三千界のアバター

シャイニング・キャニオンの攻防

リアクション公開中!

シャイニング・キャニオンの攻防
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:テルス
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2017年10月10日公開!

シナリオガイド

レーヴェの猛攻を前に、ラディア王国の最終防衛ラインを守り抜けるのか!?

シナリオ名:シャイニング・キャニオンの攻防 / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム


相克(そうこく)の世界テルス

魔力豊かな惑星「スフィア」と過酷な環境にある小惑星群「ワラセア」。

二つの大きく性質を異にする地域は対立し、ワラセアで興ったグランディレクタ共和国は、
スフィアにあるラディア王国への侵攻という事態に発展してしまったのです。

■□■


 ――シャイニング・キャニオン、ヴァルナ城塞

 シャイニング・キャニオンは冥王大戦時代、大地母神キュベレーに認められた騎士「後継者(サクセサー)」たちと冥王の最終決戦の場所と伝えられています。
 冥王大戦時代の遺跡が残されており、今でも冥王大戦時代の遺物が時々発掘されています。

 メタルキャヴァルリィとエアロシップの技術力において劣勢を強いられているラディア連合王国軍が、グランディレクタ共和国軍の猛攻を食い止められているのは、サフル大陸のほぼ中央を南北に走るバルカン山脈に助けられているといっても過言ではありません。
 シャイニング・キャニオンはバルカン山脈の真ん中の、西に突き出した部分に位置し、グランディレクタ共和国軍との戦いの最前線となっています。
 地形もさることながら、スフィアから去ったサクセサーたちが残した伝説のキャヴァルリィが、このシャイニング・キャニオンの遺跡に眠っていると言われています。
 現在、ラディア連合王国軍が所有する、伝説に登場するキャヴァルリィはグラディウス一体のみですが、連合王国軍からすれは伝説のグラディウスタイプはいくらあっても困りません。グランディレクタ共和国軍からすれば、伝説のキャヴァルリィを手に入れられば、それを解析することでメタルキャヴァルリィの性能を格段に高め、この戦争に勝利できると踏んでいるようです。

 シャイニング・キャニオンは地形的にも、戦力向上のためにも必要な要衝として、本戦争の最前線と位置付けられています。
 そのシャイニング・キャニオンの最終防衛ラインにあるヴァルナ城塞を預かるのが、“飛燕の緑薔薇”の異名を持つ元プリンセスガードのスティアです。
 彼女は“赤い旋風”ロワイエ・サー・ベッケナーの部下でした。『三千界アカデミーAW校』の臨時講師を務めており、特異者たちとも面識があります。

「何!? レーヴェ・アバルトのドレッドノート級がオデソスから出ただと!?」

 城塞の執務室で防衛隊の配置を練っていたスティアは、偵察隊のペガサスリッターからの報告を聞くと、思わず立ち上がっていました。

「レーヴェが動いた……後退してブレンダムに戻るか、それとも……お前、レーヴェが動く前にオデソスに何か動きはなかったか!?」

 スティアは口に出して考えをまとめつつ、不足している部分を聞きました。
 ペガサスリッターの少女は、少し前にオデソスに未確認のエアロシップが入ったと告げました。

「援軍が来たと見て違いない。レーヴェ自らがドレッドノート級で出たということは、このヴァルナ城塞を本気で落としに来ているようだな。未確認のエアロシップは、先日報告があった、イルメナウ城塞でグリフォンリッター中隊を壊滅させたメタルキャヴァルリィを積んでいた艦と同系統と思われるな」

 スティアは手持ちの情報から相手の出方を推測していきます。

「シャイニング・キャニオンは山岳地帯と森林地帯、そして渓谷地帯から成っている。渓谷部はメタルキャヴァルリィが入るのが難しいから……レーヴェ自らが出るとすると、本命は……手持ちの兵では足りんな。しずくに応援を頼もう」

 スティアはそういうと、蘭野しずくへ連絡を入れたのでした。

■□■


 ――オデソス近郊、ドレッドノート級エアロシップ艦橋

「全軍に今回の作戦を伝える! エアロシップ隊はオレのドレッドノート級を旗艦に山岳地帯より進軍だ。メタルキャヴァルリィ隊はリチャードを大隊長としてエアロシップより森林地帯に降下、進軍せよ。オレが率いる本隊は渓谷部より潜入だ!」

