クリエイティブRPG

ワールドホライゾン

海辺のグミグミ、タッグトーナメント!

リアクション公開中!

 119

海辺のグミグミ、タッグトーナメント!
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:ワールドホライゾン/全世界共通
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2022年10月12日公開!

シナリオガイド

突然現れた“グミ坊主”に、ペアの雄姿を見せつけよう!

シナリオ名:海辺のグミグミ、タッグトーナメント! / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



――ワールドホライゾン。


N界霊と同質のエネルギーを秘めたゴールデンミズギは回収され、
今年の海開きは無事に行われることとなりました。

国引きによってホライゾンには広大な海が広がっており、
それによって完全崩壊していたホライゾンビーチが数年ぶりに復活。
今年の水着コンテストも開催され、あとは結果待ちという状態になっています。

「もうすぐ夏が終わるのだ」

浜辺でかき氷を口にしながら、リュドミラ・カラシニコワは特異者で賑わう海を見つめていました。

「あの妙な界霊とやらは倒され、珍妙な水着も回収されました。
 このまま平和に過ごせればいいのですが」
「何か心配事でもあるのか?」
「ええ、まあ。それに、カリンの事も気掛かりですからね

成り行きでワールドホライゾンに来ることになってしまったハイネとしては、
何かと手間がかかる相棒のためにもローランドに帰りたいところです。
しかし長年の冒険者の勘が、まだ騒動が終わったわけではないと告げていました。

「ふむ、ハイネよ。君の勘は正しい。
 深い海の底から、奇怪な魔力の波長を感じるのだ」

ヴォーパルの首飾りによって、近界域の界霊はホライゾンに直接侵入することはできません。
しかしまだ新世界創りの途上であるホライゾンは安定しているわけではなく、
特異者たちの想念の影響を受けやすい状態にあります。

まだまだ物足りない。
俺たちの夏はこれからだ。

『夏のイベントを望む者たちの想念』が、巨大な何かを形作ろうとしていました。

「あれ、見たことあるぞ、大和の海坊主だ!」
「俺は似た奴、別の世界で見たことあるけどな……」

海から出てきたそれは、見る者によって異なる印象を与える不定形の怪物でした。
多くは大和や神州扶桑国で『海坊主』と呼ばれているモンスターと捉えています。

(聞こえるか、特異者たちよ……)

「あの怪物、直接私たちの頭に……!」
「あれも界霊、でしょうか?」

リュドミラとハイネが怪物を見上げました。

(否。我は界霊にあらず。
 我は汝ら特異者の“創造力”によって生まれし存在。
 汝らが戦ってきた水辺の不定形モンスター、そのイメージの集合体が我だ)

「だから人によって見え方が異なる、というわけですか」
「モンスターということは、力を合わせて倒せばいいのだな?」

ビーチにいる者たちが力を合わせて挑むものだと思ったリュドミラでしたが、怪物は否定します。

(夏の終わり、我が前でその雄姿をカップルでみせよ。
 勝ち抜いた者には海底で見つけた宝を渡そう……)

直後、怪物の身体が弾け、海上に闘技場が現れました。

「あの魔物はあくまで舞台装置。戦うのは僕たち、ということですか」
「タッグトーナメントだな。それはそれで面白いのだ!」

二人は早速闘技場に上がりますが、弾力の強さに一瞬バランスを崩しそうになります。

「柔らかい……それにこの匂いは」
「うむ、グミなのだ。マンゴー味のグミなのだ、この闘技場は!
 向こうの大きな方からはスイカの匂いがするぞ!」

闘技場、もとい怪物の身体はグミでできていました。
二つの闘技場のうち、小さい方はマンゴー。大きい方はスイカ味です。

(我が名は“グミ坊主”。夏を想う者たちによって生み出されし夏の魔物なり。
 
 ペアで戦う以上、本来ならばどちらか一人が倒れれば勝敗は決する。
 場外の海もまた、我が一部。沈めば汝らもグミとなって敗北する。
 回復アイテムの使用は認めない。我のグミ以外はな!
 ダメージを受けても、グミを食べれば体力を回復し、傷を癒すことができる。

