三千界のアバター

シン・大怪獣と星槍の巫女

リアクション公開中!

シン・大怪獣と星槍の巫女
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:蒼空Re
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2019年09月05日公開!

シナリオガイド

大怪獣復活の兆し!? 絶空の孤島で星槍を取り戻せ!

シナリオ名:シン・大怪獣と星槍の巫女 / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム


空京。

その南西に光の柱が上がったのは、深夜のことでした。
幻想的な光景でした。それが意味することを別とすれば……。

その前日。

■□■


「ごめんなさぁぁいーっ!
大怪獣が復活しちゃうんですうーっ!」

空京デパートの前で泣いている少女エメネアは、
空京南西の絶空の孤島ゴアドーからやってきたといいます。

「だいじな“星槍(せいそう)”が盗まれてしまいましたーっ!
こ、このままだと……」

大怪獣は星槍の力で封印されているというのです。
その封印が解けないように、エメネアは星槍を肌身離さず持っていました。

しかし、空京のサマーバーゲンでお買い得品を漁る時
“少しの間”そこらに置いていただけだというのに、その間に星槍が消えてしまったのです!

「仕組まれました! 罠だったんです! 2500年間誰も来なかったゴアドーに、
バーゲンのチラシが届いた時に気がついていれば!」

一人でペラペラと喋るエメネアは報道陣に取り囲まれ、あっという間にシャンバラ中にその情報が広まりました。

そして深夜、ゴアドーから上がった光の柱。
エメネアによれば、星槍によって大怪獣の封印が解かれつつある証拠だと言います。

各校は星槍が古王国時代の強力なアイテム『女王器』であるとの結論を出しました。
また空京での目撃情報から、
星槍を奪い大怪獣復活を狙っているのは鏖殺寺院の中でも武闘派として知られるブラッディ・ディヴァインであると考えています。

そのため、ゴアドーに向かい、星槍を奪還し、大怪獣の復活を阻止する契約者を募集していたのです。

「マリエル、一緒に行こう。
 あのイケメンも気になるし……」

「うん。マナミン、無謀な事しないんだよ!」

空京でブラッディ・ディヴァインに遭遇した蒼空学園の小谷愛美マリエル・デカトリースは、
ゴアドー行きを自ら志願しました。

■□■


ゴアドー、地下大神殿。

ブラッディ・ディヴァインの幹部“魔鎧のアルベリッヒ”
シャンバラの東にあるカナンの傭兵団を配下とし、ゴアドーに乗り込んでいました。

「契約者は来るだろう、お前たちは神殿の周囲を守れ。――誰一人いれるな」

「分かってますよ。
 とうとう本格的に契約者と戦えるんだ。
 こちらも楽しみにしてるんです。
 ここはカナンの女神イナンナの加護も届かない化外の地。
 サイドワインダーの力存分に発揮できる」

傭兵隊長は矢を同時に二本放つ技、
サイドワインダーの威力を試したくてうずうずしているようです。

「大怪獣復活までの時間が稼げればいい。
 復活してしまえば、星槍を持って逃走する
 だけだからな。
 ――お前の力も頼りにしている」

『……アア』

アルベリッヒが声をかけると鎧から声が聞こえました。その鎧はどうやら意思を持っているようです。

■□■


こうしてゴアドーで星槍を巡るの争奪戦が幕を開きました。
絶空の孤島にシャンバラ中の注目が集まっています。

「え!? みんな星槍ねらってるの!? ……どうしよう。
わたし――チューしますっ! 星槍取り戻してくれたらチューしますからっ!

と再びマスコミの前で断言したエメネアは
大切な何かを捨てていました。

その心に思念が響きました。

(エッチな事はゆるさんぞ!)

