クリエイティブRPG

初代プリシラ公の遺産

リアクション公開中!

 0

初代プリシラ公の遺産
基本情報

マスター:クリエイティブRPG運営チーム
ワールド:ローランド
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2019年09月25日公開!

シナリオガイド

失踪した公女と遺産を狙う盗賊団。背後には魔族の影!?

シナリオ名:初代プリシラ公の遺産 / 担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム



 人が“闇”に抗う剣と魔法の世界ローランド。
 人界と魔界を隔てる魔障壁に接しているレガリス王国は、
 500年に渡り魔族からローランドの人々を守ってきました。
 しかし、魔王ヴェイロンの強襲を受けて王国の首都ルクサスは陥落し、
 魔族によって支配されてしまいました。

「また魔物が出たってよ」
「最近多いわね……やっぱりレガリスの影響かしら……」

 レガリス王国の首都ルクサス陥落による影響はプリシラ公国にも及んでいました。
 辺境の街であるリスタの町の教会(冒険者ギルド)でも、いつにもまして多くの魔物の討伐依頼があるだけではなく、
 逃げ延び、レガリスから南下してきた魔族の討伐依頼も出ています。
 受付カウンターには冒険者が列を作り、受付嬢たちが彼らをさばいていました。

「皆さん、緊急依頼です!」

 依頼書の束を抱え、受付嬢リアナが教会に帰ってきました。
 緊急依頼という言葉に、幾人かの冒険者が目を輝かせます。

「まずはこちらの人相書をご覧下さい」

 リアナが掲げた紙には、活発そうな幼い少女の顔が描かれていました。

「こ、このお方は……!」

「ご存じの方もいらっしゃるかと思います。
 プリシラ公アリシア様が四女、シャロン様です!」

 シャロンはお転婆娘であることが知られており、

 「十英雄に憧れて剣をはじめ、近衛騎士に本気を出させた」
 「森で狩りをしていたら、魔獣をさばいて調理を始めた」
 「シャロンを攫おうとしたならず者が返り討ちに遭った」

 など、まだ十二歳でありながら、その活躍ぶり?は国民の話の種もなっているほどです。
 そんなご令嬢が失踪してしまったというのです。

「あのシャロン様が……そいつは一大事じゃないか!」
「はい。ですが、行き先には見当がついています」

 その場所とは、“輝者の棺”
 初代プリシラ公がリスタ近郊に造ったダンジョンであり、公爵家の宝物庫です。

「ダンジョンへの扉は鍵がなければ開きませんが、先ほど『開いている』との報告がありました。
 プリシラ公はレガリスから独立する際、【十英雄の武器】を当時のレガリス王から託されたと言います。
 シャロン様はそれを手に入れるべく、一人ダンジョンに潜ったようです。
 ……魔王と戦うために」

ダンジョンはプリシラの血を継ぐ者であれば危険はない、とのことですが、
アリシアは娘を早急に連れ戻して欲しい、とダンジョンに近いリスタの冒険者に依頼を出すことにした、とのことです。

「シャロン様のことです。武器を手に入れるまで帰らない、と言い出すかもしれません。
 ただ……彼女の身に危険が迫っています」

リアナが真剣な顔で告げます。
ダンジョンの近くに大きな野営の跡があり、おそらく遺産に目をつけていた盗賊であろう、と。

「扉が開いている以上、盗賊たちもダンジョンに潜っていることでしょう。
 ですが、問題はそれだけではありません。
 魔族のものと思しき、大きな足跡がありました。
 おそらくオークかと思われます。
 魔族にとって十英雄の武器は脅威となります。それを狙ってきたのでしょう」

そこまで話し、リアナは集まった冒険者たちの顔を見渡しました。

「シャロン様を連れ戻すだけなら、依頼難易度は高くありません。
 ただ、盗賊や魔族との交戦可能性を考慮し、難易度はアリシア様から頂いた時より、上方修正しております。
 なお、ダンジョンの探索はアリシア様から『シャロンを探すためなら好きに見て構わない』とお言葉を頂きました。
 また、遺産を賊に奪われる前に回収したい、とも。
 ですが、安全なのはあくまでプリシラ様の血族だけなのでご注意下さいね」

新たな世界、ローランド。
冒険者たちの「ダンジョンでの冒険」が今、始まります。

担当マスターより

▼担当マスター:クリエイティブRPG運営チーム

マスターコメント

ご好評につき『レヴァナント・クロニクル』のプレシナリオ第二弾、
『初代プリシラ公の遺産』のリリースです!

