クリエイティブRPG

ユナイティア

【ソーサラー】サテライトの風穴

リアクション公開中!

 94

【ソーサラー】サテライトの風穴
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:ユナイティア
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2023年09月19日公開!

【!】このシナリオは同世界以外の装備が制限されたシナリオです。
シナリオガイド

再起動した風穴を攻略せよ!

シナリオ名:【ソーサラー】サテライトの風穴 / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム


――クオリアス領、郊外

 メギトスから派遣任務を与えられた、エマ・アルケミアスガンド・衛刃キャロル・クオリアスの三人は魔法車に乗って移動していました。

「移動は長くなりそうね。任務の段取りを打ち合わせておくわよ?」
「あぁ」
「強い敵がいるといいな!」

 後部座席に座るエマが予め渡されていた資料を取り出すと、今回の任務について改めて確認をします。
 今回の任務は、クオリアス領のサテライトでの風穴を調査しその支配権を確立することです。
 風穴は大昔に活動停止したはずですが、最近になって突如再稼働し始めたという報告があったのです。そのままでは、風穴の中からモンスターが現れ人々を襲うかもしれません。
 そうなる前に、風穴の内部へ侵入しその奥にある遺跡を攻略し、モンスターが外に出ないように制御する必要があるのです。
 任務の最終確認を終えたところで、エマはふと窓の外へ視線を向けます。

「酷いものね……。でも、私たちが真理に到達出来ればこの景色も変わってくるはずよ」
「…………」

 クオリアスの中心部近くでは道も舗装され人通りも多かったのですが、中心から離れるほどに人通りは減り窓の外に広がる景色も徐々に寂れてきます。
 裕福な者が生活する中心部は管理が行き届き自然も豊かで賑わいを見せていますが、中心部から離れるほどにその恩恵を得られない者たちが増えていき、貧富の格差が分かりやすい形で表れていたのです。
 特にメギトスを中心に展開される巨大結界の外縁部。結界外に広がるサテライト(捨てられた土地)と呼ばれる地域に近い場所ほどそれが顕著であり、その日の飢えを凌ぐのも精一杯といった人々の様子が見えるのです。
 衛刃は運転を続けながら一瞬だけ視線を周りに向けますが口を開くことはなく、何かを感じてはいるようですがそれをエマやキャロルに悟らせることはありません。
 一方でキャロルはというと、窓に張り付いて景色をじっと見つめていました。

「サテライトの景色が珍しいのかしら?」
「ううん、そうじゃなくて。うーんなんて言うのかな、どこかで見たような気がするんだよねー」
「あら、そうなの?」
「あー、ダメだ! 分かんないや!」

 何かひっかかりを覚えているようなキャロルですが、結局それがなんなのかを思い出すことが出来ず頭を抱えます。
 しかし、分からないことを気にしていても仕方ないと割り切ったのか、今は任務に集中することにしたようで、気にした様子もなく遺跡の中での戦いに思いを馳せ始めました。

◇◆◇


 サテライトは緑の存在しない荒地で、当然ながら道も整備されていません。
 ごろごろと転がる岩の数々に、これ以上は魔法車では進めないと判断して徒歩での移動へ切り替えます。
 
 特異者たちの一部は三人に気取られないようにとある場所へ向かいます。
 脳内に直接声が響きました。

『やあ、聞こえるかな?
 その様子だと無事にサテライトについたみたいだね』

 声の主はカムイです。
 数日前カムイはとある事件について特異者に伝えました。
 内容は以下のようなものでした。
 
『ちょっと困ったことになってね。キミたちが向かう場所の近くに廃棄された工場があるんだけど、そこを何者かが占拠したらしいんだ』
 何者か……、カムイが最初に話していたシンジゲートと関わりがあるのでしょうか。
『まだどんな組織なのかや背後関係までは洗えていないんだけど、数は少なくとも十数人ってところかな』
 十数人。術師が世界的に不足している中でその内のどれだけが魔法を使えるか怪しいものです。
 単に武装した相手なら魔法を使える術師はそうそう遅れを取らないでしょう。
『それがそうもいかなそうなんだ。なぜか分からないが全員が魔法を使える。ブロンズ級かもね。
 それに工場には各大陸で行方不明になっていた人がいてね。彼らが捕らわれているという情報もあるんだ』
 つまり、その人たちが人質に取られるかもしれません。
『そうだね。
 というか、もう取られているといっていい。
 これ見よがしに檻の中に閉じ込められている。
 魔法に関する実験に付き合わされたんだろう、かなり消耗している。
 一刻も早く救い出して治療する必要がある。
 だからキミたちには謎の集団から誘拐された人々の救出をお願いしたいんだ。
 なるべく早くね』

