クリエイティブRPG

【8周年】“神”を堕とす者

リアクション公開中!

 147

【8周年】“神”を堕とす者
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:ゴダム/神多品学園都市/全世界共通
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:不可
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2021年03月25日公開!

シナリオガイド

迫る“九鬼一族”の影。彼らを止められるのか。

シナリオ名:【8周年】“神”を堕とす者 / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



――ワールドホライゾン、市庁舎


先日の件について、詳細を伝える』

地球の三千界管理委員会本部にいるマンフレッド・マクファーレンから、ワールドホライゾンに連絡が来ました。

ワールドホライゾンにいる委員長ヴィシュヌに代わって委員会を取り纏めている彼には、
『特務』と呼ばれる直属の五人の部下がいます。
その一人、ルドラのコードネームを持つ特異者が三千界の調査中に消息不明となり、
マンフレッドはホライゾンに捜索依頼を出しました。

元々ルドラはマイペースで連絡が途絶えること自体は珍しくないとのことで、
しらみ潰しに大世界を探すよりもある程度あたりを付けた方がいいと、マンフレッドの方で絞り込みを行っていました。

『ルドラがいる可能性が最も高いのは、天儀球――神多品学園都市だ』
「神多品か。ということは、山本 大國絡みの調査か?

木戸 浩之の質問に、マンフレッドは頷きました。

『神多品はかつてタイル・影山の管轄で、当時大國と協力関係にあった。
 大國が隠れ蓑にしていた企業『ダイコク・コーポレーション』の経営から手は引いているが、
 奴が武姫の原型や神格兵器を研究していた場所は未だ分かっていない。
 大國自身はもう関わっていないだろうが、施設はまだ生きている可能性がある』
「その謎を確かめるため、るぅるぅはジャングルの奥地に向かった……的な?」

ホライゾンに合流した特務、スーリヤこと東郷 きららに、マンフレッドが「そうだ」と返します。

『木戸からの報告や、僕が集めた情報をまとめて考えると、大國はおそらく九鬼一族とも繋がりがある。
 連中が三千界での活動のために引き継いでいても不思議ではない。
 幸い、神多品には今も委員会のエージェントが常駐している。
 木戸、スーリヤ。
 山田 健司(さんた けんじ)とコンタクトを取り、現地の有力者の力も借りて捜索に向かって欲しい』
「了解だ」
「かしこまりぃ!」

こうしてエージェント捜索班が募られ、神多品学園都市に向かうことになったのです。


■□■


――神多品学園都市 神多品山“聖域”

ナイツオブアポカリプスの修行地よりも更に奥、野生の神多品五聖獣が生息し、一種の聖域となっている地で戦闘が勃発していました。

「大丈夫ですか、高遠さん!?」
「このくらい平気よ、オリヴィア・ヴァレンシュタイン。
 こんな奥地に踏み込んだ上に、守りがいる……それもゲリラ戦に精通しているのが。
 当たりみたいね」

武姫の製造も行われているかもしれない、と聞いて高遠 愛美オリヴィア・ヴァレンシュタインと共にホライゾンの特異者に先んじ、
神多品山を上りました。
アーモリーで教導官を務めた愛美にとっては他人事ではありません。

「あれは……」

愛美は木の枝の上に立ち、周囲をきょろきょろと見回す女性を捉えました。
ボロボロになったゆったりとしたワンピースにベレー帽という格好は明らかに浮いています。

「そこの人、ここは危ないから下山しなさい!」
「えーと……誰かなぁ……もしかして、私ぃ?」
「他に誰がいるのよ」
「んー……向こうの方に」

直後、女性が不可視の衝撃波に吹き飛ばされますが、空中で身を翻し、弓を引くような仕種をします。
すると、森の木々がまとめてなぎ倒されました。

「超能力? いえ、何か違います。……何者ですか?」
「んー……通りすがりの一般人。多分」
「森を薙ぎ払う一般人がどこにいるのよ。……ってことはあなたが話にあった捜索対象者ね」

