三千界のアバター

進撃、羅刹鬼眼王!

リアクション公開中!

進撃、羅刹鬼眼王!
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:RWO
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2019年01月31日公開!

シナリオガイド

ヴォルテックスの底から迫る危機! みんなの隠れ家も大ピンチ!

シナリオ名:進撃、羅刹鬼眼王! / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム


三千界の各世界からつながる、オンラインの世界、
レディアントワールズオンライン(RWO)

現在は、500階の螺旋の塔スパイラル・オブ・コスモスが実装され、多くの冒険者が探索を楽しんでいます。

その一方、かつてRWOの滅びの危機の中心であった超巨大ダンジョンヴォルテックス・オブ・カオスは、閑散としていました。

――そんな、ある日。

グラグラグラッ!!

「うわっ!」

「え、なに、地震?」

サルマティアの街で、突然、地震が発生したのです。

「なんかの特殊イベントかな……」

「そんなの告知されてたっけ?」

街に居合わせた冒険者たちは、顔を見合わせています。震源地は、どうやら、街の真下……ヴォルテックスのようです。

「ねえ、大変たいへん!!」

クラン“ランプの貴婦人”のメンバー、ぷかぷかが、
ヴォルテックスの入口から、その名の通りぷかぷかと飛んできました。
その外見は風船のように膨らんだスライムです。

「ヴォルテックスでたくさんの腕を持つ大きくて悪い奴が現れて
 500層から地上に向かってレプリカントの軍団を引き連れて、進撃してるんですって!
 今の地震は、そいつの仕業みたいなの!
 それに直撃食らうと強制ログアウトしちゃうらしくて……」

「な、なんですって……!?」

“ランプの貴婦人”のもう一人のメンバー、マリアンは、話を聞いて驚きました。

「完全攻略されて落ち着いたはずの、ヴォルテックスで、今更異変が!?
 それに、腕が複数ある巨人って……まさか……?」

「うん。盗まれた羅刹鬼眼王(らせつきがんおう)
 だと思う……」

「……ほえみ様を呼ばなくては!」

マリアンが不安げな【しぐさ】をすると、ヴォルテックスの入口から、
次は【レイス】ドワーフの男性、あらまきがどすどすと走ってきました。

「大変だ、俺の家が……いや、俺の家だけじゃない。
 ヴォルテックス内にある冒険者たちの持ち家 が、レプリカントに襲われてるんだ!」

「なんで今になって!
 ……とにかく、羅刹鬼眼王を止めないと。
 とんでもない年末年始イベントになっちゃった;;
 いざとなれば自爆して責任を……せや!」

ぷかぷかはピカーンと光りました。

羅刹鬼眼王と戦えばご利益がある
って噂を流せば、年末年始気分で冒険者集まるんじゃない?」

(そ、そうか……まあでも)

折角なのであらまきはそういう噂を流すことにしました。
いずれにせよ、羅刹鬼眼王を倒さなくては、
サルマティアの街は地震の影響で崩れ去ることが
予測されたのです!

――こうして、ヴォルテックスを巡った、
新たなる戦いが始まりました。

担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

RWOのスペシャルシナリオ「進撃、羅刹鬼眼王!」をお送りします。

※このシナリオは、「ヴォルテックス・オブ・カオス」が舞台となっておりますが、
 ヴォルテックスランキングの達成階層とは関係なくご参加いただけます。

※ご参加いただいた方にはもれなく、1アカウントに1つ、「螺旋階段+10」がポリアナード王国から支給されます!
  ※「螺旋階段+10」は課題によって受け取ることが出来ます。
 また、活躍に応じて「螺旋階段+10」がプレゼントされることがあります。

※舞台は「スパイラル・オブ・コスモス」ではございませんのでご注意ください。


■基本的な状況
完全攻略が終わり、平和を取り戻したかに見えた「ヴォルテックス・オブ・カオス」。

最深部の500層にて、多数の腕が生えた巨人「羅刹鬼眼王」が出現し、
レプリカントを引き連れ、上階を目指しながら、通りすがりの冒険者などに攻撃してログアウトさせているようです。
巨人の目的は不明ですが、数多くの冒険者が「スパイラル・オブ・コスモス」に挑んでいるため、
道を阻む者が少なく、どんどん上階へと進んでしまっているようです。
出現した階層とは関係なく移動しているという点で、他の通常のモンスターとは様子が異なるようです。
また、ランプの貴婦人のメンバーは羅刹鬼眼王に心当たりがあるようで、全力で阻止しようと考えているようです。

