三千界のアバター

≪ワールド・ピース≫穢土と力一門を開放せよ

リアクション公開中!

≪ワールド・ピース≫穢土と力一門を開放せよ
基本情報

マスター:三千界のアバター運営チーム
ワールド:大和
 
 

料金

MC参加:150ポイント
LC参加:100ポイント
フェロー追加:25ポイント
LC/フェロー最大追加数:4
文字数追加:50ポイント

スケジュール

2018年01月29日公開!

シナリオガイド

穢れの噴出と力一門を止め、穢土の平和を取り戻せ!!

シナリオ名:≪ワールド・ピース≫穢土と力一門を開放せよ / 担当マスター:三千界のアバター運営チーム



大和にある大陸、その一地方である『穢土』(えど)。
刀児たちは激闘の末、巨大化した怨鬼丸、
そして黒子を討ち取りました。

一時の平和が戻った穢土でしたが、
今再び、穢土に脅威が迫っていました……


□■□■□■□


怨鬼丸によって半壊した街、力極。
力一門が力を失い、復興が着々と進んでいるとはいえ、
未だ街には大きな傷跡が残っています。

そんな折、復興の手伝いをしていた綿綱の元へ、
物部繰平が慌てた様子でやってきました。

「た、大変だっ!!」

「そんなに慌ててどうした繰平?」

駆け寄ってきた繰平の服には所々血のようなものがついています。
しかしどうやら繰平自身の血ではなく、誰かの血液が付着しているだけのようです。

「今、刀児や豪欠と見回りをしていたら怪我をした人が倒れていたんだ、
 果て無き戦場の近くで襲われたって……!」

「襲われた……? 穢魔にか……?」

綿綱が聞くと、繰平は首を振ります。

「話では、巨大な剣を持った鬼と、特徴的な武器を持った三人組がいたって……」

「武尊に鎌痛血……力一門か」

近頃、力一門に復帰したと言われている斬狂(きりぐるい)の三傑、鎌痛血。
彼らの復帰によって力一門は再びその勢いを増していました。

「それに奴ら、様子がおかしかったみたいなんだ……
 どこか虚ろで、攻撃してきたかと思ったら、何も奪わずに去っていたって……」
 


「穢れに取りつかれているのかもしれないわ」

そこに現れたのは繰平と同じく街の周囲の見回りを行っていた刀児豪欠です。

「父と母から聞いた。近頃、闘者の塔の封印が弱まっていると。
 もしかしたらその影響かもしれないな」

確かに、近頃、闘者の塔の付近では穢魔の姿が多く見受けられ、
しばしば住民が襲われるという事案も発生していました。

「このままじゃ復興もままならない。
 穢れを封じ、力一門を再び止めなければな」

刀児はそう話すと、街の出口へと向かって歩き出しました。

「刀児! 一人じゃ危ないって!
 ただでさえ強かった奴らが穢れの力を得て、さらに強くなっているんだよ?」

繰平のその言葉を背に受けながらも、刀児は止まることなく
進んでいきます。

「何を言っている。私達にはまだ心強い味方がいるだろう
 彼らならきっと来てくれるはずさ」

担当マスターより

▼担当マスター:三千界のアバター運営チーム

マスターコメント


《ワールド・ピース》は三千界の大世界を扱った、一話完結、あるいは短めのシリーズのシナリオとなります。
今後も不定期ですが、リリースしていく予定です。

第一弾は大和・ゼスト・千国の三本のスペシャルシナリオが同日公開されます。
同日公開された《ワールド・ピース》がタイトルについたシナリオに予約・抽選参加している場合、
本シナリオには予約・抽選参加できませんのでご注意下さい。
ただし、追加参加になった場合はその限りではありません。


◇ ◇ ◇基本的な状況◇ ◇ ◇


基本的な状況としては、闘者の塔の封印が弱まったことによって、
周囲に穢れがあふれ出し、塔だけでなくその周囲の果て無き戦場までも汚染しています。

これによって、その場に発生した穢魔が活性化しただけでなく、
溜まり場として使用していた力一門達までもがその影響を受けてしまいました。

無差別に暴れまわる彼らを倒さなければ、物資の支給が滞り、力極での生活が難しくなるだけでなく、
あふれ出る穢れによって穢魔が活性化、街が襲われる可能性が高くなります。

今回、主にやることは

・力一門を無力化する
・塔の地下へ向かい穢れを止める

上記2つの行動となります。

刀児と綿綱は、復活を遂げた力一門に対抗すべく、共に戦った仲間である特異者達に協力を仰ぎました。
皆さんはその声に応じて集まったとしてアクションをかけて頂ければと思います。

また、関連クエスト「再びの穢土」が公開されています。
こちらも併せてご確認いただけますと幸いで。

【1】鎌痛血含む力一門を無力化する 難易度:7
穢れに取りつかれた力一門を開放することが大きな目標です。
果て無き戦場には、【衝撃を跳ね返す剣を持った鬼】と【個性的な武器を持つ三人組】がいるとされ、
周さらに、周囲には【素早く動く忍者のような人影】もいたとの話もあります。

彼らは穢れによって力を増幅されており、元来持つスキルや戦闘術に加え、
驚異的な腕力、脚力を持っています。
しかし、意思の疎通はうまくできていない為、コンビネーション攻撃はかなりずさんなものとなっており、
お互いをカバーするなどの行動も見られません。

また、周囲にはあふれ出た穢れによって発生した穢魔が徘徊しています。
それぞれ、そこまで強くはありませんが、こちらに関しても対処する必要があります。

 【2】のアクション次第で、敵の強さが一部変化します。

※こちらのパートには、刀児と豪欠が参加します。


【2】塔の地下へ向かい穢れを止める 難易度:6

塔の地下に施された封印を調査し、あふれ出る穢れを浄化してください。
塔の地下には穢れが蔓延しており、大小さまざまな穢魔が存在しています。
それらを倒しつつ、最深部にある封印の調査を行ってください。

封印の調査自体は、刀児の両親と綿綱が行ってくれるため、
メインの行動は彼らを守ることになります。
特に刀児の両親は戦闘手段を持たない為、しっかりと守ってください。

また、こちらのパートで穢れを止めることができれば、新しい穢魔の出現と、
取りつかれている力一門の力を弱めることができます。

※こちらのパートには綿綱、繰平、刀児の両親が登場します。


【2018年1月9日20:50 変更】リアクションの公開予定日を『2018年1月30日(火)』へ変更させていただきました。
ご参加頂いたお客様にはお待たせしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

【1】力一門を無力化する

7

【2】穢れを止める

6