保護しようとする愛美ですが、女性――ルドラは露骨に嫌そうな顔をします。

「知らない人についてっちゃダメなのよぉ。あなたも“敵”かもだし」

次の瞬間大地が抉られ、三人は散り散りになってしまいました。

■□■


――ゴダム、大統領府“墓標”


「今度は何の用かしら?」
「そう身構えないでよ。今のあたしたちに敵対する理由はない」

ゴダムの現大統領エミリア・バーレットは、サンドラ・パターソン――サンディを睨みました。
エミリアにとっては因縁の相手ですが、今のサンディは「最初の八人」の一人として、
ホライゾンに協力的になっています。

「三千界で面倒な連中が動き出そうとしている。
 アルハザードのランプド・マリニーの大時計
 この二つについて、分かっていることを教えて頂戴」
「ランプはアルハズラッドが持っていたけど、彼が消滅した今はどうなったか分からないわ。
 ド・マリニーの大時計は……処分された」
「……は?」
「アルハズラッドが自分にとって都合の悪い遺物を排除してたのよ。
 ただ、大時計は壊せなかったらしく、大統領府の記録によればメガラニアよりさらに南、南極大陸に投棄されたことになってるわ」
「南極……狂気山脈か。厄介ね」

南極には宇宙時代、ゴダム宇宙軍の通信基地がありました。
しかしスポーン因子によって基地の人々は狂い、
防衛戦力に用いていた人工生命体も変異し、ショゴスと化してしまいます。
瘴気こそほとんどありませんが、ショゴスは今もなお基地を守り続けています。

「その大時計に、どんな力があるの?」
「“神域”へと至るための鍵の一つ。それ以上のことは今は言えないわ。
 界賊との戦いに必要なの」


■□■


――千国、アルカトラズ島。

「地球の監獄島にちなんで名付けた、ねぇ。
 バスティーユ監獄の反省から、より厳重な施設が必要になったと」

境屋は絶海の孤島にある監獄を訪れていました。
名前こそ地球の有名な監獄島に由来しますが、ここには凶悪な英傑に限らず、
界賊や、委員会のエージェントでありながら世界を乱した『特異犯罪者』が収容されています。

「なんでわたくしまで連れてきましたの……」
「お前さんも一歩間違ったらこうなってたかもしんねぇんだ。
 まぁ、“悪ぃヤツ”がどんな目してんのかは知っといて損はねぇだろうよ」

境屋と、義娘であり彼の護衛の神野 羽生(しんの はう)の前に、看守長が現れました。

「よぉ、お前さんが看守長とは。ジェフティ
「委員会も人手不足でしてね。代わってもらいたいくらいですよ。
 大昔にあなたが半殺しにした特異者もいるんですから。
 ……当時はそんな呼び方でさえありませんでしたが」
「俺は俺で今はやることがあるんでな。それより、“ヤツ”は一番下か?」
「はい。……おや」

ジェフティは何かを察知したようでした。

「侵入者です。おかしいですね、ここは委員会本部以上のセキュリティを持つ。
 理論上、侵入は不可能です」
「いや、残念ながら例外がいる。無害過ぎるがゆえにあらゆるセキュリティを突破してしまう男がな」

そこへ、看守から連絡が入ります。
「それ、自分の雇い主だから回収したい」と。

「ハウ、生きてたのか」
「あなたは……デュランダル!」


■□■


そしてアルカトラズ内部では。

「くくく……この俺様が今、お前たちを解き放ってやろう。
 この絶対悪の下僕となるのであればな!」

田中 是空が尊大に笑いますが、囚人たちは誰も相手にしません。
無害さゆえに侵入できた是空ですが、当然ながら彼には鍵を開ける術もなければ、
監獄内の至るところに仕掛けられたアンチアバターを解除する術もありません。

しかし、彼の“影の中に潜む者”はそうではありませんでした。

(三千界で最も無害な存在の一部と同化すれば、気付かれない。
 上手くいくとはな。あとは機を見て、目ぼしい者を解放してやればいい)


