三千界のアバター

ユーラメリカ

Unlimited Heroes~2nd after~

リアクション公開中!

Unlimited Heroes~2nd after~
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:ユーラメリカ
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年11月22日公開!

シナリオガイド

日常を取り戻したデルタシティ。しかし、新たな脅威が迫りつつあった……。

シナリオ名:Unlimited Heroes~2nd after~ / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム


正義(good)と悪(evil)が戦い続けるヒーロー世界、ユーラメリカ

ワールドホライゾンが11番目に到達した世界の都市デルタシティでは、
異能者「ネオジェネレーション」のevil(イービル)による犯罪が横行し、
異世界の侵略を受けていました。

evilや異世界の侵略に敢然と立ち向かうのが
『ヒーロー連盟(ヒーロー・ソサエティー)』に所属するヒーローたちなのです。

■□■


 ――デルタシティ、ダウンタウン、ヒーロー連盟(ソサエティー)ビル、市長室

「天冥大帝グランドマスターを倒したとはイエ、ヒーローの戦いが終わるわけではナイワ」

 市長のアイゼン・ハワードは、デルタシティの各場所から発信されるヒーローを求めるエマージェンシーコールに逐一対応していました。
 「ダイナソアブロイラー」や「極光帝国(オーロラエンパイア)」を造った天冥大帝グランドマスターは特異者たちとデルタシティのヒーローによって倒されましたが、デルタシティのevilが消えることはありません。
 人の心は弱く、脆いもの。力を持ってしまったが故に、ちょっとした拍子に魔が差してしまうことは少なくありません。
 大抵のevilはそうして生まれるものであり、そういったevilたちを倒すのも、手に入れた力を正しいことに使うgoodのヒーローたちなのです。

「……と、“カロリックシャドウ”と“アベンジャー”は今日、Holidayだったワネ。アイリア・フェイとダークプリンセス・ティアナに出動してもらおうカシラ」

 輝洲 飛影アレクサンドロス・ルートヴィッヒは、グランドマスターを倒した褒賞として休暇をもらっていました。
 ヒーローたちをローテーションで効率よく休ませるのも、市長のやりくりの見せどころです。

「このevilなら彼でも大丈夫デショウ。“キャプテン・コスタリカ”、行けるカシラ?」
『HAHAHA! 私はいつでもどこでもOKだ! パイナップル喰えー!!』

 アイゼン市長はキャプテン・コスタリカに連絡を入れると、彼を現場へと急行させました。

『アイゼン市長! このミュータント、倒したと思ったら巨大化したわ!?』
『え~、ティアナの魔法が効かないなんて納得がいかないよ~』
「Shit! それはおそらく『海洋皇国ポセイドン』のポセイドン・ミュータントよ! 【合体技】でknock downネ!」

 アイリア・フェイダークプリンセス・ティアナから緊急連絡が入ってきます。
 一度倒したと思ったら、再生されて巨大化するミュータントが最近増え始めていました。
 確証はありませんが、『海洋皇国ポセイドン』のミュータントだとアイゼン市長はアタリを付けています。

『ダークプリンセス・ティアナ、タイミングを合わせて!』
『そっちこそ、ティアナより弱っちぃんだから、ティアナのタイミングに合わせてよ!』
『嗚呼!? サウスイースト女学院の女学生が……』
「Shit! これで39人目ジャナイ!!」

 ただ、二人の【合体技】は上手くいかなかったようで、39人目の女性を攫われてしまったようです。

『アイゼン市長、ポセイドンのミュータントですが、新興の悪の秘密結社『デストピア・シー』に供給されているようです。ポセイドンの子会社のような存在だと思われます』
『マザーエンプレスやQueenフェリアに協力してもらっているケド、ポセイドンの本拠地は掴めていないノヨ。Subsidiary companyを倒して、少しでも情報を集めるしかないワネ!』

 ヒーローチャンネルの看板アナウンサー、コトネ・カッシーニから有力な情報が入ると、アイゼン市長は攻撃目標を定めたようです。

■□■


 ――デルタシティ、ダウンタウン、???

「わたくしはアンフィトリテ、海洋皇国ポセイドンの主ポセイドンの妻ですわ。デルタシティは狙われているのですわ」

 ワールドホライゾンの特異者が出会った人魚――アンフィトリテは、特異者にそう切り出していました。

■□■


 ――デルタシティ、???

