クリエイティブRPG

ヒロイックソングス!

善悪のクライシス・リプレイ

リアクション公開中!

 110

善悪のクライシス・リプレイ
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:ヒロイックソングス!
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2021年03月24日公開!

シナリオガイド

過去の災厄の再現劇! 正義と悪とは何かを聖人へ伝えるには――

シナリオ名:善悪のクライシス・リプレイ / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



 ――どこかのグループチャットにて。

 “それでは僭越ながら、明日は私マナPが芸能界まで引率いたしますね。”
 “おけ”
 “はーい”
 “あー輝夜ちゃんはお前が嫌いだから女王と二人で行くんでー”
 “勝手に決めるんじゃないわよ。別にいいけど”
 “ちょっと、まだわたくしは参加するとは言っていませんわよ!”
 “えー、てんかりんノリわるーい”
 “m9(^Д^)”

 流れの早いチャット画面を見ながら、マナPこと紫麝 愛
 自室の壁一面に貼られたフェスタ生の隠し撮りコレクションをうっとりと見つめていました。

「ふふっ、私に出来ることなら何でもお膳立てさせていただきますとも。
 またみんなのステキな姿が見られると思うと……やっぱりフェスタしか勝たん♪」

★☆★


 ――芸能界、シアター・チャンネル
 古今東西のあらゆる映像作品が特殊な媒体によって保管され、新たな流行から不朽の名作までを観測できるチャンネルです。
 そんなシアター・チャンネルには、記録にあるものなら過去の出来事を空間ごと再現できる特殊な劇場、
 「メモリーシアター」という場所が存在するのですが――

「と言うわけで、マナPの手配で上手いことメモリーシアターは私達がジャックさせて貰ったわ!」

 劇場内のステージで高笑いしているのはイドラの女王でした。
 かつて地球で10万人規模のライブ会場を闇とノイズに染めようとした彼女は、
 イドラ教団を離れた後もその行動力や人望は健在で、各世界の元巨悪と手を組みフェスタを騒がせたりもしていました。

 芸能界の中央神殿からの依頼で駆け付けたアイドルたちは、彼女と連れ立っているメンバーを見て驚いたような呆れたような顔をします。
 これまで各世界に脅威をもたらした者達が集合し、ピクニック気分で談笑していたのです。

 かつてセブンスフォールで戦争を起こし地球や芸能界まで支配しようとした強欲の悪魔、ノーマ・シュナイダー
 陰陽師集団“夜刀”や穢ノ神を率いて華乱葦原から黄泉に繋がる門を開こうとした、穢ノ神輝夜
 ネヴァーランドの創造者の片割れにして、世界に死を蔓延させようとした†タナトス†
 洗脳によってディスカディアの人々の徹底管理を目指していた、元ドミネーター代表取締役コンピュータD.D.
 多くの人々の心を破壊してでもオルトアースの覇権を奪おうとした、てんかりんこと天歌院玲花
 そして全ての世界に災厄が起こる原因となった悪しきイドラを生み出し、全ての世界を滅ぼそうとした芸能神アンラ・マンユ
 ……胸やけのするようなメンバーです。

「な、なんのためにそんなことをするにゃっ」

 流石に少し怯みながらも仙道にあが勇敢に前に出ます。

「世のため人のため……もといノアくんのためだよね、D.D.ちゃん♪」
「はい、†タナトス†さん♪ 彼に『悪いこと』と『良いこと』を私達が劇で教えてあげたいんです

「あ、ありがとう……? いや、みんなは迷惑がってるのに……
 でも、ぼくのためにやってくれてるなら悪いことではない……?」

 当のノアはここ数日で善悪や正しさについて考えすぎてしまったのか、女王たちを止めていいのか迷っているようでした。
 その様子を見てノーマはゲラゲラと笑います。

「くひひひっ! 本当に何にも分からないガキんちょなんだね、ノアってやつは。
 みっちり教えてあげるよ、ボクたちがこれまでどーんなスゲーことをしてきたのかをさあ!」