■□■


――三千界のどこかの世界で。


「我々の目的は何だ?」
「……特異点である地球を守ることです」
「そうだ。だが、三千界のバランスは元に戻るか、悪化する一方だ。
 地球の当主様とも連絡は取れてない」
「ゆえに我々は、当初の予定通りに計画を遂行する。ということですね」

集まっているのは六人。
既に三人には任務を与え、行くべき世界に向かわせています。

彼らは九鬼一族
地球において、歴史の裏で暗躍する暗殺集団です。
起源は古く、三千界管理委員会の暗部として活動していた時期もあり、いずれも高い特異者適性を持っていました。

「三千界そのものの崩壊は我らの望むところではない。
 だが……最終的に地球さえ無事であればそれでいい。
 そのために『特異点と三千界を完全に切り離す』。
 必要となるものは……分かっているな?」

リーダー格の壮年の男の声に、他の五人が頷きました。

「そのために障害は排除し、利用できるものはせいぜい利用させてもらうとしよう」



担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

三千界のアバター8周年シナリオ『“神”を堕とす者』をお送りいたします。
本シナリオは三千界のアバターにおける2021年の新展開に向けたシナリオとなります。

「太陽の子」「特務の仕事」が関連クエストとなっておりますが、
これまでの流れを知らなくてもご参加頂けます。

対応ワールドは「ゴダム」「神多品学園都市」「全世界共通」となります。
ゴダム、神多品学園都市、千国内がそれぞれ舞台ですが、いずれも特殊な環境となっている場所のため、
今回はその他のアバターでも大きなペナルティを受けなくなっています。
※ただしいずれのパートも大型兵器の運用には適しておりません。


■シナリオの参加報酬について

今回は三千界管理委員会から直接の依頼を受けての任務となります。
このため、シナリオの活躍に応じて若干名様に委員会より報酬が与えられる可能性がございます!


■基本的な状況

『アリスハザード』と呼ばれる事件で、その名の通り三千界を管理している組織、
三千界管理委員会は壊滅的な打撃を受けました。
かつては超越者シヴァ率いる三千界統合機関の幹部としてワールドホライゾンと敵対していたマンフレッドですが、
この事件で統合機関の真の目的を知った彼は機関を抜け、委員会を建て直すべく奔走することとなりました。

数年を経て委員会は元通りとはいかずとも再建され、マンフレッドは実質的なトップとして、
ワールドホライゾン・TRIALを地球からサポートしています。

そんなマンフレッドから、行方不明になった直属の部下ルドラの捜索依頼が出されました。
当初はそのうち連絡が来るから放っておいても問題ないと彼は思っていましたが、
界賊と九鬼一族を警戒し、救助に向かった方がいいと判断します。
九鬼一族は現在アーキタイプに駐留している日本の自衛隊に“相乗り”する形で三千界にやってきた、暗殺集団です。
彼らは委員会に雇われていたこともありますが、
現在は三千界の中核を担う三大神のアバターを狙っており、敵対関係にあります。
また、一族の裏切り者でありホライゾンの特異者の九鬼 有栖を優先的な抹殺対象に定めています。

ホライゾンはこれまでに何度か九鬼一族と戦っていますが、未だその実態を把握できていません。
しかし界賊にも紛れていること、そしてマンフレッドの得た情報で“死の商人”山本 大國と繋がりがあることは分かっています。
このためマンフレッドは調査と称してルドラに大國の足跡を辿らせ、界賊、九鬼、そして大國の手掛かりを追っていました。

同じ頃、マンフレッドの元部下であり、最初の八人であるサンディは“神域”の鍵となる聖具の一つを確保すべく、ゴダムに。

境屋は情報を得るべく、かつて自身が“封印”した囚人に会うために千国の監獄島へ。

しかし、いずれの場所にも暗躍する九鬼一族の魔の手が迫っていました。


■各パートについて

【1】ルドラを保護する  難易度:8

神多品の奥地へと向かい、マンフレッドの依頼を遂行する事が最大の目的となります。
難易度はあくまでルドラと無事に接触し、ホライゾンに同行してもらうためのものです。
九鬼一族や山奥に棲息する動物たち(神多品五聖獣)との戦いは含まれていません。
なお、これらとの戦闘は表記難易度よりも高くなります。