 レーヴェ・アバルトはオデソスより出撃したヘビークルーザー級バトルシップ艦隊に、そう通達しました。
 旗艦である自身のドレッドノート級を囮に、渓谷より侵入し、ヴァルナ城塞を陥落させる作戦でした。
 というのも、シャイニング・キャニオンの渓谷部は遺跡が多く、その分坑道などがあり、メタルキャヴァルリィやエアロシップは進入できないのです。

「リチャード、メタルキャヴァルリィ隊の指揮は任せたぞ」
「任されましょう。大将が潜入するまで、きっちり戦線は押さえますよ」

 レーヴェにそう答えたのは、彼の配下であるセンチュリオン、リチャードでした。いつもひょうひょうとしていますが、“戦争屋”や“女好きの掃除屋”、“ノルトマルクの死神”と肩を並べる、“姿なき立役者”の異名を持つセンチュリオンです。

「しかし大将、あのかわい子ちゃん、使えるのかね?」
「ふふ、ふふふ、ベータならだいじょうぶ! メタルキャヴァルリィもエアロシップもどんどんしずめちゃうから!」
「エーデル姉貴の研究所、エーデル・シンジケートで実用化に成功したトランスヒューマンだから、大丈夫だろう」

 リチャードの横には、後頭部に機械を埋め込み、そこから無数のコードが伸びている少女の姿がありました。
 今朝方到着した強化人間、トランスヒューマンの少女、ベータ・エーデルです。
 彼はベータの実力を訝しんでいました。レーヴェも姉エーデル・アバルトから提供されたものなので、無下には扱っていませんが、その実力は懐疑的です。

「この子は実用化に成功したトランスヒューマンの二人目ですが、エーデル・シンジケートのトランスヒューマンの戦闘データは共有されますから、戦闘を重ねれば重ねるほど、後発のトランスヒューマンは強くなりますよ」

 ベータ・エーデルの後ろに控えていた、フードを深く被った人物がそう答えました。

“死の商人”、オレはゲルデ兄貴とお前が懇意にしていたというから、こうやって艦に置いているし、ベータ・エーデルの世話も任せている。だが、信用はしていない」
「ごもっともです。ですが、お得意様だったゲルデ様を殺めた連合王国は、俺にとっても商売敵。この境屋、レーヴェ様の信頼を得られるよう、誠心誠意協力させていただきます」
「トクイシャ、といったか。連合王国に協力している強力な傭兵どもに対処できるのだな?」
「ええ。今回は少し趣向を変えました。キャットチェンジャーを使えば、奴らは猫も同然」

■□■


「ヴォーパルの言っていた『深く歪んだ波動』……グランディレクタから確かに感じるわ。何とか正体を探らないと」

 シャイニング・キャニオンには、オデソスから出撃したレーヴェの艦隊が到着しつつありました。
 風雲急を告げる中、蘭野しずくを通じてスティアからの連絡を受けた紫藤明夜は、ワールドホライゾン特異者たちに、シャイニング・キャニオンからの依頼を通達したのでした。
担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

テルスのトリガーシナリオ第二弾
『シャイニング・キャニオンの攻防』をお届けします。

アクション締切は9月20日の10:30までとなっており、
通常のトリガーシナリオよりも長めとなっています。

★アクションについて
シナリオに参加した後、自分の行動に合わせて「アクションパート」のいずれかを選択してください。
自分の行動したい物がない場合でも、活動場所が近い物を選択してください。

アクションパートはクエストと同様の難易度が設定されていますが、
シナリオではアクションによって難易度の差を埋める、
あるいは戦闘能力に左右されない行動をとることも可能です。

