クリエイティブRPG

エージェントたちの一日

リアクション公開中!

 125

エージェントたちの一日
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:バイナリア
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2021年11月11日公開!

シナリオガイド

東トリスで活動するエージェントの日常。一日をどう過ごしますか?

シナリオ名:エージェントたちの一日 / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム




“壁”に分断された大陸、バイナリア

かつて存在した超大国『オデッサ連邦』は、
壁の東側の東オデッサ連邦と西側のオデッサ共和国に分かれ、長きに渡り対立状態にあります。
壁の存在によって仮初の平和が保たれていますが、
その裏では東西による情報戦――“見えない戦争”が繰り広げられていました。

戦争を知らない世代が増えた現代。
この“諜報の世界”で、真の意味で戦争を終結させ、平和を実現させんとする者たちが動き出しました。

東西陣営の和平派によって秘密裏に立ち上げられた秘密組織、『A機関』

A機関の目的は大きく分けて二つ。
一つは、世界の未来を左右するオーバーテクノロジーの産物“A”の遺産を敵性勢力よりも先に確保する事。
遺産には「コード」が刻まれたものもあり、それを集め、読み解くことで
“壁”を取り払う手掛かりとなるとも考えられています。

もう一つは『純血同盟』をはじめとした、平和を脅かす敵性勢力の排除。

A機関のエージェントたちは仮初の身分を与えられ、日常の中で表と裏の顔を使い分けながら、
様々な任務をこなしています。

■□■


――東トリス市内、A機関東トリス支部。

「承認、と。……これで来ている分は一段落なのだ」
「お疲れさん。ミッションチームのやつか?」

支部長リュドミラ・カラシニコワ――夜鷹(ヨタカ)の元に、セルゲイ・シコルスキーことがやってきました。
この日はエージェントの戦闘訓練があり、彼は小鳩の教練を行うため、昼営業のみでバー『狼眼石』を閉めてきたのです。

「新しい子たちのチームも、成果を出しつつあるからね。
 それぞれ得意分野は違うし、固定メンバーで動くところもあれば、
 任務内容に応じて臨機応変に対応するチームリーダーもいる。
 なかなか面白いことになっているのだよ」

コンピュータを操作し、夜鷹は東トリスの地図を開きました。
そこには表向きの施設名と、そこを拠点としているミッションチームの名前が表示されています。

「見どころあり、か?」
「うむ。軽率な行動で目立ってしまった者もいるが、上手く馴染んでいる子の方が多い。
 専門技能も身に着け、周囲の信頼を勝ち取ったり、その道のプロとして一目置かれている子もちらほらいるくらいなのだ」
「そいつは頼もしいな。できることが増えれば、より高度な能力が要求される職にも就けるようになる。
 お偉方に近づくのは相応のリスクもあるが、こっちのメリットもでけぇからな」

それに優秀な能力を持ったエージェントが育てば、自分たちのような年寄りは楽できるようになると、
梟は冗談めかして笑いました。

「アンナちゃんの方はどうだい?」
「あえて聞かなくても分かってるだろ。お前さんの見込んだ通りだ。
 いいか悪いかは別として、あれはきっと化ける。
 ……“渡鴉(ワタリガラス)”のヤツを思い出すぜ」

夜鷹はかつてのチームの写真に目を遣りました。

「悪ぃ、つい」
「いいのだ。
 部下には味方が死んでも引きずるなと言っておきながら、振り切れていない私が悪いのだからな」

写真をしまい、モニターに表示された来訪者を確認します。
噂をすればアンナ・ミハイロヴァ。コードネーム、小鳩でした。

「来たか。お前さんはどうする?」
「私は疲れたから、上の事務所に戻って休んでいるのだ。訓練、頑張りたまえよ」

夜鷹は席を離れ、表向きの私立探偵としてのオフィス「カラシニコフ探偵事務所」へ戻りました。

彼女は東トリス支部のエージェントを統括するエージェントリーダーですが、
A機関の性質上、登録されているエージェントが一ヶ所に集合することはありません。
大半の者が表向き一般市民として生活しているため、各種訓練も各々の表と裏のスケジュールの合間を縫って行われています。

「お待たせしました」
「よし。んじゃ、始めるか」

学校帰りの小鳩は“仕事着”に着替え、梟と合流。
遺産所持者との戦いを想定した実戦訓練を始めました。


■□■


――カラシニコフ探偵事務所。

別の日、リュドミラは表の顔の探偵として、事務所で依頼人の話を聞いていました。

「ふむふむ、最近になって隠し事が増えたと。
 悪い連中とつるんでないか、調べて欲しいということだね?」

依頼人は母親で、最近子供の様子がおかしく、危ない場所に出入りしたり、
不良に絡まれてないか調べて欲しいというものでした。
結果が出たら連絡すると伝え、リュドミラは早速仕事に取り掛かります。

「イングリッド君、出番なのだ」
『はいはい。調査対象の情報、お願い』

イングリッド・ヴァルツァーの手を借り、調査を進めていきます。
その時、事務所の電話が鳴りました。

「はい、こちらカラシニコフ探偵事務所なのだ」

表でもそこそこ名が知られていることもあり、探偵業の方も繁盛しています。
エージェントの中には表の顔はあくまで偽装のためと割り切る者もいますが、
両立している者、むしろエージェント活動を副業している者など様々です。

表と裏、二面性を持ったエージェントの「日常的な」一日。
あなたはどう過ごしますか?