 ノーマが合図を送ると劇場の照明が落とされ――
 次の瞬間、周囲の景色が一変しました。その景色はオルトアース化したトーキョーに酷似しています。

「これは何ですの!? 何故わたくしに、またプロミネンスの力が……!」

 乗り気でない様子で隅に座っていた玲花が驚いた声を上げました。
 彼女の姿は、以前失われてしまったはずの「プロミネンス」のスタイルそのものだったのです。
 人間離れした玲花の艶めく肌をイドラの女王が楽しげに撫でます。

「このメモリーシアターはね、記録された事象の当時の状況や状態も一時的に再現できるの。
 老いた女優もここでなら最も美しい頃の姿で舞台に立てる、そういう場所」
「……もう二度とこのスタイルになることは無いと思っていましたわ」

 物思いにふけるように両手を見つめる玲花。
 しかしこれは彼女だけでなく、他の者も最盛期の力を出せるということ。アイドルたちに更に緊張が走りました。

「でも、劇をするだけなんでしょ? それならやっぱり問題はない、のかな」
「問題無くはないわね、ここは芸能界よ?
 こいつらほどの力を持った奴らが災厄の再現なんかしたら、それぞれの世界にどんな影響が出るか……」
「んにぃ、だめじゃん~っ!」

 あわあわと涙目になるにあと困って立ち尽くすノアの頭を撫でるアンラは、それでもあまり心配はしていなさそうな表情で笑いました。

「だめじゃないわよ、世界を救うところまで再現すればいいだけ。
 ……悪を司る者として、今の皆が何を正義、何を悪として聖人ちゃんに教えるのか興味はあるわ」

★☆★


 そんな騒ぎを、少し離れた位置から飛空艇で眺めていたのはオニャンコポンバス=テトです。
 ティーテーブルに付く二人の周囲には、中央神殿の役人たちが大勢控えています。

「世界の危機だ、止めに行かず良いのかニャ?」
「あんたこそ。心配ならあの子の側に行ってあげるとええ、今日で最後になるかも知れんやろ?」

 バス=テトは暫く目を閉じ考えてから、そっと席を立ちました。

「ちゃあんと見とるで、テト。あの子を自由にさせて良いのかどうか。
 あの子が何を学んで、何を考えるのか。この騒ぎが落ち着いたら全てを決めさせて貰うわ」

 バス=テトの背を見送りながら、オニャンコポンは優しく微笑んだのでした。

担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

「ヒロイックソングス!」のスペシャルシナリオ、『善悪のクライシス・リプレイ』をお届けします。
どなたでもご参加頂けますので、お好きなパートをお楽しみ頂ければ幸いです。

現在公開中の関連クエスト「“にあ”と“ノア”」では
当シナリオにも関連するアイテムなどを手に入れることが出来ます!

また、【2月19日中】アイテム交換
・アイテム「コンビネーションチャンス」と交換できるアイテム
・アイテム「カリスマの片鱗」と交換できるアイテム
が追加される予定です!

◆ご注意
ライブにはアイドルの芸能力が大きく影響します。
芸能力はヒロイックソングス!のアバターレベルを上げたり、アイテムの装備を整えると成長します!

■芸能力ボーナス加算&芸能界デビュー!
各パートで十分な働きをした方には、芸能力ボーナスが加算されます!

また、各パートで特に活躍された方は『芸能人』として芸能界に認められ、
ステータス付きの特別な称号が与えられます!
また、過去「ヒロイックソングス!」で芸能人の称号を獲得されている方は
当シナリオに参加した上でスキル「神格のカリスマ」を装備していた場合、
もれなく獲得済みの称号がステータス付き称号としてコンバートされます。

■にあとノアのお礼
仙道にあノアは、学習したトレンドをスキルやアイテムに変える不思議な力を持っています。
各パートで彼らに信頼されたり、「これだ!」と二人に個人的に思わせた方のライブや戦闘スタイルは
イメージスキル・イメージアイテム化されアイテム交換やクエストドロップ等で実装されます!
※ご本人様には付与を行わせていただきます。

■使徒ナンバーの発行
このシナリオでネヴァーランドのスタイルアイテムを装備している方の中で、
特に†タナトス†の目に留まった方には、使徒ナンバー称号が勝手に発行されることがあります。

