三千界のアバター

ワンダーランド

≪ワールド・ピース2≫鏡の国のドンブラコ

リアクション公開中!

≪ワールド・ピース2≫鏡の国のドンブラコ
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:ワンダーランド
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年07月25日公開!

シナリオガイド

鏡の国で起きた新しい事件。新種のジャバウォックを止めろ!

シナリオ名:≪ワールド・ピース2≫鏡の国のドンブラコ / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム




“空想の世界”ワンダーランド

「昼」と「夜」とが分かたれた世界で、
“アリス”と呼ばれる者たちが、
世界を救う鍵となる「空想の欠片」を手に激しい戦いをしていたのはほんの少し前。


「夜」が落ち着きを見せ、徐々に平穏が訪れ始めたワンダーランドでしたが、
ワールドホライゾンの特異者によって、鏡の国で何かが起きていることが突き止められたのでした。


□ ■ □ ■ □ ■ □



――トランプ城

「何かが起きている……?」

「そうですわ。一大事ですの!!」


穴門由紀乃は、巻髪の横に立つ白の騎士に視線を向けました。

「あぁ、我から説明しよう。
お前たちが調査した際に確認された“鏡の国”で【昼】が発生している事案だが、
これがかなりまずいことになっている」
 
鏡の国。
“創造主”アリスが創り出した、ワンダーランドの人々の負の感情を押し込めるための小世界。
アリスハザード以後、ワンダーランドと鏡の国の感情の流入が止まったことで、
お互いのワンダーランドでは【夜】、鏡の国では【昼】が起こらなくなったと考えられていた。


しかし、少し前の特異者達による調査によって、
ワンダーランドにおいて時折【夜】が起きるのと同じように、
鏡の国でも、時折【昼】が訪れていることが確認されたのでした。


「報告を聞いてから我も何度か調査に行ってみたのだが……
 どうやら、【昼】に適応しつつあるジャバウォックが生まれつつあるようだ
 
 お前たちがジャバウォックの力を操ることができるのと同じように、
 ジャバウォックの中には【昼】の力を操るものが出てきている」


以前の調査で、原生種のジャバウォックは【昼】の光に包まれると消滅することが確認されています。


「でも、それなら危険なジャバウォックが浄化されて平和になるんじゃ?」

「あぁ……そうなればよかったんだがな。
 我も調査に行ったといっただろう?
 
 その時共に行ったトランプ兵数人が、そのジャバウォックに襲われた際にはぐれて、まだ戻ってきていない。
 襲ってきた理由はわからないが、突然襲ってきたやつの力は圧倒的だった。
 おそらく光の中にいながらもジャバウォックと同等、もしくはそれ以上の力を持っている……

