三千界のアバター

ワンダーランド

≪ワールド・ピース≫月光に煌めく鏡の王国

リアクション公開中!

≪ワールド・ピース≫月光に煌めく鏡の王国
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:ワンダーランド
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年10月16日公開!

シナリオガイド

誘拐された巻髪を救出し、ジャバウォックの狙いを突き止めろ

シナリオ名:≪ワールド・ピース≫月光に煌めく鏡の王国 / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム




“空想の世界”ワンダーランド

かつて「昼」と「夜」とが分かたれた世界で、
“アリス”と呼ばれる者たちが、
世界を救う鍵となる「空想の欠片」を手に激しい戦いをしていました。

「夜」が落ち着きを見せ、徐々に平穏が訪れ始めたワンダーランドでしたが、
新種のジャバウォックが現れ、その調査中に同行していた巻髪が誘拐されてしまいました。


巻髪が誘拐されてから数日。
白の騎士の元に、小さなお椀が届けられました。

お椀には豪奢な装飾が施されており、中には小さな文字で文字が綴られていました。

“決戦は明日、愚弟の生れ落ちた果実の元へ来てくれれば私の元へ案内しよう”


それを受けた白の騎士は応援に駆け付けていた穴門由紀乃を通じ、
特異者達、そして共に戦ったアリス達にも応援を要請しました。


□ ■ □ ■ □ ■ □



――翌日 鏡の国 奥地


無機質な鏡の国の中に突如として現れる畑。
その中央には、巨大な桃が真っ二つに分かれて鎮座していました。


前に訪れたときには何もなかったはずの桃の中には、謎の光が浮かんでいます。

「どうやら、ここから行けるみたいね」
「じゃ、早く行こう? ここにいたら原生種がいつ襲ってくるかわからないし」

キティアデルはためらいなく中に入っていきます。
そこに白の騎士とトランプ兵たちも続きました。



光を抜けた一行が見たものは、
何もない闇夜に浮かんだ月の表面そのもの。

「ようやく来たか、待ちくたびれたぜ!」

月の表面には、藁や木材で組まれたような小屋が建っており、
その前には菱形の前掛けと斧を背負ったコートキューが座っていました。

「ようこそ、父上の城“ヴィエイユ”へ」

次いでどこからか別の声が聞こえます。

「さすがに姿を見せないのは私の矜持にかかわる。
 下だよ下、騎士君の足元を見たまえ」
 
そこにいたのは、体長数センチほどの男性。

「私はエギー。君たちの世界で言うところのジャバウォックという存在だ。
 まぁ正確には少し違うんだが、その辺は伏せておこう
 
 さて、君たちは姫君を助けに来たんだろう?
 しかし私たちに返すつもりはない。
 私たちにも彼女が必要だからね。
 
 さあ、戦おうじゃないか!
 君たち騎士は無事に姫君を助け出せるかな!
 楽しい救出ゲームだ!!」

エギーがそう言い放つと、コートキューは小屋の扉をあけ放ちます。
簡素な小屋に見えたその建物の中には、まるで宮殿のような巨大な空間が広がっていたのでした。


担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

ワンダーランドのスペシャルシナリオ「≪ワールド・ピース≫月光に煌めく鏡の王国」をお送りします。

事の発端から今までの経緯については
気になる世界を調査せよ!P.13
≪ワールド・ピース2≫鏡の国のドンブラコ
「鏡の王国」
をご確認いただければと思います。

また、本ガイドだけでも基本的な情報だけはわかるようになっています。

★「空想の欠片」の使用

 当シナリオでは空想の欠片の能力を使用する事が可能です。
 能力を使用したい場合、グランドシナリオのリアクション公開時に発行されました称号をセットしてアクションを投稿して下さい。
 ※必ず使わなければならない、というわけではありません。

 なお、当シナリオでは「アリス×リバース」本編とは異なり、空想の欠片の解放はできませんので、予めご了承下さい。



◇ ◇ ◇基本的な状況◇ ◇ ◇


基本的な状況としては、
前回の調査で発見された【昼】に適応したジャバウォックの新種である【コートキュー】と【エギー】が現れ、突如巻髪を攫っていってしまいました。
どうやら彼らは巻髪の事を知っているようで、また彼女を用いて行う何かを画策しているようです。
彼らの目的を知る事は、相互に関与するはずのないワンダーランドと鏡の国が今なぜ再びつながり始めているのか、その原因にもつながるかもしれません。

また、今回かかわったジャバウォックはどちらも“父”らしき存在を示唆しており、城内にはそれらしき存在の気配もあります。
ただ【コートキュー】と【エギー】はどちらも特異者と戦う事を目的としており、城内には変異前のジャバウォックが多数徘徊している為、
自由に城内を動き回ることは困難です。


【1】コートキューを倒す 難易度:7
コートキューは人型の【昼】の姿と、熊になる【夜】の二種類の姿を持ってます。
斧の一撃は地面にひびを入れるほど強力で、真正面から受け止めることは非常に困難です。
しかも、ブーメランのように投擲するため、遠近両用を兼ねた武器となっています。

斧の一撃は地面にひびを入れるほど強力で、真正面から受け止めることは非常に困難です。
また、劣勢になると【夜】の姿へと変化し、攻撃力をさらに上げるだけでなく、その毛皮はほとんどの物理攻撃を吸収してしまうほどの強度を持ちます。

コートキューの周囲には動物型のジャバウォックが複数控えており、それらに対しての対処も必要となるようです。

※こちらのパートにはアデルと由紀乃が参加します。



【2】エギーを倒す 難易度:8
エギーは小人型の【昼】の姿と、通常の人型になる【夜】の二種類の姿を持ってます。
小人状態の際にはジャバウォックや石などの障害物に身を隠しながら攻撃を仕掛けてきます。
攻撃力自体はそこまで高くありませんが“鎧通し”と呼ばれる技術によって、
防御を無視して身体そのものに対してダメージを与える術を持っているようです。
通常の人型になった際にもその技術は変わらず、筋力の上がった“鎧通し”は相手の体を破壊します。

エギーの周囲には、彼によく似た人型のジャバウォックが複数控えており、それらに対しての対処も必要となるようです。
よく見れば見分けがつきますが、焦っていると分からないほど似ているようです。

※こちらのパートには白の騎士が参加します。



【3】巻髪を探す 難易度:6
城内を探索し、巻髪を助ける、もしくはジャバウォックの目的を探るパートです。
城内にはかなりの数のジャバウォックが徘徊しており、見つかった場合音を聞きつけて複数のジャバウォックが集まってきます。
かなりの広さを持つ城ですが、鍵がかかっている部屋が複数あり、最奥からは舞踊曲のようなものが響いています。

鍵のかかった部屋のどれかには巻髪が囚われている他、エギーや“父”がまとめた資料が残されています。
また、音楽が流れている部屋には何者かの気配があるようです。

※こちらのパートにはキティとミチルが登場します。


【2018年10月16日9:45 変更】リアクション公開予定日を『2018年10月16日』へ変更いたしました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい誠に申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】コートキューを倒す

7

【2】エギーを倒す

8

【3】城内を探索する

6