また、移行前の『ヒロイックソングス!』にて既に使徒ナンバーを獲得している方は、
使徒ナンバーを所持しているとしてアクションをかけることができます。
移行前の『ヒロイックソングス!』でお持ちの使徒ナンバーをアクション末尾に【〇〇使徒●●】の形式でご記載ください。
※移行前の『ヒロイックソングス!』のクエストで獲得可能な「第0使徒トモニタタカエル」を指定することも可能です。


【基本的な状況】
大洪水事件を起こした“聖人”ノアの処遇は一旦保留になっていますが、
彼に善悪の判断が付かないままでは更生不可能とみなされ芸能界へ連行されてしまいます。

そんな彼を似た境遇(ラスボス)のよしみで救おうと、かつて世界を滅ぼしかけた者達が集結してしまいました。
彼らはマナPの手引きにより芸能界のシアター・チャンネルの劇場をジャックし、
かつての事件を演劇で再現することでノアに善悪について考える機会を与えようしています。

ただし、この再現には世界を救ったアイドル達の協力も必要です。
劇とは言え力のある者達が芸能界で悪さを行ってしまえば、各世界への悪影響も計り知れません。
ノアに正しさや善悪を教えながら、世界を救う筋書きを劇場で再現する必要があります。

【1】世界の災厄に再び立ち向かう 難易度:8
元ラスボスたちは、メモリーシアターの中でそれぞれが過去の事件を再現しようと演劇を始めます。
メモリーシアター内では小世界の一部の空間そのものが再現され、
本物のその世界のように広い空間が広がり、舞台装置として本物のような観客等も存在しています。
しかし、空間の再現には限界もあるようで一部の世界は混ざり合ってしまっており、
元ラスボスたちも空間に合わせたアドリブを入れてきます。
世界の再現と玲花のプロミネンスの再現にシアターのリソースが割かれているため、アイドル達の状態には変化は起こらないようです。

下記の各ゾーンから一つを選択し、世界を救うアイドルを演じましょう。
演劇とは言え、元ラスボスたちは本気で挑めば本気で応えてくれるでしょう。
また、実際の過去の出来事をそのままなぞる必要はありません。
過去のシナリオガイドの内容が反映されることもありませんので、基本的に当シナリオガイドの内容のみをご参照ください。

・オルトアース×地球ゾーン
「理想のために戦う女は強いのよ、自他全てを犠牲に出来るくらいにね」
「今ならわたくし史上最も美しいライブが出来る――どうか邪魔をしないでいただけますこと?」
イドラの女王玲花が10万人規模のライブ会場カテドラルでライブを行い観客を夢中にさせています。
ライブを聞き続けている観客はいずれ心を壊して廃人のようになってしまいますが、二人は「大いなるイドラのための舞台を作る」「芸能人デビューを果たす」という強い理想のために非常にレベルの高いライブを行います。
イドラの女王はイドラシクレシィの力を使い、玲花はオルトアースの全てのスタイルの力を使います。
特に玲花のスタイル「プロミネンス(権威者)」と女王の闇の力が共鳴して強いノイズが発生しているため、
観客の注目を奪い返しつつノイズを払うことも意識する必要があります。
また、このゾーンでは、オルトアースと地球のスタイルが最も効果を発揮します。

・セブンスフォール×ネヴァーランドゾーン
「くひひっ、世界が引っくり返る瞬間ってやつを見てみたいよねぇ?」
「残念だけど、“死”を以てしか正せない世界があるのは真実なのさ」
ノーマ†タナトス†が、カンタレーヴェ王国の軍隊と吸血鬼の軍隊を率いて神獣レーヴェを殺そうとしています。
このゾーンの景色はセブンスフォールの平原のようですが、ネヴァーランドの世界法則も働いているようです。
ノーマは神獣至上の世を変え権力と力を得るために、†タナトス†はネヴァーランドの崩壊を防ぐのに必要な“死”の力を持ち帰るために、軍隊と共に進軍してきます。
ノーマはウィザードの力、†タナトス†はゴッドチャイルドに似た力を使い、いずれも非常に強力な遠距離攻撃魔法を使うようです。
二人ともふざけた性格のため、ちゃんと手加減をしてくれるかは分かりません。
軍隊は舞台装置のようなもので、意思や戦力などはありません。演出用などにお使いください。
また、このゾーンでは、セブンスフォールとネヴァーランドのスタイルが最も効果を発揮します。