 カップルでグミを食べさせあう事、それすなわち勝ち抜く秘訣なり)

グミ坊主は言うだけ言って、沈黙しました。

「最強のカップルの雄姿を見せる。
 ククク……勝ったな、相棒よ」
「実質アタシ一人みたいなもんだろ? それにこの前、一人で勝手にほっつき歩いてたんだ。
 今度は大人しくしてもらうよ」

優勝宣言をする田中 是空でしたが、雇っている傭兵デュランダルに首根っこを掴まれ、
引っ張られていきました。

「ハイネよ。せっかくの縁なのだ。私たちで組んで出ようではないか」
「それは構わないのですが……リュドミラ、僕たち二人とも後衛ですよ?」

こうして(文字通り)グミを舞台とした夏のタッグトーナメントが開催される事となりました。


担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

2022年の夏を締めくくるスペシャルシナリオ
「海辺のグミグミ、タッグトーナメント!」をお送りいたします。

本シナリオでは「新春フェスティバル2021」ぶりのタッグトーナメントが行われます!
今回はMサイズまでの通常部門に加え、大型の乗り物(イコンや守護者)をメインとした大型部門もございます。

また、タッグトーナメント以外にも浜辺で遊ぶパートもございますので、
ぜひお気軽にご参加下さい!


■タッグトーナメントについて

今回のタッグトーナメントは、サイズで部門が分かれております。

【1】タッグトーナメント マンゴーステージに参加(サイズMまで)

【2】タッグトーナメント スイカステージに参加(サイズL以上)


今回のルールは下記の通りになります。


■タッグトーナメントのルール

●「二人一組」で力を発揮するアイテム・スキルの装備推奨。
例:蒼空のフロンティアReの【連携】、エデンの【C(コンビネーション)】、【協力効果】のあるスキル、
ヒロイックソングス!の【スタイル】ディーヴァ、大和の依代装備、ユーラメリカのサーヴァント武器等。

※今回は必須ではありませんが、タッグ戦の性質上、ある方が有利となります。

●大型部門(スイカステージ)についても、「二人一組」で搭乗する乗り物(イコン、守護者)でなくとも問題ありません。
ただしフィールドはあまり広くないため、二人一組で運用する機体の方が有利です。

●会場

・通常部門(マンゴーステージ)
20メートル四方の闘技場となります。
また、飛翔した場合の最大高度は10メートルとなります。

・大型部門(スイカステージ)
200メートル四方の闘技場となります。
また、飛翔した場合の最大高度は100メートルとなります。

いずれも地面は強い弾力があるため、足場としてはやや不安定となっております。


●回復アイテムの使用制限
今回、グミ坊主によって回復アイテムに制限がかかっています。

使用可能な回復アイテム(グミ)は、
8月30日(火)公開予定のクエストで入手することができます。

なお、HPとMPは試合が終わるごとに回復され、
毎試合万全の状態で挑むことができるようになっています。


●トーナメント形式となり、勝ち進む方ほど描写が多くなります。
また、最後にエキシビジョンマッチとして、【1】【2】の優勝ペア同士の試合が行われます。

●一回戦の相手は参加者の中からランダムで決めさせて頂きます。
そのため、今回は対戦相手の指名はできません。

なお、今回は通常部門(マンゴーステージ)にハイネとリュドミラのペアがいます。


●「蒼空のフロンティアRe」の契約者のように、MCとLCのペアでの参加を想定しています。
別アカウントのキャラクター(MC・LC問わず)と組むことも可能ですが、タッグマッチに参加できるのは1アカウントにつき1組です。
1アカウント内で複数のペアが作れるとしても、参加は一組のみとなります。
また、他アカウントのキャラクターとペアの場合は必ずGAを組むようお願いします。