舞台となるのは神多品における聖域とされる場所であり、地元では禁足地とされています。
楯無高校では校則でも立ち入りが禁止されるほどですが、そもそも並の人間では辿り着くことすら困難です。
木々が生い茂る密林ですが、川が流れているため流域付近は少しだけひらけています。

神多品には五体の聖獣がおり、この聖域には五種全てが揃っています。
麒麟(キリン)、白虎(サーベルタイガー)、青龍(ワニ)、朱雀(フラミンゴ)、玄武(ニシキヘビ)であり、
聖域に踏み込んだ者を「自然を乱す者」として襲ってきます。
アポカリプスの影響を受けているためかいずれも強力です。

シナリオガイド時点では高遠 愛美とオリヴィア・ヴァレンシュタインがルドラと接触できましたが、
九鬼一族と五聖獣の襲撃によってはぐれてしまっています。
ルドラは「明らかに場違い」な恰好をしているため一目見れば分かりますが、
スーリヤこと東郷 きららによれば性格に少し問題あるらしく、
「力尽くで連れていく覚悟が必要」とのことです。
なお、五聖獣は「本能的に危険を感じる」ためか、ルドラのことは襲いません。
※きららのことは容赦なく襲います。

大國が隠れ蓑にしていた『ダイコク・コーポレーション』の秘密施設の捜索もこちらで行えますが、
ダブルアクションにはご注意下さい。

このパートには高遠 愛美、オリヴィア・ヴァレンシュタイン、山田 健司、東郷 きららが登場します。


【2】ド・マリニーの大時計を確保する  難易度:9

ゴダムの南極にある狂気山脈へと向かい、投棄されたとされる聖具「ド・マリニーの大時計」を見つけることが目的となります。

狂気山脈には宇宙時代の通信基地があり、ゴダム宇宙軍と交信を行っていました。
現在のゴダムではメガラニア大陸以南は容易に足を踏み入れることができず、
存在こそ半ば伝説のように語られているにとどまっています。

一種のデータセンターでもあったことから宇宙時代は多くのセラエノがいましたが、
基地の防衛戦力ともどもスポーン因子に侵され、原型をとどめないショゴスと化しています。
ショゴスは「基地を守る」という使命だけは持っていますが、基地に近づこうとする者は誰であろうと襲います。
このためかつて基地にいた人々も敵と見なされ、殺されてしまっています。

基地そのものは当時のまま残っており、ド・マリニーの大時計以外にも当時の遺物が眠っている可能性があります。
ただしショゴスは施設内部にもいます。

このパートにはサンディ、エミリア・バーレット、イサミ・フォックスが登場します。


【3】脱獄を阻止する  難易度:7~12

無害過ぎるがゆえにあらゆるセキュリティを突破してしまう田中 是空は、監獄島に侵入を果たしてしまいました。

彼を捕え、囚人を解き放つのを阻止するのが一応の目的となりますが、
ご存知の方はご存知の通り、是空にそれを為すことはできません。

しかし是空の影には九鬼一族が潜んでおり、是空の代わりに囚人たちを脱獄させようと目論んでいます。
なおこれはプレイヤー情報であり、キャラクター視点では判明していません。

監獄内は一種の異界と化しており、囚人を弱体化させるためにアンチアバターが働いています。
千国の英傑含め、囚人は特異者しかいません。
また、力を十全に発揮することはできませんが何らかのユニークスキル・ユニークアバター持ちです。
難易度に開きがありますが、これは階層によって収監されている囚人の危険度が異なるためです。
表向きは三階層になっていますが、
その下に「神話級アバターに匹敵する者」が封印・凍結されており、一切の自由のない最深部があります。
参加者(PC)の皆様は予めジェフティによって監獄内の特殊なアンチアバターフィールドの影響を受けないように手続きがなされているため、
アンチアバター防具等による対策がなくても行動に支障をきたすことはありません。
ただし監獄の看守が囚人対策で携行しているアンチアバター武装による攻撃は例外となります。