「アンフィトリテ……ポセイドン様の妻でありながら、ポセイドン様を裏切るなんて許せない……見付け次第連れ戻して……いいえ、そんな生優しいことはせず、いっそのこと生き地獄に連れて行ってやるわ。そうすればあの方は私だけのもの……」

■□■


 ヒーロー最大最凶の敵、天冥大帝グランドマスターを倒し、デルタシティはいつもの日常を取り戻していました。
 ですが、新たな脅威もまた、一歩ずつ着実に忍び寄っていました……。
担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

ユーラメリカのスペシャルシナリオ
『Unlimited Heroes~2nd after~』をお届けします。

ユーラメリカについては

トリガークエスト「Unlimited Heroes」
グランドシナリオ『Unlimited Heroes~完結編~』
『Unlimited Heroes~Final~』をはじめとした各トリガーシナリオ


をご覧ください。

●基本的な状況
「ダイナソアブロイラー」や「極光帝国」という小世界そのものを創造したという、天冥大帝グランドマスターは、ワールドホライゾンの特異者とデルタシティのヒーローたちによって倒され、デルタシティは日常を取り戻しました。
グランドマスターとの戦いは激戦を極め、参戦したデルタシティのヒーローたちも少なからず損耗しました。
ですが、evilは待ってはくれません。アイゼン・ハワード市長はローテーションでヒーローたちを休ませ、デルタシティの平和を維持しています。

『気になる世界を調査せよ!』の結果、デルタシティの海に『海洋皇国ポセイドン』が存在していることが分かっています。
ただ、組織の規模や本拠地などは分かっておらず、デルタシティは送り込まれてくる新たなミュータント、ポセイドン・ミュータントに防戦一方になっています。
ポセイドン・ミュータントは男性を攫って魚人に変えて先兵にし、女性を攫って王であるポセイドンに捧げているようですが、こちらも詳しい事は分かっていません。
極光帝国の女帝マザーエンプレスや、メイプルキングダムの女王フェリア・M・ベルベットローズの協力を受けたコトネ・カッシーニの調査で、新興の悪の秘密結社『デストピア・シー』がポセイドン・ミュータントを扱っていることが分かったため、まずはここを攻撃することが決まりました。

とはいえ、まったく情報が無い訳ではありません。『海洋皇国ポセイドン』の王ポセイドンの妻アンフィトリテが、デルタシティに潜伏しているという噂があります。彼女と接触できれば『海洋皇国ポセイドン』の情報が手に入るかもしれません。


【1】家でのんびりする/街に繰り出す 難易度1

ヒーローたちは基本的に、デルタシティに住処が与えられます。
住む場所や建物はヒーローランキングによって異なります。
アクション投稿時のランキングに応じた場所に住処を構えており、
デルタシティでは普段どんな日常を送っているかアクションを掛けて頂ければと思います。

また、住処ではなく、デルタシティの街中に繰り出して日常を満喫する事も出来ます。
主な場所は以下の通りです。

アッパータウン:富裕層が住む高級住宅街。フィットネスジムや森林公園などが存在します。
ダウンタウン:商業・娯楽施設が建ち並ぶ商業街。4Dアトラクションシアターやデパート、海岸などがあります。
ロウハウスタウン:中流層が住む住宅街。ショッピングモールやスタジアム、ゲームセンターなどがあります。
オリエントタウン:日本人街&チャイナタウン。酒屋や八百屋、薬屋といった小売店が多く、中には妖しいお店も……。

各街はモノレールで繋がっており、ヒーローたちは無料で乗る事が出来ます。
また、ヒーローたちを管理しているヒーロー連盟本部ビル、初めてネオジェネレーションになった女性を象ったというネオガディス像もランドマークとして観光地化しています。

こちらのパートでは基本的にevilは登場しません。
ヒーローは非番時はデルタシティが滅ぶといった危機的状況以外は休暇が確約されており、呼び出されないルールになっています。
そのため、デルタシティの生活を満喫して頂ければと思います。

こちらのパートには、必要に応じて休暇を取っているNPC輝洲飛影、マーヤ・ヤマブキ、アレクサンドロス・ルートヴィッヒ、ビューティフル・シュガー(とバットとルゥ)、ルージュ・コーデュロイ、キーヌェ(怪盗シルキッシュ)、Miss.キラー、モルドレッド、トリケラトプス、ローゲン・ハイド、クローン吉田、アイゼン・ハワードが登場する場合があります。
ただし、関われるNPCは、一アカウントにつき1人までとなります。


【2】デストピア・シーのアジトに乗り込む 難易度8

悪の秘密結社新生デスクライムが倒された後、新興の悪の秘密結社『デストピア・シー』がデルタシティに台頭しています。
『デストピア・シー』はポセイドン・ミュータントと呼ばれる魚人型のミュータントを先兵に持ち、デルタシティの一般市民を攫っています。

