオフィスビルは、
 一夜にして奇怪な塔へと姿を変えていました。
 周囲の建物をも塔に取り込んで魔改造しており、もはや原型を止めておりません。

『ごきげんよう、セクターHの諸君。
 当セクターのフェイタル・ゲームのルールを発表いたしますわ』
 
ゾフィーの明朗な声がセクターHに響き渡ります。

『皆様の目には、塔が映っていることでしょう。
 これが、わたくしがフェイタル・ゲームのために用意した舞台ですわ。
 この塔を駆け上がり、制限時間以内に最も早くわたくしの元に辿り着いた方がセクターHの代表となります。

 で・す・が!
 
 もし、時間以内に誰も辿り着けなかったら、わたくしの勝利となりますわ』

塔の中は決闘者空間と同様の異界となっているだけでなく、
様々なトラップが仕掛けられており、偉能力を駆使して突破するものとなっています。

『さて、舞台を作ったわたくしである以上、最初から攻略させる気などないと疑う方もいるでしょう。
 そこはご安心下さいな。
 ちゃあんと突破できるように作ってあることは、“審判”にも認めてもらってますわ。
 それと、“チェックポイント”はちょっとしたご褒美も用意してありますの』

フェイタル・ゲームは性質上勝者、特に管理者たる十二星が有利ですが、
敗者にもチャンスがあるようにしなければなりません。
審判である鍵守ヴォーパルが認めている以上、参加者の誰もが勝利できるチャンスがある、ということになります。

『ただ決闘に強いだけでは、わたくしの元には辿り着けないでしょう。
 時には力尽くで、時には知恵を振り絞り、ここまで上がって来なさいな。
 おーほっほっほっほっほ!!!!』

ゾフィーの高笑いが、エコーとなって徐々に消えていきました。

* * *


「フェイタル・ゲームと聞いて、楽しみにしていたのですが……セクターHでは決闘がついで、なんですね」

白い髪をなびかせ、清楚な出で立ちの少女が塔へ向かって歩いていました。
しかし首元にはその姿に似つかわしくない、髑髏のアクセサリーがあります。

「……!!」

「どうなさいました、タケさん?」

タケさん、と呼ばれた偉人は少女を見て微笑みました。

「我が盟友の気配を感じたニャ。そうか、あの者も契約を果たし、この世界に顕現したか……」

彼はセクターEの方を見つめ、一人で納得します。

「我も運がいい。ミツキ、お前と契約したことで、再び戦場に立つ機会を得たのだからニャ」
「おめでとうございます?
 それはそうとして、せっかくですから“ゾディアックシリーズ”の一つくらい、手に入れるとしましょう」


担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

エデンのトリガーシナリオ『フェイタル・ゲーム』第2回です。
第2回となる今回は、セクターBとセクターHが同時に行われます。

フェイタル・ゲーム全般に関してはコチラをご覧下さい。

同日に公開される≪フェイタル・ゲーム≫がタイトルについたシナリオに予約・抽選参加している場合、
こちらのシナリオには予約・抽選参加できませんのでご注意下さい。
ただし、追加参加になった場合はその限りではありません。



なお、今回のシナリオには「宿命のソーマ」にてご考案頂いたライバルキャラである

・霞ヶ城 光祈(かすみがじょう・みつき)

が登場しています。
そのため、オーダーして頂いた焔生 たま(SAM0003964)様をご招待させて頂きます。
※参加費はお客様負担となります。

また、【招請のソーマ】でトリガーシナリオに招待されているお客様につきましては、
本日公開の≪フェイタル・ゲーム≫がタイトルについたシナリオのどちらかのみ、招待参加の対象となります。
別の≪フェイタル・ゲーム≫がタイトルについたシナリオに招待参加している場合、
こちらのシナリオには招待参加できませんのでご注意下さい。
ただし、追加参加になった場合はその限りではありません。


●基本的な状況
フェイタル・ゲームは一つのセクターを丸ごとデュエルフィールドとした大規模なバトルロイヤルです。
ただ、常にセクター全体が範囲となるわけではなく、時間経過と共に狭まっていきます。
フィールドの外に出てしまった場合、その時点で敗退となります。
また、狭まっていくフィールドは必ずしも十二星がいる場所を中心としているわけではありません。

セクターHの代表であるゾフィー=スコルピオンはエリアをスコルピオン家のオフィスビルを魔改造した塔に限定し、
制限時間とともに下層から場外となっていくようルールを変更しました。
トラップに引っ掛かって時間をロスすると、脱落するようになっています。

制限時間以内に最も早くゾフィーの元に辿り着けた決闘者が代表となりますが、
塔内での決闘は特に禁止されてはいません。

塔には三ヵ所の入口があり、それぞれのルートでゾフィーの部屋を目指すことになります。
なお、ゾフィーの部屋の前には彼女のパートナーである偉人が待ち受けており、
彼女との戦いだけは避けられないようになっています。

なおゾフィーは直接戦いはしないものの、状況を自室からモニターしており、
必要に応じて塔のギミックを操作して妨害してきます。
そのため単なる罠解除系スキルだけでは対策としては不十分となります。


★アバター死亡
本シナリオでは、難易度を鑑みず無茶な行動をしたとき、勝てない敵と戦ったときなど特異者が死亡するケースがあります。
そうなった場合、一定期間アバターチェンジできなくなります。
ただ、アバターが死亡したことで別のアバターで再度参加したとしても、
過去の功績などが消えることはありません。
死亡の場合は「死んだと思っていたが、実は生きていた」扱いとなります。