具体的なアクションの書き方が分からない方は、プレイガイドをご覧ください。

●基本的な状況
シャイニング・キャニオンは冥王大戦時代の遺跡とそこに埋蔵された兵器が数多く眠っていると同時に、ラディア王国の最終防衛ラインとなっています。
共和国軍中央軍司令官レーヴェは、艦隊を率いてシャイニング・キャニオンを守るヴァルナ城塞へと進軍しました。
しかし、それは囮で、本命はレーヴェ本人が自ら乗り込み、ヴァルナ城塞を陥落させる作戦のようです。
しかも、イルメナウ城塞でも投入された人工サクセサーことトランスヒューマンの二人目が実戦配備され、また、境屋を名乗る“死の商人”も協力しているようです。
ヴァルナ城塞が陥落すると、ラディア連合王国軍の勢力下はかなり後退せざるを得なくなりますし、シャイニング・キャニオンに眠る伝説のキャヴァルリィや装備などをグランディレクタ共和国に奪われてしまう危険性が出てきます。

皆さんの目的は

1.メタルキャヴァルリィ隊の降下阻止
2.降下したメタルキャヴァルリィを撃退する
3.渓谷部を警備する


となります。
この3つの目的のうち、3を含む2つ以上成功すればヴァルナ城塞は陥落せずに持ちこたえられます。


【1】メタルキャヴァルリィ隊の降下阻止 難易度:3

ヴァルナ城塞の上方を防衛します。
ヴァルナ城塞はシャイニング・キャニオンの切り立った渓谷を掘って造られています。
その上は山岳地帯となっており、なだらかだったり、切り立ったりした起伏に富んだ山々がそびえています。

レーヴェは自身の旗艦ドレッドノート級エアロシップを中心に、ヘビークルーザー級エアロシップ艦隊を展開させています。
ドレッドノート級は大口径三連装魔力砲や魔力砲用焼霰弾、メガフォースキャノンなどを展開させており、援護射撃を行います。
随伴艦のヘビークルーザー級エアロシップは僚機の爆撃機プレゼントボマーを艦載し、中口径連装魔力砲や魔力砲用焼霰弾を装備しています。
中には前面に板状の盾を装備したシールドクルーザー級エアロシップもいるようです。攻撃能力はありませんが、防御力はアーマードクルーザー級より上です。
そして、ライトキャリアー級エアロシップと呼ばれる軽空母から、森林地帯にメタルキャヴァルリィ隊を降下させます。

レーヴェの副官が指揮を執っており、“死の商人”がドレッドノート級に搭乗しています。
“死の商人”はオブザーバーですが、ある程度の発言権が与えられているようです。

こちらのパートではバトルシップ隊を迎撃し、できる限りメタルキャヴァルリィ隊の降下を阻止するのが目的になります。
PCが装備するアイテム「トーチカ」は、シナリオ開始前に、山岳地帯の任意の場所に配置することが可能です。
また、メタルキャヴァルリィもシナリオ開始前に配置することができます。

こちらに成功すると、【2】パートのメタルキャヴァルリィ隊の降下数が減り、実質、難易度が下がります。

NPCはスフィアが指揮を執りますが、彼女はヴァルナ城塞内から指示を出すだけで、現場には出てこられません。
航空戦力としてペガサスリッターとグリフォンリッターが配備されており、ヴァルナ城塞に備え付けられているトーチカから対空砲火が行われます。


【2】降下したメタルキャヴァルリィを撃退する 難易度:5

降下してきた“姿なき立役者”リチャードが率いるメタルキャヴァルリィ隊を、ヴァルナ城塞の前面にある森林地帯で防衛します。
森林はうっそうと茂る森で、メタルキャヴァルリィの姿はほとんど隠れてしまいます。
焼き払ったり、切り倒したりすることは可能ですが、やりすぎるとヴァルナ城塞が丸見えになってしまうので、ご注意ください。

降下してくるメタルキャヴァルリィ隊は、ビームガンとメックシールドを装備した森林戦仕様のフォレストファントムです。2~3機で小隊を組んでおり、小隊陣形を使用してきます。

リチャードはイントルーダー(ロンデル)に乗っています。森林の中でも素早く動けるようホバーユニットを付け、ホバー移動を可能にしています。武装はフラッシュバズーカとシールドのようです。
僚機はフラッシュバズーカとメックシールドを装備した森林戦仕様のフォレストファントムです。
彼は僚機と共に、三位一体の小隊陣形を使用してきます。こちらの攻撃はかなり強力ですので要注意です。