シナリオで『レヴァナント・クロニクル』の世界をいち早く体験していただく機会ですので、
ぜひご参加ください。
なお、当シナリオは「予約なし」の抽選のみとなっております。ご了承下さい。
また、プレシナ第一弾『ルクサスでの冒険』に参加できなかった方が優先的に当選されるようになっております。


■シナリオの参加報酬について
本シナリオに参加されると、シナリオ参加アカウントごとに1つ、
天賦のレベルを上昇させるアイテム「輝神の宝玉」が課題でプレゼントされます。

また、アクション締め切り後、
シナリオ報酬として冒険者ランクのランクアップポイントが手に入ります。

さらにシナリオ内で活躍したキャラクターにはリアクション公開後、
通常より多くの冒険者等級のランクアップポイントがプレゼントされる場合があります。

冒険者等級の詳細やランクアップポイントのシステムはこちらをご覧下さい。


■基本的な状況
リスタの町の教会(冒険者ギルド)に、緊急依頼が届きました。
プリシラ公アリシアの四女シャロンの捜索・保護依頼です。
シャロンは公国ではそのお転婆ぶりが有名で、様々な武勇伝が語られています。
教会は彼女が転生者であると見ていますが、母であるアリシアを含め伝えてはいないため、公にはなっていません。

アリシアは娘の命はあまり心配していませんが、レガリス陥落の影響から、なるべく早く連れ戻したいと考え、
リスタの教会に依頼を出しました。
シャロンはダンジョンに入りましたが、扉を開けっぱなしにしてしまっていたため、
盗賊団や魔族も侵入してしまっています。
依頼は大きく、

・シャロンの保護
・盗賊団の討伐
・遺産の回収

に分けられています。


【1】公女シャロンを保護する 難易度:2

ダンジョンへと入り込んだシャロンを保護するパートとなります。
シャロンは単独でダンジョン内部を探索しており、そう簡単には魔物に負ける事は無いと思われますが、
一人での対処には限界がある為、早急に見つけ出す必要があります。

侵入してからそう長い時間は経過していないため、
足跡や戦闘痕などが残っていることも考えられます。
捜索や探知に準じるスキルを用いることで発見の難易度はぐっと下がるでしょう。

ただし、ダンジョン内にはワームと呼ばれる芋虫のような魔物や、
ジャイアントバットという巨大コウモリの魔物が棲みついています。
さほど強力ではありませんが、それらに対しても対策を練ることが必要となります。

このパートには公女シャロンが登場します。
シャロンは剣術を主体とした近接戦闘を得意としているようです。


【2】盗賊団を討伐する 難易度:3

ダンジョン内には十英雄の武器以外にも様々な遺産があり、盗賊団はこれらを狙っていると考えられます。
盗賊を捕縛し、それらを回収することも冒険者に託されています。

盗賊団以外にも遺産を守るために配備された「ガーディアン」がいます。
ガーディアンは魔力で動く「ゴーレム」と呼ばれるもので、甲冑の騎士の姿をしています。
盗賊だけでなく、冒険者に対して敵として襲い掛かってくるためご注意下さい。

盗賊たちは多くがローグの技を使いますが、マーセナリーやマギアシューターも少数混じっています。
そのためたかが賊と侮らない方がよいでしょう。


【3】十英雄の武器を確保する 難易度:4

初代プリシラ公が譲り受け、ダンジョンに封印した十英雄の武器を確保するパートとなります。
十英雄の一人が使っていた剣「聖剣グロリアス」はダンジョンの最奥にありますが、
最奥の間にいるガーディアン「シルバーナイト」は他の個体とは比べ物にならない強さです。
並の物理攻撃はダメージとならず、光を弾く力をも持ちます。
しかし侵入者を「追い払う」ことが使命なためか、殺すまで追い詰めようとはしてきません。

また、魔族のオークも聖剣を狙ってきています。
このオークは「オークウォーリアー」であり、ただ力任せに戦うだけでなく、
マーセナリーの技を駆使する「戦士」です。
そのパワーはシルバーナイトの装甲を傷つけうるものであり、聖剣を奪われないようにするためには、
このオークウォーリアーを倒す必要があります。

なお、【1】の結果によっては、こちらのパートにもシャロンが登場します。


それでは、皆様のご参加をお待ちしております。

【1】公女シャロンを保護する 【現在のMC参加人数:22】

2

【2】盗賊団を討伐する 【現在のMC参加人数:27】

3

【3】十英雄の武器を確保する 【現在のMC参加人数:25】

4