フェイタル・ゲームでのダメージは死に繋がらない、となっていますが、
致命傷を負った場合、アバターが機能不全に陥ることがあります。
これがアバター死亡と同等の扱いとなります。


■アクションについて

今回は各パートのアクションの他、塔を上った後の最後の関門である、
カタリナとの決闘のアクションをかけることができます。
※パートによってはスキル・アイテムの制限がありますが、この決闘での使用に制限はありません。

なおどのパートであってもトラップにかかると、

・スタン
・混乱
・毒
・速度大幅低下
・狂戦士

といった状態異常にかかります。
なお、トラップの中には階段が崩れるなど、道そのものに異常が生じるものもあります。


■セクターHについて

セクターHはスコルピオン家が管理する区域です。
スコルピオン家は「品位と清潔」を重視する家門で、心身の清潔さ保つために様々な取り組みを行っています。
その性質から、セクターHにはほとんど敗者がいません。
当主のゾフィーはあまり偉能力や決闘を良く思っていませんが、
なぜかセクターHは腕の立つ決闘者を多く輩出しています。
スコルピオン家の方針から、ゾフィーを含め、決闘者の大部分は調律者となっています。

また、セクターHは女性比率が高いですが、これはスコルピオン家がエアリーズ家の協力のもと、
意図的に女性を増やしているためです。
なお、ゾフィーは老化抑制を行っているため、外見は幼い少女ですが、実年齢はサイガより上です。
彼女は戦いは苦手ですが、機械の扱いに秀でており、
自室からほとんど出ずにフェイルや敗者への対処を行っているため、サイガからは「不動姫」とあだ名されています。


【1】裏口から攻略する 難易度:4

このパートは「市民等級がEランク以上」の方が選択可能です。
アクション締切時点でEランク以上でない場合、別パートで描写されますのでご注意下さい。


塔の裏口から最上階を目指すパートです。
道は比較的分かりやすく、ただ螺旋階段を上っていくだけとなります。
ただしチェックポイントを除けば一切の光がなく、階段の中にはトラップのスイッチも紛れており、
踏むと様々なギミックが発動するようになっています。
なお、空中にも様々なセンサー類があるため、飛んだら飛んだで発動するトラップもあります。

螺旋の中央は吹き抜けになっており、落ちると復帰は困難です。

チェックポイントにはゾフィーが用意した栄具や偉能力強化アイテムが置かれていますが、
それを手に取った瞬間、トラップが発動します。
最初に触れた方が次のチェックポイントまで持って移動できればそれを入手できますが(後日アイテムとして配布します)、
できなければ手に入りません。


【2】正面入口から攻略する 難易度:5

塔の正面から最上階を目指すパートとなります。
このパートはエレベーターを乗り継いで最上階に向かうものとなっていますが、
移動中にゾフィーが放った警備ドローンが襲ってきます。

エレベーターそのものは大人数が乗れるだけの広さがありますが、
必然的に他の決闘者と顔を合わせるため、彼らとの戦いにも備える必要があります。

エレベーターからエレベータへの乗り継ぎは数秒しかなく、
また、塔のギミックによる妨害があるため注意が必要です。

なお、乗り継ぎに失敗した場合上る手段がなくなるため、脱落が確定します。

エレベーターとエレベーターの間がチェックポイントとなり、栄具や偉能力強化アイテムが置かれています。
最初に通過した方が次のチェックポイントまで持って移動できればそれを入手できますが(後日アイテムとして配布します)、
できなければ手に入りません。

※このパートはアイテムのみ使用可能です。

霞ヶ城 光祈とパートナーのタケさんはこちらに登場します。
タケさんはどうみてもさんぜんねこの姿をしていますが、それは生前の最後の姿に由来しており、
元々はちゃんと人間だったようです。


【3】仮設口から攻略する 難易度:6

オフィスビルを魔改造した際に増設された仮設口から最上階を目指すパートとなります。
内部は建物の中とは思えない広大な空間となっており、
屋内に仕掛けられた装置を見つけ、それを起動することで上階へ上がることができます。

装置そのものは目視ですぐに見つけられますが、トラップの起動装置も混ざっているため注意が必要です。
なおトラップの中には上階へ行くためのギミックを破壊するものも存在するため、
手当たり次第に潰そうとすれば誰も突破できず、詰むことになります。

ギミックを解除し、上階への道を開く度に栄具や偉能力強化アイテムが手に入ります。
これがチェックポイントの役目を果たしており、
道を開いた人が次のチェックポイントまで持って移動できればそれを入手できますが(後日アイテムとして配布します)、
できなければ手に入りません。

※このパートはスキルのみ使用可能です。


・カタリナについて

ゾフィーのパートナーの偉人で、彼女の秘書です。
巨大な車輪を背負っており、それを武器として用います。
また、機械の扱いや話術にも秀でており、ゾフィーのサポートも受けているため、
実質二人分の戦力となっています。
元となった人物は、聖人であるアレクサンドリアのカタリナのようです。




それでは皆様のご参加をお待ちしております。

【1】裏口から攻略する

4

【2】正面入口から攻略する

5

【3】仮設口から攻略する

6