・華乱葦原×ディスカディアゾーン
「さあ、今日は全人類再びママに思う存分オギャついていいんですからねっ」
「あたしも今日はたーっぷり可愛がってあげるわよ、ママに負けないくらい刺激的にね!」
輝夜D.D.が、桜稜郭の一角に出現したライブ会場「アルカディアドライバー」にてバブみ溢れる共同ライブを行っています。
このライブによって拡散される瘴気とディスコードは共鳴して強いノイズを生み、華乱葦原の世に混沌をもたらす塞ノ門を開き、ディスコードによる洗脳を解除不可能なものに昇華してしまいます。
母親に会いたい想いを六弦琴に乗せ歌う輝夜、人類の幸せを願う真心を歌うD.D.は非常に魅力的なライブを行い、観客の穢ノ神や大量の量産型D.D.の支持を集めます。
アイドルたちもそれに負けないライブを行い、観客だけでなく輝夜とD.D.を魅了しましょう。
また、このゾーンでは、華乱葦原とディスカディアのスタイルが最も効果を発揮します。

■ノアについて
彼なりに演劇を見て善悪について考えようとしますが、一人ではさらに混乱してしまいます。
アイドルたちも自分なりの考えを伝えるなり、演劇に誘うなりしてサポートを行ってあげてください。

※このパートでは、ノア、バス=テト、演劇を行う各ラスボスたちにアクションをかけることができます。


【2】世界の平和を維持する 難易度:2
各世界を守るためには、メモリーシアター内で平和な世界を演出することも重要です。
シアター内では【1】パートの場所以外であればセブンスフォール、華乱葦原、ディスカディア、ネヴァーランド、オルトアース各都市、地球がほぼそのまま再現されています。
これまでアイドルが足を踏み入れた記録のある場所なら、お好きな場所で日常やライブなどを楽しむことができます。

ただし、正しく清いだけの世界を厭うアンラによる災厄の再現として、どこにでも悪しきノイズが入り込んでいます。
ノイズにより突然不安な気持ちや攻撃的な気持ちに囚われてしまう可能性がありますが、
上手くそんな感情と向き合って克服したり、ライブでノイズを払ったりすることで世界を少しだけ救うことができます。
※ノイズの影響を受けずに過ごすことも可能です。

■にあについて
色んな世界で遊ぶ予定ですが、ノアに「男が可愛くしているのは変だ」と言われたのを少し気にしており、ノイズの影響でしょんぼりしがちなようです。
ノイズを持ち帰ってしまうと危険なので、励ましたり助言したりしてあげてください。

※このパートでは、にあ、アンラにアクションをかけることができます。


■助っ人について
アイテム「コンビネーションチャンス」をMCかLCが装備している場合、
各パートで指定したヒロイックソングス!のNPC一人の舞台装置を生み出すことができます。
舞台装置はその人物が行いそうな行動を行いますが、戦力やライブ能力は低く、会話などは出来ません。
また、アイテム「コンビネーションチャンス2」をMCかLCが装備している場合は、
各パートで指定したヒロイックソングス!のNPC一人(本物)を呼び出すことができます。

※有効となる「コンビネーションチャンス」アイテムは1アカウントにつき上限1つまでとなります。
※「コンビネーションチャンス2」はアイテム交換で入手可能です。
※移行前のヒロイックソングス!のパブリックシナリオに登場したNPCも指定可能です。また、ヒロイックソングス!のパブリックシナリオに登場していれば「TRY-R」や「アマネ」など他世界のNPCも指定可能です。
※「PRESENT SMILE」など、グループ名を指定することはできません。グループ名を指定された場合、その中からランダムで1名が駆けつけます。
※アクション中でゲームマスター個人のNPC、ヒロイックソングス!のパブリックシナリオに登場したことの無いNPCを指定した場合や、指定を行わなかった場合は何も起こりません。
※「コンビネーションチャンス」「コンビネーションチャンス2」は、アカウント内の一人が所持していれば同一アカウント・またはGAの全員が該当NPCと共闘・共演可能です。

それではみなさんのご参加とアクションをお待ちしております。

【2021年3月11日14:00 変更】
リアクション公開予定日を『2021年3月24日』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】世界の災厄に再び立ち向かう

8

【2】世界の平和を維持する

2