 カムイからの任務に了承しますが、一つ気になることがあります。。
 工場で何をしているのか。実験以外にも何か行っていても不思議ではありません。
 それを調べる必要はないのでしょうか?
 
『そこは調べがついている。魔道具の作成さ。
 敵側の武力を補うものだろう。
 その材料も出所が見つかっている。そっちはこれからの対応になるけどね。
 それと、その工場は敵にとってももはや不要なものなんだろう。
 どうやったかは知らないがいつの間にか主犯格たちは撤退している。
 生産していたであろう魔道具もだ。
 見つかって困るような痕跡は消しているだろうね。
 工場に人々を残したのは救出にこちらの人員を割かせるためだろう。
 陽動かもしれない。どこか別の場所で行動を起こすつもりかもね。
 だが幸いにも敵は君たちのことはまだ知らないだろう。
 おかげで人員を待機させることが出来たよ。
 何か起きても他のメギトスの魔法使いたちを派遣できる』
 
 とすれば人々の救助にだけ集中すればよいはずです。
 謎の集団も恐らくは捨て駒。抜きんでた戦力がいるとも思えませんが
 油断は禁物です。
 
『あと、敵の殲滅にはこだわらなくていい。
 救助さえ完了すればあとは僕の方で何とかするよ。任務が終わったらこれを使ってくれ』

 そして渡されたのは赤いボタンのついた小さな魔導機械です。
 説明によるとこのボタンを押すことでメギトスまで信号が送られ、その信号を合図としてカムイが現場に移動し、魔法によって工場ごと敵を殲滅するという段取りです。
 カムイの魔法には瞬間移動に近い効果を持つものがあるとのこと。
 ただし原理的に瞬間移動後に活動できる時間が極めて短く最長でも一分が限度です。

『固有魔法と言ってね。ごく一握りは他の人には再現不可能な魔法を使えるんだ』

 こうして、メギトスからの公の任務とカムイからの秘密の任務。
 この二つの任務が始まりました。
担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

『トリニティソーサラーズ』のスペシャルシナリオ『派遣任務:サテライトの風穴』をお送りします。

後日、関連クエストがリリース予定となっておりますのでお楽しみに!

また、ユナイティアをオトクに始められる

「トリニティソーサラーズ」スタートキャンペーン

もぜひご活用ください。

・ワールドガイド
トリニティソーサラーズ『ユナイティア』
・アバター
『トリニティソーサラーズ』


■基本的な状況

新しく見つかった世界、ユナイティア。
そこは三魔法の世界。
系統の異なる3つの魔法が存在し、かつては各勢力で戦争をしていましたが、今では真理への到達のために、魔法学園メギトスを儀式場として建設し、勉学や研鑽に励んでいます。

ワールドホライゾンはそのユナイティアで「魔法教会」の長を務めるカムイから接触を受けると、事情を知り協力関係を築くことになりました。
秘密裏に魔法教会から派遣された有望な魔法使いとしてメギトスの学生となった特異者たちは、表向きはメギトスで学生生活を送り魔法の研鑽に励むことになります。
その魔法の研鑽において特に重要視されているのが、魔法教会や各勢力などから発せられる任務で今回の一件もそんな任務の中の一つです。

メギトスを中心に展開される超広域結界の外側に広がる荒れた土地、サテライト(捨てられた土地)。
クオリアス領のその場所で、かつて活動停止したはずの風穴が今になって再稼働を始めたという報告があったのです。
活動状態の風穴を放置すれば、その奥からモンスターが溢れ出して人々に襲い掛かってしまいます。
そんな事態になる前に、風穴の奥にある遺跡を攻略してモンスターが発生しないように制御する必要があるため、メギトスより任務が発令されたのです。
ボスとなるモンスターが3体おり、それぞれの勢力が1体ずつ倒す必要があります。