(お父さんはこういう時だけ出てきてうるさいです!
 アムリアナ陛下から授けられた星槍を守り、
 大怪獣を再度封印しないといけないのです!
 ――なんともしても)

(ならもういいよ、見守るよ!
 娘のチューを……初めてのチューを。
 う、うう……)

ウソ泣きしながらその思念は消えました。
担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

「蒼空のフロンティアRe」のプレシナリオ第三弾
『シン・大怪獣と星槍の巫女』をお送りします。

プレシナリオ第三弾は『蒼空のフロンティアRe』のメインストーリーである
9月開始予定の『建国の絆』の周辺のエピソードとなり、
スペシャルシナリオとなっております。

また関連クエスト、

・サマーバーゲンの影

が8月1日よりリリースしております。
こちらは本シナリオガイドの直前の話となります。
シナリオへの参加は本ガイドのみで可能ですが、お読み頂けましたら幸いです。

■基本的な状況
空京の南西にある空に浮かぶ孤島、ゴアドー。
その島に眠る巨大で凶暴なゆる族大怪獣を女王器でもある“星槍”によって封印されていました。
しかし、星槍を司る巫女エメネアは空京のサマーバーゲンにつられてゴアドー出てきたところ、
バーゲンに夢中で星槍を奪われてしまいました。

星槍を奪ったのは鏖殺寺院でも武闘派で知られるブラッディ・ディヴァインと呼ばれる組織です。
彼らは大怪獣を復活させるために、ゴアドーに向かい、地下神殿を占拠しています。
そのため契約者たちは大神殿へのルートを確保し、
星槍を取り戻し、復活しかけている大怪獣を封印する必要があります。
ゴアドーはその大部分がジャングル、大怪獣は地下の大神殿に封印されています。
ゴアドーまでの移動は各学校で用意するため、
島に着いてからのアクション内容で問題ございません。

【1】神殿への道を確保 難易度:3
地下の大神殿の入口の周辺にはカナンの傭兵団が守りを固めています。
彼らは弓を中心に防備を固めていますが、一部回復の奇跡や接近戦用の装備を持った者もいます。
ここを制圧できなければ【2】【3】パートでの侵入の難易度があがります。
リーダーである傭兵隊長はサイドワインダーという二本の弓を同時に放ち
追尾するように狙ってくる技の達人です。
彼を倒すためには難易度4程度が必要になってきます。
マリエルはアルベリッヒに会いたいという愛美のために、ここで回復に専念するようです。

このパートではNPCのカナン傭兵団とマリエルが登場します。

【2】星槍を取り戻す 難易度:4
神殿内部ではアルベリッヒが星槍の力を使って、神殿全体にかかった封印の効果を打ち消しています。
これには時間がかかるようで、シナリオ開始時点で6割ほどしか完了してないようです。
アルベリッヒの周囲にはライフルなどの近代的な武装をした何人かの側近がいます。
またアルベリッヒ自身も生きている鎧、魔鎧(まがい)を身に付けており、禍々しい斧を使って攻撃してきます。
光条兵器用の対抗手段も持っていると推測されます。
アルベリッヒと戦うためには難易度5以上が必要となります。
小谷愛美は星槍を取り戻す事よりはアルベリッヒが
姉の元カレではないかと確認を取るため
兜を取って顔をみたいというどうでもいい使命があるようです。

このパートではNPCの小谷愛美と“魔鎧”のアルベリッヒが登場します。

【3】大怪獣復活を阻止 難易度:4
エメネアの提案で地下通路を通じて直接大怪獣を封印に向かいます。
神殿から少し離れた岩場から地下へと潜り、地下水脈の横を抜けて神殿に侵入します。
封印のために創られたスライムが通路をふさいでいますが、それ自体はそれほど強い敵ではないようです。

大怪獣の間では全長50メートルの大怪獣が目覚めかけています。
【2】星槍が取り戻されなければ、状況は覆らないというものの、エメネアの力で封印を遅らせることは可能です。
そのためにはエメネアに魔力(MP)を供給してあげる必要があります(チューは必要ないです)。
ただし、封印を拒む大怪獣の体の一部が、小型怪獣として飛び出してきて襲ってきます。
小型怪獣はブレスを吐く怪獣の着ぐるみで、その動きは見た目より素早いです。

このパートではNPCのエメネアと大怪獣が登場します。

シナリオの最終的な結果について
本シナリオの【1】~【3】のそれぞれの結果を合わせてシナリオの最終的な結果となります。
結果次第では今後の「蒼空のフロンティアRe」の展開に影響を与える場合もございます。

それでは皆様のご参加をお待ちしております。

【1】神殿への道を確保

3

【2】星槍を取り戻す

4

【3】大怪獣復活を阻止

4