●トーナメント参加ペアのアクション文字数にあてられるのは、参加ペアのアクション欄のみです。

●トーナメント参加アカウントのPCの応援アクションは可能です。

【注意事項】

下記特殊ルールを使用する場合は、それぞれのメインアバターでの参加が条件となります。

・各世界の特殊ルール(亡霊兵、スーパーパワー、ギアカスタマイズなど)は使用可能となります。

・「★ゼスト連合軍階級行使可能シナリオ」となり、階級による特典が付属します。
 特典を使いたい場合は該当する称号をつけた状態でご参加ください。
 
・空想の欠片の能力を使用する事が可能です。
 能力を使用したい場合は該当する称号をつけた状態でご参加ください。
 空想の欠片の解放はできません

・当シナリオでは既に自分の性質を呼び覚ましている方は性質を使用することが可能です。
 ※技能覚醒スキルとして取得された方に限ります。

・解説で「シナリオでの使用条件」が設定されているアイテム・スキル
(蒼空Reの星剣やゴダムの大統領許可、スイーツメーカーのおかしなスキル等)
についても本来の性能で使用可能です。

・ヒロイックソングス!のスキルは【バトル時効果】の記載がある場合そちらの効果が優先されます。

ただし、上記全般について、ルールとしては許容されていますが、
状況によって十全に効果が発揮されない場合があります。

★賞品
タッグトーナメント参加者の方には、それぞれの部門における
優勝したペア二人の戦い方から考案された新スキル、もしくは新アイテムが制作され、プレゼントされます。
※【1】参加者は【1】の優勝者に、【2】参加者は【2】の優勝者に基づいたもの。
※こちらは後日キャンペーン等でも入手機会を設ける予定です。
※プレゼントはペア二人分付与いたします。

なお、優勝者はグミ坊主から上記の強化版のスキル、もしくはアイテムが贈られます。

【1】と【2】の優勝者同士の試合で勝者となったペアには「能力値付き記念称号」をお贈りいたします。


【3】浜辺で新しい味のグミ坊主を作って遊ぶ 難易度:5~

こちらは新世界のホライゾンビーチで遊ぶパートです。
グミ坊主は闘技場だけでなく浜辺の海一帯に広がっており、
その一部にスキルやアイテムで影響を与える事によって、新たな味のグミ坊主を生み出すことが可能です。

グミ坊主が「美味しい」と認めなければ味を定着させることはできませんが、
認められた場合特製グミがアイテム化され、シナリオ参加者全員にプレゼントされる事となります!
※プレゼントは一アカウントにつき一つとなります。


こちらのパートには是空とデュランダルが登場します。

また、このパートに限り公式NPCを呼ぶ事も可能です。
呼ぶことのできるNPCは

「ワールドホライゾンに来られる状態にある、パブリックシナリオに登場したNPC」

より、一アカウントにつき一名となります。
※【1】【2】パートでは、NPCを呼ぶことはできません。

田中 是空とデュランダルの二人につきましては、LCの追加は要りません。
それ以外の場合、LCを追加し、アクション欄に呼びたいNPC名をお書きください。
この場合、NPC名を書かれたLCはリアクションに登場しません。
LCがNPCと過ごしたい場合、MC、もしくは別LCのアクション欄にNPC名をお書きください。
この場合はMC、もしくは別LCがリアクションに登場しません。
※LC化したNPCはLCに準じますが、
「公式NPCとしてゲームマスターに行動させてもらいたい場合」は、該当のLC化したNPCを追加の上、
アクション欄にその旨をご記載下さい。


それでは皆様のご参加をお待ちしております。


【2022年10月4日18:30 変更】
リアクションの公開予定日を『2022年10月12日』に変更させて頂きました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。
【2022年8月29日11:00 追記】
一部『「二人一組」のアイテム・スキルが必須』という記載がありましたため、削除しました。
改めてになりますが、今回は必須ではございませんのでご安心下さい。

【1】タッグトーナメント マンゴーステージに参加 【現在のMC参加人数:20】

7

【2】タッグトーナメント スイカステージに参加 【現在のMC参加人数:5】

7

【3】浜辺で新しい味のグミ坊主を作って遊ぶ 【現在のMC参加人数:25】

5