そしてボスに挑まずとも、道中のモンスターを倒していくことで
ボス討伐に向かう戦力の消耗を抑えてボスに辿り着けるようになるため、
ボスに挑むのが難しい場合には各階層の戦力を減らすように立ち回るのも手です。

また宝物を探すことも真理への到達や勢力の強化、
各勢力の人々の暮らしを豊かにすること、
生活基盤を支えることに繋がります。
ただし、今回の遺跡はメギトス以外の遺跡であり、
かつ特殊な遺跡でもないのでその影響は小さいです。

各々が目的に合わせて行動することが肝要です。

また、それと時を同じくしてもう一つの事件が発生しました。
クオリアス領のサテライト近くにある廃棄された工場が謎の集団に占拠されたようです。
集団の目的や背後関係などは今のところ不明ですが、各国の行方不明者が捕らえられていることから、犯罪組織であることは間違いないでしょう。
以上のことから、攫われた人々を無事に救出する任務も同時にカムイから発令されたのでした。

■次元遺跡
入り口となる風穴は一つですが、次元遺跡の探索は各勢力で分かれて行うことになりました。
遺跡は天然の洞窟がベースとなっており、入り口から下へ下へと伸びています。
全部で10の階層に分かれており、最深部である10階層を勢力ごとに目指す形となります。

1~5階層までは難易度26~10階層は難易度3扱いとなり、深い階層ほどモンスターは強く戦闘回数も増えることになります。
倒すのではなく戦闘そのものを避ける。
回復アイテムを準備しておく。
などして余力を残せると踏破率が上がるでしょう。
なお、目的は10層のボスを倒して風穴の制御を行うことですが、それとは別に遺跡の宝物が入手できるかもしれません。

遺跡での探索はガンドラの持つ思念体技術により、ダメージを実際の身体ではなく、思念体で受けることが出来ます。
思念体は実体に重ねるようにして作られた仮の身体です。
元遺跡での死は思念体が引き受け、本体は遺跡の外へと離脱します。
これにより安全に探索を行うことができます。
(ガンドラ以外の勢力にも上記は適用されます)

基本的に術師は戦車などの魔導機械と変わらない強度を誇ります。
防御力においては魔導機械がやや勝る程度です。
攻撃力については術師の魔法のほうが勝ります。
術師は強力ですが遺跡内の魔力環境に適応するために魔法力を消費する必要があります。
そのため非戦闘時は魔導機械の中に身を隠すことで環境適応に必要な魔法力を温存するのが基本です。

術師アバターが戦闘の中心となり、エクスプローラーが術師を支援することで遺跡を攻略しましょう。

■敵モンスター情報

チックピー:1~10層に生息
鶏くらいの大きさのヒヨコです。
二~三頭身でどこかマスコットらしさを感じますが、れっきとしたモンスターです。
短いくちばしでつついてきたり、体当たりしてきたりします。
肉は柔らかく美味ですが、過熱しないと食べられません。
食べると体が軽くなって速さが少し上昇し、体力が微量回復します。
風が弱点です。

ドリルモール:1~5層に生息
口がドリル状のモグラです。
穴を掘って巣を作る。攻撃手段はドリルによる突撃のみです。
地中や天井から攻撃を仕掛けてくることもあります。
肉は美味ですが過熱しないと食べられません。
食べると大地の震動を感じやすくなり、モンスターの奇襲に備えやすくなります。
階が深くなるほど群れで出現しやすくなっています。

イマチャートレント:6~10層に生息
根を足のようにして動き回る樹木です。
刃のように鋭い葉を飛ばして攻撃してきます。
火が弱点です。
果実を実らせていることがあり、硬く酸味が強いものの食べられないことはないです。
食べると魔法力が回復します。

ミニスタチュー:6~10層に生息
1mほどの人を模した石像です。
動きは鈍いですが全体的に硬く攻撃が通りづらくなっています。
また、槍と盾を装備しています。
風が弱点です。