担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

『ダブルフェイスゲーム』のスペシャルシナリオ
「ミッションチームの一日」をお届けします。


■シナリオの参加報酬について
本シナリオに参加されると、シナリオ参加アカウントごとに1つ、
「エージェントポイント」が課題でプレゼントされます。
※課題の実装は10月15日(金)中を予定しております。


■基本的な状況

当シナリオはミッションチームをはじめ、
東トリスで過ごしているエージェントの一日を扱ったものとなっております。
活動拠点をシナリオで使用できる機会となります。
表向きの職能としての日常的な活動もできますので、チームに限らず個人でも是非ご参加下さい。

ミッションチームについてはワールドガイドの「ミッションチーム」をご覧下さい。



■アクションパート

バイナリアのパブリックシナリオは、
状況に応じて「表の顔」と「裏の顔」を使い分けて参加するものとなっています。

アクションパートにはどちら向きか、あるいは両方問題ないかが記載されていますが、
こちらはあくまで推奨であり、強制するものではありません。

詳細はワールドガイドの「★バイナリアのパブリックシナリオとアクションパート」をご覧下さい。


【1】【表裏】チーム活動拠点で過ごす  難易度:1

ミッションチームを結成している方向けのパートです。
活動拠点での、思い思いのチームの一日をお過ごし頂けます。
表向きの施設としての活動でも、エージェントとしての裏仕事でも、どちらでも可能なため【表裏】としています。
基本的にワールドガイドに反映された内容に記載されたものは問題なく使用できますが、
それ以外のものにつきましては、装備しているスキルとアイテムのみ、とさせていただきます。
またA機関によって提供されているという設定上、最低限カムフラージュに必要な人員もいるものとすることができますが、
あくまで最低限ですので、数人規模となります。
また、説明の内容を拡大解釈されるのもご遠慮くださいますようお願いいたします。

難易度は便宜上1となっていますが、チームでの活動内容によって変動します。


【2】【表】東トリス市内を散策する  難易度:1~5

東トリス内を散策することができます。
また、職能に応じた自身の職場で働く(通う)ことも可能です。

最も賑わっているのが中央区で、東トリス中央公園の周囲には様々な店が立ち並んでいます。
リュドミラの「カラシニコフ探偵事務所」やセルゲイのバー「狼眼石」も中央区にあり、
向かえば会うことができます。
また、狼眼石にはイングリッドもいます(客として)

東トリス高校や東トリス大学で学生として過ごすこともできますが、
今回はあくまで日常であり、別シナリオで進行中の任務(リンゴ関係)についての調査等はできませんので
ご注意下さい。
アンナは昼は普通に学校に通っていますが、放課後は訓練に向かいます。
また、時系列的にはドラグノフ教授の研究室が爆破される前なので、彼も大学にいます。

難易度が最大5になっていますが、これは市内でも治安が悪い場所に行った場合、
ならず者や裏社会の人間に絡まれたり、
行動次第では東トリス市警や保安局に目を付けられる可能性があるためです。
また、警察官やガードマンは荒事への対処も日常(仕事)だからです。

こちらのパートに参加した際、一アカウントにつき一つ「事件の予想(=提案)」を行うことが出来ます。
採用・不採用がございますが、採用された場合、今後のパブリックシナリオとして取り上げられ、
採用者をシナリオに招待させていただきます。
※参加費はお客様のご負担となります。ご了承ください。


【3】【裏】エージェントの訓練を行う  難易度:6

A機関の東トリス支部で各種訓練を行うことが可能です。

戦闘訓練はもちろん、
潜入任務を想定した「敵に見つからないよう目標を持ち帰る」というものや、
変装やハッキングの技術磨きといったものもあります。

戦闘訓練は対純血同盟を想定した、ライカンスロープやヴァンパイアを相手にしたものがメインですが、
A機関には戦争時の戦闘用ロボットも保管されているため、
対大型機械・生物にも対応しています。

エージェントによって鍛えたい内容は異なるかと思いますので、
当シナリオではMCとLCで別々の訓練を行うことも可能です。


こちらのパートに参加し、訓練で目覚ましい成果を上げたエージェントには、
今後のバイナリアのシナリオで役立つちょっとしたスキル・アイテムが手に入るかもしれません。
また、C級品になりますが、遺産が貸与される可能性もあります。

アンナは放課後に支部に来て、射撃訓練を行います。
また、ドラグノフ教授も講義が終わった後は支部で遺産のメンテナンスを行うため、
こちらのパートにも登場できます。



それでは、皆様のご参加をお待ちしております。


【2021年10月19日15:30 追記】
パート【3】の訓練について追記を行いました。

【1】チーム活動拠点で過ごす

1

【2】東トリス市内を散策する

5

【3】エージェントの訓練を行う

6