囚人たちは自由を取り戻せても、監獄島が絶海の孤島にあるため逃げ場はありません。
しかし鎮圧できたとしても被害は避けられないでしょう。
是空は全く相手にされないため、最深部まで下りて封印刑の特異者たちを目覚めさせるつもりでいます。

なお、特異者たちに先んじて鄭 国然が「ホライゾンを裏切って界賊に味方した罰として」自首しており、
第三階層の牢に入っています。
看守長のジェフティは「気持ち悪いからさっさと連れ帰って下さい」と、釈放するつもりでいます。

このパートには境屋、神野 羽生、田中 是空、デュランダル、鄭 国然、ジェフティが登場します。
デュランダルは今回「雇い主の是空の回収」が目的のため、ホライゾンの特異者とは戦いません。
なお囚人が万が一解放された場合は一応手伝ってくれますが、ジェフティによって枷が嵌められるため、
普段よりも制限を受けた状態になります。


●各パートの九鬼一族

プレイヤー情報となりますが、各パートには九鬼一族が一人潜んでいます。
それぞれの名前と特徴は下記のとおりです。

【1】玲良(レイラ)
妙齢の女性。骨法の使い手。
素手で人体を内部から破壊したり、地面を割ったりといった芸当ができる。
格闘系アバターと重力操作の組み合わせのようだが詳細は不明。
また、ゲリラ戦の心得もある。


【2】憂利(ユーリ)
スキンヘッドの巨漢。肉体操作と変装の達人。
何らかの種族系アバターの能力を独自に昇華し、変幻自在の肉体を持つシェイプシフターと化している。
見掛けによらずパワータイプではなく、潜入や破壊工作、その他繊細な作業を得意とする。
精神的にも肉体的にも柔軟で射撃に高い耐性がある。


【3】沙道(シャドウ)
痩せこけた青年。“影”に干渉する能力を持つ。
神州扶桑国の睦美流に似た技を使うが、結果的に近いものになっただけで特に関係はない。
影縫いの腕は一族の中でも上位で、ただ足で踏むだけで動きを止められるほど。
また、毒の扱いにも優れる。


★アバター死亡

本シナリオでは、難易度を鑑みず無茶な行動をしたとき、勝てない敵と戦ったときなど、特異者が死亡するケースがあります。
特異者が死亡した場合、その時のメインアバターが機能停止に陥り、一定期間アバターチェンジできなくなります。
ただ、アバターが死亡したことで別のアバターで再度参加したとしても、過去の功績などが消えることはありません。
「死んだと思っていたが、実は生きていた」扱いとなります。


■各世界の特殊ルールについて

・各世界の特殊ルール(亡霊兵、スーパーパワー、ギアカスタマイズなど)は使用可能となります。
・「★ゼスト連合軍階級行使可能シナリオ」ですが、フェロー参加不可のため、
特典は「シナリオにおいては上官からの許可がなければ運用する事ができない」アイテムの使用のみとなります。
 特典を使いたい場合は該当する称号をつけた状態でご参加ください。

・当シナリオでは既に自分の性質を呼び覚ましている方は性質を使用することが可能です。
 ※技能覚醒スキルとして取得された方に限ります。

ただし、上記全般について、周囲の状況によっては十全に効果が発揮されない場合があります。

※上記特殊ルールを使用する場合は、それぞれのメインアバターでの参加が条件となります。


それでは、みなさんの参加をお待ちしております。


【2021年2月22日15:00 追記】
パート【3】のPCへのアンチアバターの影響について追記を行いました。

【1】ルドラを保護する

8

【2】ド・マリニーの大時計を確保する

9

【3】脱獄を阻止する

7