 幸い奴はこちら側……ワンダーランドにくる方法はまだ発見していないようだ。
 今のうちに奴を止めなければならない。
 
 もう一度、我に協力してくれないか」
 
白の騎士の言葉に、由紀乃は力強く頷きワールドホライゾンに連絡を取るのでした。



□ ■ □ ■ □ ■ □


―――鏡の国


熊のような大きな体を持ったジャバウォックが歩いていました。
足を引きずり、体から体液を溢れ出している姿から、“何か”によって襲われたことがうかがえます。

その後ろから、白い光が迫っていました。
やがて光に包み込まれた熊型のジャバウォックは塵のように細かく消滅してしまいます。

熊型のジャバウォックを飲み込むと、徐々に光は中央に向かって小さく収束していきます。
光の中央には、三匹の動物が見て取れました。


白く輝く毛並みを持ち、狼のように鋭い眼光の犬

明るいオレンジ色の毛並みを持つ猿

鮮やかな緑色をし、二匹の上をゆっくりと旋回する雉


三匹の動物は、光が小さくなるにつれてその身を寄せるように小さくまとまっていく。

やがて光が消えたとき、三匹がいた場所には一匹の人型ジャバウォックが立っていました。


「あぁ……またこの姿に戻っていしまった……
 早く世界を浄化しないといけないのに……」

袴を履き、陣羽織を羽織った少年のような姿のジャバウォックは、
目の前に差す光へ足を踏み入れながら消え入るような声で囁きます。

「全てのジャバウォック、いやこの世界に生きるものを浄化するんだ。
 負の感情も、負の感情を生み出す原因も。全部悪者。
 
 悪者は消さなきゃいけない……消さなきゃいけないんだ…
 
 そうだよね……おじい様、おばあ様……」


担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント

ワンダーランドのスペシャルシナリオ「≪ワールド・ピース≫鏡の国のドンブラコ」をお送りします。

事の発端から今までの経緯については
気になる世界を調査せよ!P.13
をご確認いただければと思います。

また、本ガイドだけでも基本的な情報だけはわかるようになっています。


同日に公開される≪ワールド・ピース≫がタイトルについたシナリオに予約・抽選参加している場合、
こちらのシナリオには予約・抽選参加できませんのでご注意下さい。
ただし、追加参加になった場合はその限りではありません。


◇ ◇ ◇基本的な状況◇ ◇ ◇


基本的な状況としては、
以前の調査で確認された“鏡の国の【昼】化現象”について、動物的勘が働いた巻髪の指示により、白の騎士が再度調査を行った結果、
【昼】に適合したジャバウォックが確認されました。
それぞれ相互に関与するはずのないワンダーランドと鏡の国が今なぜ再びつながり始めているのかについても謎が深まりますが、
今回発見された【昼】に適合するジャバウォック【ペシェバンドゥ】は負の感情の浄化に対して異常なほどの執着を見せており、ジャバウォックを浄化するだけでなく、負の感情を生み出す可能性のある生き物全てを消すつもりでいます。
【昼】と【夜】どちらの力も合わせ持つペッシェバンドゥがワンダーランドへ現れた場合、相当な混乱が想定されます。

ペッシェバンドゥがワンダーランドへ行く方法を見つける前に倒すことが必要でしょう。


 ★「空想の欠片」の使用

 当シナリオでは空想の欠片の能力を使用する事が可能です。
 能力を使用したい場合、グランドシナリオのリアクション公開時に発行されました称号をセットしてアクションを投稿して下さい。
 ※必ず使わなければならない、というわけではありません。

 なお、当シナリオでは「アリス×リバース」本編とは異なり、空想の欠片の解放はできませんので、予めご了承下さい。



【1】ペシェバンドゥを倒す 難易度:6
ペシェバンドゥは、三種類の動物に分かれる【昼】と人型ジャバウォックになる【夜】の二つの姿を持っています。
動物形態の時はそれぞれ犬、猿、雉のような動きします。事前調査に行ったトランプ兵の話では、魔法攻撃や幻覚の類の技も使ってくるようです。
人型形態の時は日本刀のような武器と“キビダンゴ”と呼ばれる小型の爆弾を使用してきます。
中でも剣技は非常に鋭く、注意が必要です。

また、ペシェバンドゥは鏡の国の中で【昼】を呼び起こす力を持っており、光の中では【夜】スキルの威力が弱まります。
さらにペシェバンドゥ自身は【昼】の中でも、【夜】の時と同等の力を使用することができ、【昼】の力だけで対抗するのは困難だと考えられます。

※こちらのパートには巻髪が参加します。



【2】トランプ兵を探す/【昼】化現象の謎を突き止める 難易度:7
白の騎士が調査に行った際、何人かのトランプ兵が行方不明になっています。
彼らが残した言葉によると、鏡の国の奥地に巨大な果物のようなものがあるとされており、
その周辺は【昼】化の影響がないため凶悪な原生種ジャバウォックが多く残されているそうです。

巨大な果物は今回の騒動の前には見受けられなかったものであり、
白の騎士はこれが何かのカギを握っていると考えています。

また果物はジャバウォックの傷を癒す力を持っているとされ、
怪我をしたジャバウォックは果物の方へ向かうと思われます。



こちらのパートには白の騎士が参加します。



【2018年6月22日12:00 追記】空想の欠片についての追記を行いました。

}【1】ペシェバンドゥを倒す

6

【2】トランプ兵を探す/【昼】化現象の謎を突き止める

7