ガーゴイル:10層のボスです。
悪魔の形を模した石像です。
飛行しながら岩塊を放つ魔法や鋭い爪で攻撃してきます。
爪は剣などと同様に斬撃として扱われます。
幸いにして天井はあまり高くなく、魔法は届くでしょう。
しかし、距離がある分回避されやすいので、
もしも翼を破壊できれば飛行能力の有利を潰せるでしょう。

■エクスプローラーのサブアバターについて
ユナイティアのシナリオではエクスプローラーはサブアバターに設定したアバターで勢力が判断されるのが基本です。
勢力の異なるパートに参加するとマイナスの補正がかかりますのでご注意ください。
ただし本シナリオの【1】~【3】はパートごとに勢力が分かれているため、参加パート=所属勢力とみなします。

・マギアータ → アルケミー
・カースラー → ガンドラ
・コキュートナ → クオリアス


■アバターおよびアイテムとスキルの制限
ユナイティア以外のアバターおよびアイテム、スキルは使用できません。

■本シナリオでの通信手段について
遺跡内での通信についてはアイテムやスキルが必要となりますが
本シナリオでは同じ階層内であれば通話が可能な電話型の魔道具が貸し出されているものとします。

■アクションパート
【1】遺跡の攻略を目指す『アルケミーナレッジ』 難易度:3
アルケミー寮に入寮した特異者が遺跡攻略を行うパートです。
■次元遺跡
■敵モンスター情報
をご確認ください。
こちらのパートでは
マギアータかエクスプローラーのみ参加が可能です。
マギアータおよびエクスプローラー以外のアバターが
メインアバターとなっている場合に著しいステータスダウンが発生します。

エマ・アルケミエスはこちらのパートに登場します。

【2】遺跡の攻略を目指す『ガンドラウィル』 難易度:3
ガンドラ寮に入寮した特異者が遺跡攻略を行うパートです。
■次元遺跡
■敵モンスター情報
をご確認ください。
こちらのパートでは
カースラーかエクスプローラーのみ参加が可能です。
カースラーおよびエクスプローラー以外のアバターが
メインアバターとなっている場合に著しいステータスダウンが発生します。

ガンド・衛刃はこちらのパートに登場します。

【3】遺跡の攻略を目指す『クオリアスフィール』 難易度:3
クオリアス寮に入寮した特異者が遺跡攻略を行うパートです。
■次元遺跡
■敵モンスター情報
をご確認ください。
こちらのパートでは
コキュートナーかエクスプローラーのみ参加が可能です。
コキュートナーおよびエクスプローラー以外のアバターが
メインアバターとなっている場合に著しいステータスダウンが発生します。

キャロル・クオリアスはこちらのパートに登場します。

【4】工場から人々を救い出す 難易度:4
追加で発令された任務です。
クオリアス領のサテライト近くにある廃棄された工場が何者かに占拠され、クオリアス以外の勢力も含めた各地で行方不明となっていた人々の姿が確認されています。
工場を占拠した集団から、誘拐された人々を解放してください。

謎の集団は術師の集団であり、コキュートナーだけでなくカースラーやマギアータも確認されています。
コキュートナーはクリティカル率を上げる術式効果を得た上で、風の刃や小さな竜巻を発生させる魔法を
カースラーは防御を高める呪核を宿し刀による近接戦闘を
マギアータは闇属性を強化する刻印を用いた、闇属性の弾丸や波動を放つ魔法を
それぞれ使用するようです。

また、誘拐された人々は工場の奥にある一室に纏めて押し込められているようです。

なお、こちらのパートにおいても勢力ごとに別れて動くことになりますので、アバター(所属)にはお気を付けください。

エマ・アルケミエス、ガンド・衛刃、キャロル・クオリアスはこちらのパートには登場しません。


【2023年8月22日15:45 変更】
リアクション公開予定日を『2023年9月19日』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】遺跡の攻略を目指す『アルケミーナレッジ』 【現在のMC参加人数:17】

3

【2】遺跡の攻略を目指す『ガンドラウィル』 【現在のMC参加人数:17】

3

【3】遺跡の攻略を目指す『クオリアスフィール』 【現在のMC参加人数:16】

3

【4】工場から人々を救い出す 【現在のMC参加人数:15】

4