また、羅刹鬼眼王、あるいはそれと同時に発生したレプリカントによって、
ヴォルテックス内に作られた冒険者たちの持ち家 が、襲われているようです。


【1】羅刹鬼眼王と戦う:難易度8

ヴォルテックス500階層に現れた「羅刹鬼眼王」がレプリカントを引き連れ、
上階に向かってひたすら突き進んでいます。

「羅刹鬼眼王」は十数メートルほどの巨体に無数の腕を持ち、それぞれの腕に武器を持っています。
【レイス】アシュラのように見えますが、はるかに凶悪な存在のようです。
鬼眼王は十数体の人型レプリカントを引き連れ、冒険者に悪意を持ち、地上を目指しているようです。
また、強力な地震を発生させる能力を持っており、
140層にある「修羅の寺院」に到達すると、再度大きな地震を起こして
寺院を破壊し、シュラ族たちを一気にレプリカント化しようとしています。

道を阻もうとすると、巨体と複腕を生かした強力な攻撃を繰り出してくるようで、
巨体さ故に動作には隙がありますが、その隙も威力で押し勝てるほどです。
また、その威力でヴォルテックス内部のオブジェクトや壁なども壊し、
直撃を食らった冒険者は強制ログアウトさせられてしまう事も判明しています。

クラン“ランプの貴婦人”のメンバーに対しては特別な反応を見せ、
積極的に襲い掛かってくるようです。
またランプの貴婦人側も羅刹鬼眼王に対して因縁があるようで、
ほえみにチャンピオンとして最強の装備をさせた上で対決するつもりです。
さらに、勝てない場合はぷかぷかが伝説の自爆技“アメーバン!”を使って、
フロアもろとも羅刹鬼眼王を倒そうと考えているようです。

そのほか、ぷかぷかは羅刹鬼眼王と戦うとご利益があると年末年始風の噂を流して冒険者たちを集めようとしています。

周囲のレプリカント自体は、
ヴォルテックス低層~中層付近に現れていた通常の人型レプリカントと同じ種類のようです。
それぞれは中級冒険者でも倒せる程度の強さですが、
どこから沸いてきたのか、大量に集まってしまっており、
巨人を守るように周囲を固めながら一緒に移動しているため、
大技で吹き飛ばさなければ、巨人への攻撃はほとんど届かないでしょう。
多くの冒険者で協力して倒してください。

こちらのパートには、“ランプの貴婦人”のぷかぷか、マリアンと、二人に呼ばれたほえみが登場します。


【2】持ち家を襲うレプリカントたちに対処する:難易度6

低層~中層付近に現れていた人型レプリカント達が、
ヴォルテックス内にある冒険者たちの持ち家 を攻撃しています。
持ち家の中で忘年会、新年会を開いて盛り上がっている持ち家を積極的に狙っているようです。
※誰もいない家は攻撃しないようです。
羅刹鬼眼王の出現に呼応するかのように出現し、家を攻撃し始めたとみられています。

こちらも、一人ひとりの強さは通常の人型レプリカントと同等ですが、
放っておくと仲間を呼んだり、強力な個体のレプリカントを呼ぶ可能性があります。
また、彼らを指揮する魔王のような外見をした謎の男がたまに現れるようです。

こちらのパートに参加される場合は
持ち家の主や、持ち主と同じクラン(GA)のメンバーであれば、
サルマティアの街から持ち家内に移動できた、もしくは地震発生時に持ち家内に居たとしていただいて構いません。

家を襲ってくるレプリカントはそれほど強くないので、レベルの高い方であれば忘新年会を続行しながら倒すのも可能かも知れません。


【2018年12月25日10:00 修正】 【2】パートの難易度表記を修正しました。

【1】羅刹鬼眼王と戦う

8

【2】持ち家を襲うレプリカントたちに対処する

6