こちらの戦場にも、二人目のトランスヒューマン、ベータ・エーデルが参戦しています。
かなり好戦的な性格のようです。
彼女はトランスヒューマン専用機ブラックバードを駆り、遠隔兵器イェーガーを使用します。こちら飛行する無人の僚機のようで、メタルキャヴァルリィと有線で繋がっており、意のままに操れるようです。

防衛する場合の難易度は「5」となりますが、リチャードとベータ・エーデルを撃破する場合難易度は「6」まで上がります。
ただ、撃破した場合、トランスヒューマンの情報が手に入る場合があります。

こちらはスティア配下のトルーパー、ジェミーが指揮を執ります。
彼女はペガサスリッターで、僚機もペガサスリッターですが、フォレストファントム小隊とサイフォスキャノン先行型小隊それぞれを数個小隊連れてきています。

なお、【1】パートで敵エアロシップが多く残っている場合、援護射撃が行われます。


【3】渓谷部を警備する 難易度:5

ヴァルナ城塞の下方には、多くの冥王大戦時代の遺跡が眠っており、発掘と調査が進められています。
そのため、多くの坑道が造られており、ヴァルナ城塞に繋がっています。

レーヴェは『協力者』からこの坑道の地図を手に入れており、自ら指揮して、白兵戦で城塞を陥落させようとしています。

レーヴェはエアロシップ隊が行動を起こすと同時に、センチュリオンとトルーパー、コマンダーとオペレーターを多数率いて、渓谷の最下部より坑道を使って侵入を開始します。
レーヴェは共和国製のマシンガンを、センチュリオンやトルーパーはSMGを装備しています。コマンダーとオペレーターはそれぞれ魔法の威力を高める装備をしているようです。

坑道は狭いため、サイズが「L」以下に制限されます。メタルキャヴァルリィやエアロシップでは行動できません。

こちらは侵入に気付いたスティアが迎撃に向かいます。
スティアはユニコーンリッターで、ユニコーンに騎乗しています。また、配下のトルーパーたちは坑道という点を加味して、ウルフリッターを選んでいます。

こちらに参加した場合、スティアより坑道の地図が渡されますので、坑道で迷うことは無くなります。
ただ、爆破などは生き埋めになる可能性が高いため、オススメしません。

なお、レーヴェは生身でメタルキャヴァルリィを一本背負いしたという逸話があるほどの怪力の持ち主ですので、十分注意してください。


★その他
【1】【2】【3】問わず、グランディレクタ共和国軍はワールドホライゾンの特異者の存在に気づいており、対抗措置を用意しているようです。


■戦功について
本シナリオでは活躍したPCに戦功として、

・活躍に応じた戦功称号
・次回シナリオでの特殊な役割
・“センチュリオン”や他上級アバターのチェンジ用のアイテム
※センチュリオン以外のアバターも登場するかも知れません!
・新装備や専用機、鹵獲機(2か所以上の防衛に成功した場合)


などがプレゼントされ、戦功一覧ページでお名前を掲載させて頂く予定です。
内容的に戦うキャラクターがメインと見えるかも知れませんが、軍人でないとしても、活躍された場合は戦功の対象となります。

また、【1】と【2】の防衛に成功した場合、レーヴェはオデソスまで撤退せざるを得なくなりますので、オデソス近郊の地域をラディア連合王国の勢力下に置くことができます。
【3】の防衛に成功した場合、冥王大戦時代の遺跡の発掘・調査はそのまま進められることになり、PCたちにも冥王大戦時代の遺跡から発掘された装備などが提供される場合があります。

詳しくは、コチラをご確認ください。


■アバター死亡/停止
本シナリオでは、難易度を鑑みず無茶な行動をしたとき、勝てない敵と戦ったときなど特異者が死亡する、
あるいはアバターが機能停止に陥るケースがあります。
そうなった場合、一定期間アバターチェンジできなくなります。
ただ、アバターが死亡したことで別のアバターで再度参加したとしても、
過去の功績などが消えることはありません。
死亡の場合は「死んだと思っていたが、実は生きていた」扱いとなります。


それでは、皆様のご参加をお待ちしております。

【1】メタルキャヴァルリィ隊の降下阻止

3

【2】降下したメタルキャヴァルリィを撃退する

5

【3】渓谷部を防衛する

5