『デストピア・シー』のアジトは、デルタシティの西を流れるウエストリバーの中州にあるようです。
中州はポセイドン・ミュータントたちが守を固めています。
彼らは三叉の槍や水中銃で武装しており、口から服や鎧を溶かす溶解泡を吐きます。
一匹一匹はさほど強くありませんが、両生類のようですので、上陸前に水中から攻撃を受ける場合もあります。
上陸前は水上や上空、もしくは水中を移動する手段が必要になります。

『デストピア・シー』はケートスと呼ばれる女幹部と、カリュブディスというポセイドン・ミュータントがいるようです。
カリュブディスは人間の足を持つ蛸型のミュータントで、8本足で別々の目標に攻撃を繰り出したり、口から墨を吐いて視界を塞いだり、同じく口から渦潮を吐いて敵を一掃したりするそうです。
この段階であれば、スーパーパワーは普通に効きます。
ですが、一度倒された後、女幹部ケートスによって再生&巨大化すると、スーパーパワー強度「18」未満のスーパーパワーは効かなくなります。
この時こそ、【合体技】を放つときです!
【合体技】につきましては、【コチラ】をご覧ください。

なお、女幹部ケートスは再生&巨大化担当のようで、今回は積極的に攻撃は仕掛けてこないようです。

このパートにはNPCキャプテン・コスタリカ(パイナップルボンバー/火属性【スーパーパワー10】)、アイリア・フェイ(ツインスラッシュ/物理属性【スーパーパワー5】)、ティアナ・ベルベットローズ(ティアナ・キュートスマイル/光属性【スーパーパワー6】)、ダークプリンセス・ティアナ(ダークネス・レイ/闇属性【スーパーパワー6】)、コトネ・カッシーニが登場します。
スーパーパワーが記載されているNPCたちは<合体>のパワー素材を装備していますので、彼らとの【合体技】は可能です。
なお、NPCに限り、複数の【合体技】に参加することができます。

このパートは中洲の突破状況によって、カリュブディスの強さ(=難易度)が変動します。


【3】アンフィトリテと接触する 難易度7

このパートにアクションを掛けるには、称号「アンフィトリテを匿った」を持ち、アクション投稿時に表示している必要があります。
称号「アンフィトリテを匿った」はクエスト『新たなる敵』を完全クリアすることで獲得できます。
称号はMCは所有し、表示していれば、LCは所有・表示している必要はありません。
称号を所有・表示しておらず、本パートにアクションを掛けた場合、パート移動が起こりますのでご注意ください。

アンフィトリテは『海洋皇国ポセイドン』の王ポセイドンの妻のようですが、『海洋皇国ポセイドン』の情報をもたらすために危険を冒してデルタシティへやってきています。
現在は接触した特異者たちによって、デルタシティ・ベイ(埠頭)のとある倉庫に匿われていますが、ポセイドン・ミュータントをはじめ、『海洋皇国ポセイドン』の幹部等が血眼になって探しているため、見つかってしまうのは時間の問題でしょう。
短い時間の中で情報を聞き出すため、1PCにつき1つだけ質問を行うことができます。
質問の内容から導かれる答えによっては、今後の『Unlimited Heroes』の展開を有利にしたり、逆に不利にしたりするかもしれません。
難易度は情報を引き出す難しさを現している、とお考え下さい。

このパートにはNPCアンフィトリテ、???が登場します。


■ヒーローランキング
本シナリオは「ヒーローランキング」の対象シナリオになります。
本シナリオで活躍した方には『ヒーロー功績』が贈られ、ランキングの階級アップ対象となります。
ただし、ヒーローランキングが上がる可能性があるのは、【2】【3】パートのみとなります。

詳しくは、コチラをご確認ください。


■アバター死亡/停止
本シナリオでは、難易度を鑑みず無茶な行動をしたとき、勝てない敵と戦ったときなど特異者が死亡する、
あるいはアバターが機能停止に陥るケースがあります。
そうなった場合、一定期間アバターチェンジできなくなります。
ただ、アバターが死亡したことで別のアバターで再度参加したとしても、
過去の功績などが消えることはありません。
死亡の場合は「死んだと思っていたが、実は生きていた」扱いとなります。

それでは、皆様のご参加をお待ちしております。

【1】家でのんびりする/街に繰り出す

1

【2】デストピア・シーのアジトに乗り込む

8

【3】アンフィトリテと接触する

7